リニア・鉄道館に行こう(18) 100系2階にできたあこがれの食堂車 2014/8/3

100系食堂車では、提供されていたメニューが再現されている

前回の「リニア・鉄道館に行こう(17)」では、 「0系から100系への進化でサービス向上」と題して100系新幹線電車の特徴を記しました。

そのなかで、100系の最大の特徴は、中間に2階建て車両が連結されていることだとも記しました。その2階建て車両の2階部分は、車両によってグリーン車もしくは食堂車でしたが、その食堂車について、今回はもう少し見ていきましょう。

国鉄時代、多くの長距離特急列車に食堂車が連結されていました。ただし、東海道新幹線は東京〜新大阪間だけだと所要時間が短いため、食堂車ではなく簡易な供食サービスであるビュフェではじまりました。しかし、1975(昭和50)年に山陽新幹線が全通して東京〜博多間の「ひかり」号が登場すると、食堂車が連結されるようになります。

100系が登場したのは、その10年後となる1985(昭和60)年です。100系は2階建て車両の利点を活かして、車両間を行き来するための通路を階下にすることで、食堂車の2階をすべて食堂車利用客に開放しました。

この結果、食堂車利用者は、通路を歩く乗客と目が合うことがなくなるとともに、地上の防音壁に邪魔されない視界も確保できました。さらに、通路がないことから広い車幅をフルに利用した、4人掛けテーブルが左右に並ぶ配置ができました。ちなみに、0系では4人掛けテーブルと2人掛けテーブルが左右に並ぶ配置でした。

そんな100系2階の食堂車について「リニア・鉄道館」では、当時のメニューを再現した食品サンプルを並べて展示しています。今見ても、列車食堂としては余裕のある落ち着いた造りだと感じます。当たり前のように灰皿が置いてあるところも、時代を感じさせますよね。

2階食堂車への階段を上ると、歴代国鉄車両をデザインした壁

2階建て車両は、車端部にある階段で上下どちらかに行きます。食堂車へ行く場合には階段を上るわけですが、0.5階分ですから、わずか6段を上るだけでした。その登り切った踊り場には、国鉄歴代の車両側面をデザインした壁があって、それを見るだけでワクワクしたものです。

当時、100系に登場した食堂車は大人気で、利用者が多い東海道新幹線ではもちろんのこと、利用者がさほど多くない山陽新幹線の午後の列車でも、階段から廊下まで行列ができるのは当たり前でした。筆者も、この階段で並んだ記憶があります。

ちなみに、当時0系の食堂車はいつも空いていて、並ぶことはほとんどありませんでした。それだけ、2階建て食堂車は魅力的だったわけですが、それは単に2階建てという車両の特徴に興味を惹かれたのではなく、ちょっと贅沢な雰囲気を味わえるという点でも評価されていたものと思います。

また、100系登場が1985(昭和60)年という、バブル経済がはじまったといわれる時期だったことも大きかったことでしょう。その証拠に、当時、この階段に並んでいたのは、筆者も含めてネクタイを絞めたサラリーマンばかりでした。バブル経済の初期は企業関係が好調となり、次第にその景気の良さが庶民にも伝播していったのでした。

2階建て食堂車の1階にある厨房

ところで、食堂車は食事をするところですが、同時に調理をする場所も必要となります。その厨房は、1階にありました。1階に車両間を行き来するための通路があると前述しましたが、その通路部分を除いた1階が、すべて厨房にあてられたのです。

在来線特急の食堂車や0系食堂車では、食堂車の一角を区切って厨房にする関係で、厨房をできるだけ狭くする設計とせざるをえないにもかかわらず、食堂の座席数も多くできませんでした。

それを、2階建てという車両構造で解決したわけです。車内で調理を担当するコックさん達にも、広い職場になったと歓迎されたそうです。ちなみに、できた食事は、食器等の専用エレベーターで2階に上げ、お客様に届けられていました。

その厨房の様子を写したのが上の写真です。調理台がずらりと並び、右手には電子レンジも見えます。左側にはインターホンがありますが、その右側にある温度計のマークをみてください。(パソコンでご覧の方は、画像をクリックすると大きく拡大して見ていただけます。)温度の下に、Sを逆にしたようなマークが二つ上下に並んでいるところをご覧いただけると思います。

これは、100系新幹線が登場した際、2階建て車両を連結しているということで、そのことを示すシンボルマークとして採用されたものです。実際、車体や時刻表にも、このマークがつけられていました。

「リニア・鉄道館」ではちょっと見づらい角度での見学となりますが、その雰囲気を見学できるようになっていますよ。

PR情報

記事一覧

リニア・鉄道館で館長による栄中日文化センター1DAYセミナー

栄中日文化センターでは鉄道講座をいくつか開設していますが、登録料不要の1DAYセミナーが来たる2月22日(土)に開催されることになりました。 栄中日文…

2020/1/23

エヴァンゲリオンが名鉄線を駆け抜ける!

1月14日から名鉄の空港特急“ミュースカイ”一編成が、エヴァンゲリオン特別仕様となりました。上の写真が同編成です。ラッピングにより、みごとに変わりましたよ…

2020/1/16

どうして蒸気機関車は「SL」なのか?:鉄道“超”基礎知識(22)

■どうして蒸気機関車は[SL]なのか 蒸気機関車について、よく[SL]と書かれています。JR東日本が磐越西線で走らせているC57形牽引の列車名は“SLばん…

2020/1/9

「ムーンライトながら」はどうなる…車両は?運転日数は?

東海道本線を深夜に走る快速「ムーンライトながら」は、今冬も下り列車が12月20日から同30日まで東京〜大垣間を走っています。 上り同列車は12月21日から同31日…

2019/12/27

続・伊吹山の麓「伊吹せんろみち」を歩く 廃線跡探訪(9)

前回に続いて、「伊吹せんろみち」について記します。 前回記事:「伊吹山の麓「伊吹せんろみち」を歩く廃線跡探訪(9)」 「大阪セメント」と「伊吹町」の境界…

2019/12/19

伊吹山の麓「伊吹せんろみち」を歩く 廃線跡探訪(9)

前回記事「近鉄名古屋線拡幅まえの痕跡廃線跡探訪(8)」 滋賀県と岐阜県の県境にそびえ立つ伊吹山は、石灰岩でできた山で、滋賀県側の麓には大阪セメント伊吹工…

2019/12/12

近鉄「足湯列車」が走りはじめる。来年3月まで

近鉄と菰野町は、今冬も「足湯列車」の運行をはじめました。湯の山温泉開湯1300年を記念して昨冬運転した同列車が好評だったためとのことです。 運行区間は近…

2019/12/5

JR名古屋駅は笹島にあり、跨線橋もあった…草創期の名駅周辺を知る

JR名古屋駅には新幹線と在来線が走り、あおなみ線もあります。この駅を取り囲むようにして、名古屋市営地下鉄の東山線と桜通線、それに名鉄と近鉄が各名古屋駅…

2019/11/28

行こまい!乗ろまい!豊橋鉄道編[日帰りツアー]を名鉄観光が発売

豊橋鉄道の「おでんしゃ」を知ってますか? 市内電車に乗って豊橋名物のヤマサちくわ特製おでんを味わいつつ、生ビール飲み放題を楽しむという冬の風物詩です…

2019/11/21

人気の愛岐トンネル群“秋の特別公開”は11/23(土)〜12/1(日)

愛岐トンネル群に行かれたことはありますか?愛知県と岐阜県の県境付近を、中央本線はいまや複線トンネルで抜けています。そのトンネルができる前に、庄内川の…

2019/11/21

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
15 ℃/9 ℃
東京
雨のち曇り
15 ℃/7 ℃
大阪
曇りのち時々晴れ
14 ℃/10 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集