貧しい時代には「レンギョウ」&「ツツジ」の花がピッタリ!! 2014/8/12

日本の春は「桜」「淡いピンク」。韓国の春は「レンギョウ」「鮮やかな黄色」。

日本と違って、韓国の新入生や新入社員は三月からスタート。出会いの季節に日本の桜前線のように「개나리 ケナリ ☆ チョウセンレンギョウ」前線が北上し、三月の終わり頃ソウルのシンボル「한강 ハンガン 漢江」沿いには「ケナリ」の花が咲き乱れる。

「개나리 ケナリ Forsythia koreana ☆ チョウセンレンギョウ」

「野原」に「개나리 ケナリ」が満開し、新しい環境に慣れ、先輩達の顔に馴染んできた頃、「山」の斜面は桃紫の花「진달래 チンダルレ(カラムラサキツツジ)」の群落で覆われる。

登山大好きな韓国人は仲間になったら「桜の下」ではなく、一緒に「チンダルレ」の海が広がる「山」へ。

「진달래 チンダルレ Korean Rosebay ☆ カラムラサキツツジ」

「개나리 ケナリ」は英語で「Forsythia koreana」(チョウセンレンギョウ)と称します。「개나리 ケナリ」の枝は弓なりに長く伸び下垂する特徴があります。自生するらしいですが、大気汚染に強いのでソウル市内の道路や高速道路周辺に、又、病虫害に強いので田舎では垣根として多く植えられます。成長が速く陰でもよく育つ生命力の強い植物です。

「朴」の感覚ではソウルの冬のイメージは「グレー(gray)」。11月になると数少ないソウルの街路樹は、厳しい冬型の西風に葉を叩き落とし裸になります。「ミドリ」が完全に姿を消した街のアスファルトの上をバスやトラックなどが真っ黒な排気ガスを尾を引くように出しては走り去る。

環境分野にかける国の予算が殆どなかった時代。皆が貧しかった頃、「グレー(灰色)」一色のソウルの厳冬を耐え忍んでやがてやってくる「春」。超長い「グレー」の街が一気に「明るい黄色」に。

冬のソウル市街ではお花が咲くのを見かけたことのない「朴」。真冬の名古屋の公園で、数え切れないほどの真っ赤な花を付けた「椿」並木の光景を目にした瞬間、「朴」はものすご〜い〜ショック(風土に因るCulture shockだよ〜)。

枝が長く伸び下垂する特徴のある「개나리 ケナリ Forsythia koreana ☆チョウセンレンギョウ」(漢江の近く)

「진달래 チンダルレ」は英語で「Korean Rosebay ☆ カラムラサキツツジ」と称します。耐寒性・耐暑性に優れていて、どんな土壌でもよく育つ生命力の強い植物。朝鮮半島の山至る所に群生しますが、日本には殆ど自生していないとか。

日本の「ツツジ」とは違って「진달래 チンダルレ」は雄蕊(おしべ)に弱い毒性があるので、雄蕊を取り除いて食用できるので、極端に食べ物がなかった時代や戦争中に飢えを乗り切るための「食用花」でもありました。(他種のツツジは毒性が強いらしいので食用厳禁だよ〜!!)

「진달래 チンダルレ ☆ Korean Rosebay カラムラサキツツジ」(仁川広域市 江華郡 高麗山)
「もち米粉」+「진달래 チンダルレの花」で作った「화전 ファジョン 花煎」 「旧暦 3月3日」に作って食べるんだよ。

庶民には高嶺の花だった華やかな「牡丹」が好まれていた時代も、一見素朴に見えるけど深みと品のある「梅・蘭・菊・竹」(四君子)の時代も過ぎ去り……。

「日本による朝鮮統治時代」(1910年〜1945年)&「朝鮮戦争」(1950〜1953)後の荒廃した朝鮮半島において、長い厳寒が終わり春の訪れを告げる代表的なお花として、広く親しまれてきた「개나리 ケナリ」&「진달래 チンダルレ」。「ケナリ」と「ツツジ」が同時に咲き乱れると「鮮やかな黄色」と「桃紫色」の調和が絶景。

とは言え、「개나리 ケナリ」はあまり香りもしないし、よ〜く見てもあまり楽しくない花。野原に嫌になるほど咲き、人々に親しまれているわりにはさほど人気のない花。「진달래 チンダルレ」も同じく全国の山に自生いやいや群生するので、花なんかわざわざ植える余裕のなかった時代の朝鮮半島にピッタリの超安価な花。

日本の式典にずらりと並ぶ超高価な「コチョウラン 胡蝶蘭」とは違い、「개나리 ケナリ」&「진달래 チンダルレ」は「手間暇+お金」のかからない超安っぽい花ですが、「진달래 チンダルレ」の「格」をグンと上げたのは一篇の「詩」。

一篇の「詩の力」でいくら「花音痴」な男でも「진달래꽃 チンダルレコッ」(ツツジの花)は知っていますし、韓国の「国花」にしたいお花ランキング一位を占めています。

◆2008년KBS調査の「韓国人の愛唱詩」ランキング一位は、日本統治時代の詩人「김소월 金素月 ☆ キムソウォル 氏」が1922年に発表した「진달래꽃 チンダルレコッ」(ツツジの花)〜♪

「ツツジの花」
詩人 金素月

私が厭わしくて ※(いとわしくて)
去られるのなら
何も言わずと そっと見送ってさしあげましょう

寧辺の薬山の
ツツジの花
ひと抱え摘んで
行かれる道にお撒きいたしましょう

歩まれるひと足ひと足
敷きつめられたその花を
そっと踏みしめ
お行きなされませ

私が厭わしくて
去られるのなら
死んでも 涙は流しませぬ

(「朴」の韓国語クラス受講生 共訳)

「진달래꽃(チンダルレコッ)」

나 보기가 역겨워
가실 때에는
말 없이 고이 보내드리오리다.

영변에 약산
진달래꽃
아름 따다 가실 길에 뿌리오리다.

가시는 걸음걸음
놓인 그 꽃을
사뿐히 즈려 밟고 가시옵소서

나 보기가 역겨워
가실 때에는
죽어도 아니 눈물 흘리오리다.

(続く)

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨時々止む
20 ℃/16 ℃
東京
雨時々止む
17 ℃/15 ℃
大阪
曇り時々雨
21 ℃/17 ℃
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集