世界のコーヒー事情 2014/1/5

ブラジル・ミナス州のコーヒーの実

明けましておめでとうございます!今年もおいしいコーヒーを楽しく飲みましょう!

前回は、コーヒーのルーツ「モカ・コーヒー」のお話をさせていただきました。

エチオピア原産のアラビカ種のコーヒーが、対岸の国、イエメンに植樹され、その地から飲用が始まり、その後、イエメン〜エジプト〜トルコ〜EUへとコーヒーの飲用が広まっていきました。需要が増えると対岸の国エチオピアの豆を、イエメンに持ち込み、モカ港から輸出しました。

その後、EU列国が、自分の植民地にイエメンから持ち込んだコーヒーの苗木や種を植樹して、栽培がイエメン〜インド〜インドネシア〜中南米〜世界に広まったことは知っていただきましたか?

コーヒーはアジアから広まっていったのですね。

1999年、ブラジルのカルモ農園を訪れました。

さて、コーヒーの栽培がいよいよブラジルに伝わると、黒人奴隷とテラロッシャという肥沃な土地とあいまって、安価なコーヒーが大量に出来るようになり世界の主流となりました。ブラジルは一時期、世界の85%くらいの生産量を誇っていました。プランテーションのコーヒーはモノカルチャーのコーヒーとして世界の消費を支えたのです。

しかし、安価で大量なコーヒーを安定的に供給するためには、アラビカ種の原種のコーヒーでは、味は良いが病害虫に弱く、生産性が悪いのです。

そこで、各国、各地で、味が良い「在来種(ティピカ種、ブルボン種など)」に代わり、安定的に量が収穫できる「ハイブリッド種(カツァイ種、カツーラ種など)」を発明し、化学肥料、農薬を使用したコーヒーに切り替えていきました。

今では、原種のコーヒーはほんの一握りとなってしまいました。

質より価格、量の時代になったのです・・なってしまったのです。

コーヒーの飲用、栽培が世界中に広まり大量生産、大量消費の時代が到来すると、生産国と消費国の経済格差が顕著になり、それを解消し、価格や供給の安定を図る目的で、1963年に「国際コーヒー機関(ICO)」が設立されました。

しかし、列国の影響により、1994年、わずか30年足らずで「輸出割当制度」の条項が削除されてしまいました。

すると、コーヒーの国際相場は下がり、その結果、生産国の農園の経営は再び苦しくなり、経費節減のために、益々、ハイブリッド種に切り替えたり、安価な化学肥料、農薬、機械を使用する必要にせまられました。

今私たちが飲んでいるコーヒーは、30年前のコーヒーに比べると、全体の質は向上しているかもしれませんが、残念ながら、味は悪くなってるように思います。

アメリカスペシャルティ協会

それと並行して、「本当に良いコーヒーを提供しよう」というコンセプトで、1982年アメリカのコーヒー関係者が集まって、アメリカスペシャルティコーヒー協会設立(SCAA)が設立されました。
現在、この活動は世界に広まり国際的な機関となりました。

日本でもSCJA(日本スペシャルティ教会)として活発な活動をしています。

スペシャルティコーヒーは、それまでの、生産国の欠点豆の有無をチェックするネガティブ評価基準から、「おいしさ」という観点を、ワインの世界と同じように、味のキャラクターをポジティブ評価で、カッパー(味の試験官)が厳選なカッピングを点数評価で行ない、消費者にわかり易いようにしました。

カッパーとカッピングテーブル

また、農園がしっかりと管理・生産した美味しいコーヒーを、コーヒーの国際指標価格となっているNY相場とは関係なく、コーヒーを直接高値で買い付ける手法を取りました。

「美味しいコーヒーであれば、価格が割高でも売れる!」

生産者、消費者、買い付け業者の意識を変えたのです。

これによって、良いコーヒーを作れば高く売れるシステムができ、農園がそれなりの対価を得られるようになりました。

生産者は経済的にも精神的にも豊かになり、サスティナブル(継続可能)に良いコーヒーが安定して生産できるようになってきたのです。

近年、良く耳にする「スペシャルティコーヒー」は、良質で個性的なキャラクターを持った素晴らしいコーヒーが多いです。しかし、それがすべてという事ではありませんので、その点だけはお間違えの無いように・・・。

量の時代に、スペシャルティコーヒーは質の再認識を呼びかけています。時代に一石を投じたスペシャルティ協会は、「量の時代に歯止めがかかった」と言っていますが・・・・??

その対極にある、コンビニ・コーヒーやインスタント、缶コーヒーなどの安価なコーヒーが消費を伸ばしている事実は無視できませんし、スペシャルティコーヒーの占める割合は、まだまだ全体の1%くらいにしかすぎませんのですから・・・。

私は、世界のコーヒーは二極化の道に歩みだしたと思っています。

あなたはどちらのコーヒーを選びますか?

PR情報

記事一覧

「新しい時代」の到来

いつもありがとうございます。いよいよ新しい時代「令和元年」が始まりましたね。 当店も42年の歴史の中で、時代の波を反映し「全面禁煙」「働き方改革」など…

2019/5/21

令和元年は新たな出発

いつもありがとうございます。 新元号が「令和」に決まり、5月1日より新しい時代の到来です。何か気持ちも新たになりますね! 今年のゴールデンウィークは10…

2019/4/12

素敵な珈琲屋訪問

いつもありがとうございます。 東海地区は昔から喫茶文化の盛況な地域で、特に名古屋や三河、岐阜などは全国でも喫茶店の数の多い地域としても、モーニングの…

2019/3/20

トルココーヒーと占い

いつもありがとうございます。 旧正月も過ぎ、初春をお慶び申し上げます。 一年に春夏秋冬があるように、一か月にも、一週間にも、一日の中にも季節のような浮…

2019/2/20

四季の珈琲

明けましておめでとうございます! 今年は今までにもまして珈琲と真摯に向き合い、自分の時間をすべて珈琲に捧げる所存です。本年もよろしくお願い申し上げま…

2019/1/8

コーヒーのカッピング

いつもありがとうございます。 5月にオークションで落札したCOE(カップオブエキセレント)コーヒーが2種類入荷しました。 @ 「エルサルバドル・ロス・…

2018/12/19

COEコーヒーのオークション

いつもありがとうございます。 ようやく、春に世界オークションで落札したCOE(カップ・オブ・エキセレンス)コーヒーが入荷しました。エルサルバドルのC…

2018/11/22

「モカに始まり」、「珈琲屋」出版記念講演会

いつもありがとうございます。 東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われた「SCAJ ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション…

2018/10/24

10月1日はコーヒーの日

いつもありがとうございます。今年の夏は異常に暑い日が続き体調管理が大変でした。9月の声を聴きようやく秋らしくなって参りました。空気が乾燥して朝晩が冷…

2018/9/23

新刊「モカに始まり」と「珈琲屋」

いつもありがとうございます。今回は、最近新しく出版された珈琲本をご紹介します。 まずは、昨年末にクラウドファンディングで手の間文庫から刊行された「モ…

2018/8/24

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
34 ℃/--
東京
晴れ
32 ℃/--
大阪
晴れ
32 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集