韓国の「血縁中心」の「家族制度」変ったよ!! 2014/6/14

中国で興った「儒教思想」の影響を強く受けていた朝鮮時代(1392年〜1910年)の「内外法 내외법 ネウェッポプ」には、

女性が対面できる男性は、夫、親、夫の親、自分の子、自分の兄弟、叔父、伯父など(つまり近親の男性)。それ以外の男性と話をする際には、男女の間にすだれをかけて話すか奴婢を介して話す。

女性は外出時、顔や肌の露出を避けるための「蔽面具ヘイメング」(顔を隠す道具)を着用したり、「籠」に乗ったり……等々の「男女間の接触」を避け、「女性の貞節」を守る目的での厳しい規制が定められている。

朝鮮時代の「蔽面具ヘイメング(顔を隠す道具)」左「너울ノウル」、右「장옷 ジャンオッ」

アラビア半島から始まり、アジア・太平洋地域にその信徒数の多い「イスラム教」の聖典『コーラン』には、

イスラム教徒(ムスリム)の女性は、夫、親、夫の親、自分の子、夫の子、自分の兄弟、兄弟姉妹の子(つまり近親の男性)そして、幼児、自分の奴隷、去勢者以外の男性、また、身内の女を除いた人に恥部(顔・髪の毛・肌など)の露出を避けなければならぬ。隠すところを守るために「顔覆い」を胸もとまで垂らさねばならぬ。等々の内容が記されているらしい。

アレ!!「イスラム教」って「儒教」の影響受けているのかなあ〜??それとも、「儒教」の方が「イスラム教」に影響されているのかなあ〜??朝鮮時代の「内外法」ってイスラム教の聖典『コーラン』と凄く似ているところがあるね〜!!!

イスラム教の女性ムスラムの「蔽面具ヘイメング」(顔を隠す道具)

お釈迦様は「欲望を捨てる」ことを教え、その欲望には「性欲」が含まれます。僧侶は「異性はもちろん、同性や動物との故意の性交」が禁じられ、破戒すれば「僧団追放」の厳しい刑に処されます。

又、「仏教」の信者が守るべきとされる「五戒」を破ることを「五悪」と言い、悪い行いは苦なる結果を生む(悪因苦果)とされ、「不邪淫戒」(不道徳な性行為を行ってはならない)の戒律により、仏教徒における「未婚母」への「偏見」も厳しいらしいですよ。

ちなみに、日本の「大乗仏教」の僧侶は結婚できるようだけど、韓国の「僧侶(比丘・比丘尼)」は結婚禁止だよ〜。

フランスやイタリアを始め、主にラテン系に多い「カトリック」の「神父(司祭)」や「シスター(修道女)」は結婚できない。キリスト教の教えは「罪を捨てること」或いは「罪から救われる」こと。

結婚は「神様からの男女の結合」なので、結婚生活の中での性交は良しとされますが、『聖書』の「十戒」に明記されている「姦淫してはならない」との律法により「カトリック」における「婚前交渉」や「未婚の出産」は人を汚す「罪」となり、それに対する裁きはかなり厳しいらしいですよ。

タイトなワンピース。胸元チラ見せインナー。セクシーな超ミニスカートを好んで着用し、セックスに比較的開放的で自由なイメージのアメリカのようですが、実はアメリカに信徒の多い「プロテスタント」の戒律も「カトリック」同様「婚前交渉」や「未婚母」は神に裁かれるとされています。ちなみにプロテスタントの「牧師」は結婚できますよ〜。

全世界の「ベストセラー(best seller)」本と言われている『聖書☆バイブル』

なぜ「婚前交渉」だめなの???愛し合っていれば構わないじゃないの???それはね、「朴」も正解はよく分からないけど、どうも「宗教の教え」によるみたいだよ〜。

17世紀までのヨーロッパにおける婚姻は宗教的な出来事で、キリスト教の「結婚」は「結婚」そのものが「宗教的儀礼」だったので、教会で神父により行われ、「一夫一婦」「離婚不可」「貞操の義務」が課せられていたとか。

19世紀にはイギリスの「婚姻法」の制定によって「婚姻」は聖職者でない「登録官」の面前でも行われるようになったみたい。ヨーロッパにおける「民事婚」(聖職者でない市長、村長の面前で行われる儀式)は1791年のフランス革命憲法によるもので、フランスからヨーロッパ諸国へと広がったみたい。

イギリスの植民地であったアメリカでは、独立(1776年)以前は「当事者の合意」があれば婚姻が成立する「無式結婚」。独立以降「民事契約婚」へ。

キリスト教の世界では、≪「自由恋愛」は恋人に対する献身・服従を求め、恋人それ自体が偶像化し、恋人に従わせ、神に従わない。そして、「自己中」な生活を送り、結婚の神聖を乱し、戒律を破り、遂には神を否定する恐れがあるもの≫との考えがあったみたい。

「東西古今」問わず、他宗教における「自由恋愛」「貞操を守らない女性」「未婚の母」に対する「物差し」はキリスト教同様に否定的で厳しかったみたいよ〜。

キリスト教の厳しい「結婚観」を背景に欧米で発生し、「恋愛」「避妊」「結婚」「姦通」に関する国家や教会への介入を排除することを目的とする「自由恋愛主義☆フリー・ラブ(free love)」の定着。

そして、性差別に反対し女性の解放、抑圧されていた女性の権利を拡張しようとする「女性主義☆フェミニズム(feminism)」の拡散により、同性愛者(ゲイ及びレズビアン)の結婚をも合法とする国もありますし、「恥ずべき重罪人」扱いされていた「未婚母」は保守的な伝統や古い慣習などに縛られず、自由に生きる「進歩的な女性」とする見方も存在する現代社会。

韓国発情報によると、スウェーデンなど一部のヨーロッパの国では、2000年から「非婚の出産」が50%を上回っているらしい。清教徒(ピューリタン)精神によって建てられたアメリカは、2012年の「非婚の出産」は22%で、5名の中1名は「非婚の出産」らしい。韓国における「非婚の出産」の増加も著しく、2000年に5,540名から 2012年には1万144名と2倍近く増加。

押し寄せる「グローバル化(globalization)」により、韓国社会における家族形態は「既婚家庭」「非婚家庭」「未婚家庭」「同姓婚家庭」など多様化しているのに、≪「一家の系統を承継する者、分家した者又はその他の事由により一家を創立したか復興した者は戸主となる」「子は父の家に入籍する」「妻は夫の家に入籍する」との父系血統主義に立脚した家族制度は、正当な理由なき「性差別」であり、「時代錯誤」≫との批判が……

故に、「前近代的な家族制度」から派生する様々な問題対策として、韓国政府は時代の流れに合わせ法律を改定。2008年1月1日から「新家族関係登録法」をスタートさせました。

◆「新家族関係登録法の簡略」◆
(1) 戸主制度の廃止
戸主を中心にした「家単位」での戸籍編制方式から「個人別」の登録基準地による家族関係登録編制と改定(アメリカの個人単位の登録を採用)。

(2) 父姓主義原則の修正
子女の「姓」は父方を名乗ることが原則だが、婚姻当事者間の協議により、母方の「姓」をなのることが可能となった(父系の祖先の出身地「本貫」の消滅)。

(3) 姓変更制度
子供は便宜に合わせて、離婚や未婚の出産などによるシングルマザーの「姓」を名乗ることができる。又再婚の際、子供が新しい家庭で「異姓」を理由に差別されず暮らせるよう継父の「姓」への変更が可能。

(4) 親養子制度
満15歳未満者に対して家庭裁判所で、生みの親との親戚関係を完全に消滅し、養父の「姓」に変更ができ、実の親子関係の権利を受けることができる(日本の「特別養子縁組制度」に類似した制度)。

韓国の礎になっていた「儒教的システム」。「姓」=「血統」の絶対原則の時代は過ぎ去り、「父系血統主義」に因る「出生の秘密」は「「韓ドラ」の世界から減っていきそうな「朴」の予感〜♪

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
9 ℃/--
東京
曇りのち雪か雨
7 ℃/--
大阪
雨時々止む
10 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集