許すとは、どんなこともそのままを受け止めるということ 2014/1/24

ようこそおたずねくださいました。1年で最も寒い時期ですね。体調にはくれぐれも気をつけてくださいね。さて読者の「バジル」さんから貴重な質問をいただきました。

【質問】
仏教にとって「ゆるす」とはどんな意味を持つのでしょうか?

わたしは某カトリック大学の宗教科目の必修授業で「『許す』とは過ちを犯した人間が謝るなり金品等で補償してくれたら、などの条件がつくが、『赦す』は過ちを犯した人間を無条件に受け入れることだ」ということを教わりました。

しかし、その時の授業の課題で自分の考えた「今までの人生で一番ユルセナカッタコト」(私の場合は学校でいじめられたこと)をした相手を無条件で赦せるか自分自身に問うたとき、条件付きの「許す」しかできないと感じました。(今、目の前に相手が現れていたら「許す」もできないかもしれませんが)

仏教やキリスト教に限らず、聖職者の言葉は人間のあるべき理想の姿を説いてるのであって、凡人が必ずしも到達できる地点ではないことはわかっていますが、後ろ向きな人生を送らないためにはこの気持ちにどう折り合いをつけようか悩んでいます。

繰り返しになりますが、仏教にとって「ゆるす」とはどんな意味を持つのでしょうか?また「許さない、赦さない」という気持ちで人生を送ることは仏様、親鸞様は肯定しているのでしょうか?ご教授お願いします。

【お答えします】
すばらしい質問です。この方の優しさが伝わるようです。親鸞聖人は難しいことはいいません。「お念仏をいただき合掌しましょう。」とおっしゃいました。つまり相手に向かっていくのではなく、許しあう心をいただきましょう」ということなのです。

何年か前でしょうか、2人の息子が喧嘩の果て兄が弟を殺したという事件がありました。その時に母親がおっしゃった言葉は「この子は弟を殺しました。決して許すことはできません。しかし、私の子どもです。我が子をどこまでも見捨てることはできません」と。まさしく阿弥陀さまの大悲の叫びだなと感じたものです。

ある人は言います。「親鸞の教えは悪いことをした人の味方なんですか!」と。悪いことをした人をかばったのではないのです。悪いことをしなければならないほどの「生きることの大切さを誰にも教えてもらってなかった業を悲しまれたのです。」

罪は許せません。しかし、悪人だと見捨てることはできないのです。

それが、「摂取不捨(せっしゅふしゃ)」

阿弥陀如来は、どんな極悪人でもお念仏一つで必ず救うと誓ってくださっています。たとえば親にしても、出来の良い子、出来の悪い子と見分けます。しかし、出来が悪いからといって見捨てることはできないのです。むしろ出来の悪い子ほど心配なのです。出来が悪いからといって見捨ててしまえば親であることを放棄することです。

なぜ見捨てることをしないかというと、何もわからないまま終わってほしくないからです。どうか真実なる教えに目覚めてほしいと願われているのです。

親鸞聖人は阿弥陀を何故、阿弥陀というかといえば、「摂取して捨てないが故に阿弥陀と名づける」と教えられています。たった一人でも見捨ててしまったら阿弥陀と言えないのです。

私たちは、そんな阿弥陀の心に気づかず、煩悩に流されるまま生きておりますが、そんな私たちに阿弥陀さまは「どんなことがあっても決して見捨てない」と、南無阿弥陀仏となり喚び続けてくださっているのです。

大切なのは阿弥陀さまの心に向きあい合掌する生活をいただきましょう。

許すとは、どんなこともそのままを受け止めるということなのですよ。

PR情報

記事一覧

仏像と掛け軸の違い

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 読者様から質問をいただきましたので、 皆さんと共有したいと思います。 ●質問 120年位前父親が幼少…

2020/2/8

2020年のご挨拶

ようこそおたずねくださいました。 今年も私なりに生きる中で大切なことが お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いします。 ●「執着から解放され…

2020/1/8

人間はなぜ生きないといけないの?

ようこそおたずねくださいました。 しっかり秋も深まり冬の気配ですね。 風邪はひいてないですか? さて、先日50代の女性から 「人間は、死ぬのになぜ生…

2019/11/25

魅力的な人とは

先日、ある女性から 「夫から『お前は可愛くないやつだな』と言われました。 お互いに年齢は重ねているので可愛げは無くなります。 お互いさまなのに、なぜ私だ…

2019/10/22

死にたいほど 生きたい

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 暑かった夏も9月に入り、和らいできましたね。 さて、この9月は、「自殺予防週間」です。 厚生労働…

2019/9/13

人が「キレる」理由ってなんでしょうか

毎日、暑いですね。夏バテしていませんか? 暑いとつい短気になってしまいますね。 私もつい「イラっ」としたことがありました。 暑さの中、さらにお腹がすい…

2019/8/3

誰かの言葉に傷ついたら

いよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、私たちは人間関係の中で生きています。その関係性がもっとも左右される…

2019/7/4

ストレスと上手に付き合う

●ストレスが溜まる

2019/6/8

高額な参加費のセミナーには気をつけよう

すっかり新緑の頃となりました。また時代も平成から「令和」に変わろうとしています。皆さんようこそおたずねくださいました。 さて、読者さまから相談をいただ…

2019/4/29

自信がもてる生き方

待ちに待った春ですね。あちらこちらで桜の開花が楽しめます。 この「待ってました」という感動はどうして沸き起こるのでしょうか。 それは長い冬に耐えてき…

2019/3/30

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
15 ℃/--
東京
晴れ後曇り
14 ℃/--
大阪
晴れ
15 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集