ガリレオの四大衛星 2014/1/27

木星は60個以上の衛星を従えているが、1610年にガリレオが発見した4つの衛星は明るい

木星を望遠鏡で眺めると、木星の両脇に行儀よく並ぶ小さな星たちが目に入る。全部で4つあるが、木星を中心に右に行ったり左に行ったり、時には木星の前や後ろを通るので、4つ全部見えない時もある。

これらは、地球の月に当たる天体、つまり衛星で、木星には全部で60数個の衛星が回っているのだが、この4つの衛星は、1610年にイタリアの自然哲学者ガリレオ・ガリレイが、自ら制作した望遠鏡で発見したので、ガリレオの4大衛星(当時は惑星と呼ばれていた)と呼ばれている。内側からイオ・エウロパ・ガニメデ・カリストの順で回っている。

ガリレオ・ガリレイは、手製の望遠鏡で木星の衛星を観測し、地動説が正しいと確信した。

ガリレオは、発見した当初は、遠くにある星がたまたま木星のそばに見えただけだと考えたが、継続観測することで、それらの星が木星の周りを回っていることに気が付いた。次に4つの衛星が木星の周りを1周するのにかかる時間つまり周期も測定している。その値は、現在わかっている周期とほぼ同じなのだ。ガリレオの観測精度の高さに改めて感服させられる。

ガリレオが活躍していた17世紀は、紀元前3世紀の哲学者アリストテレスが唱えた、宇宙の中心は地球であり、太陽はその周りを回っているという宇宙観「天動説」が常識となっていた時代だった。そこに1543年、コペルニクスが、太陽が中心で地球がその周りを回っているという宇宙観「地動説」を提唱した直後だった。

ガリレオは木星の衛星を見ながら考えた。「巨大な木星の周りを小さな星が回ることは、自然の摂理にかなっている。だとすると、小さな地球の周りを巨大な太陽が回るというのは、どう考えてもおかしい」と。

ガリレオの望遠鏡

ガリレオは、木星の衛星を発見したことにより、天動説ではなく地動説の方が正しいと、確信したのである。その後、アリストテレスの宇宙観を、望遠鏡という最新の観測機器を使って、覆していった。

PR情報

記事一覧

2月20日の満月はスーパームーン

ふだん何気なく見上げている月、日によって見かけの大きさが変化していることに気が付く人はほとんどいないだろう。ところが実際は、大きさが結構変化している…

2019/2/19

相変わらず明け方の南東の空が賑やか

新年早々の1月2日の夜明け東の空で、月と金星が月の見かけの大きさより狭い0.4度の間隔で並んだ。そしてその下にも木星が、さらに朝焼けで赤く染まった低空では…

2019/1/31

1月6日 部分日食を見よう

日食は、太陽の前を月が通り過ぎることによって太陽が欠ける現象で新月の時に起こる。日食は1年間におおむね半年間隔で2回起こるが、今年は3回起こる。その1回…

2019/1/5

長寿の星カノープスを見よう

何度新年を迎えても、星座たちは何の変化もなくいつもと同じように輝いている。オリオン座を中心に、三つ星を北西の方向に延ばすとおうし座があり、南東の方向…

2018/12/29

今年もたくさん流れる?!12月14日ふたご座流星群が極大

1月のりゅう座流星群、8月のペルセウス座流星群とともに三大流星群のひとつとして知られるふたご座流星群が、12月10日から18日にかけて活動する。しし群やペル…

2018/12/13

12/2(日)〜 明け方の東の空で月と最大光度の金星がランデブー

●12月2日金星が最大光度 木枯らしが吹き抜ける12月。こたつの中で丸くなっていないで、思い切って日の出40分ほど前の5時50分ごろに戸外に出てみよう。身が引き…

2018/12/1

秋の星座のキーワードは「幸せ」?

●秋の夜空には水に関係する星座がいっぱい 10月になると星空も、夏のギラギラした星座たちが、ようやく西に傾き、代わってしっとりと落ち着きのある秋の星座た…

2018/10/30

10月9日『10月りゅう座流星群』が極大

10月りゅう座流星群とは、あまり聞きなれない名だが、母天体のジャコビニ・チンナー彗星の名で呼ばれているジャコビニ流星群のこと。2009年の国際天文学連合総…

2018/10/8

四大惑星が創る巨大アーチそろそろ見納め

7月から宵の南天に大きなアーチを形創るように並んでいた4つの太陽系惑星、金星、木星、土星、火星たち。9月の声とともにそろそろ見納めが近づいてきた感がある…

2018/9/12

今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いった…

2018/8/11

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
13 ℃/--
東京
晴れ後曇り
15 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
13 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集