短所を長所に変えよう 2014/9/23

今年の夏は雨が多かったせいか秋晴れがすがすがしいですね。皆さんお元気ですか?

さて先日、先輩から「妙慶さんは神経が細かすぎる!絶対に指導者にはなれないね。」と言われました。つまり気配りしすぎて堂々としてない。指導者になる者は、ある意味で図太く生きないとなれないよ!だからあんたはもっと堂々としなきゃという喝を入れていただいたようでした。

たしかに学生時代、ソフトボール部でしたが、いつも副キャプテン。今は坊守会(住職の配偶者)の副会長で、すべて「副」の役が多いものです。しかし隣で話しを聞いていた友人は「しかし、副には副の役割があるんだよね」とフォロー。

さて、私に寄せられるメールには悩み相談が圧倒的ですが、中には厳しい意見を言ってこられる方もいます。その都度、落ち込んでいる私にまた違ったメールをくださる方もおられます。
「それが妙慶さんの魅力なんだけどね。」と。

つまり人間には長所、短所があります。

さて、世間という所は「勝った負けた」の世界です。勝つことが良いことというなら、「図太く」生きる人がいいのでしょう。すると神経の細やかな人はいつも傷つけられることになります。

しかし、「繊細な人」だって、傷つく分、人の優しさ厳しさを学び、そのことでより深い人生を味わえることができると思うのです。神経の細やかな人は 可愛いものと接したり、芸術的な創作の要素のある仕事が向いているのでしょう。

一方で、神経の図太い人は、チャレンジ性、決断力の迫られる職種をやっていけばいいのでしょう。

私事ですが、アナウンサーとしてさほど芽が出ない時代がありました。空いた時間は所属プロダクションの事務仕事をすることになったのです。しかし苦手意識が影響したのでしょうか、ミスの連続です。

ある日、タレントさんのマネージャーをやってみないかと提案していただきました。「人の世話なんか興味がないな」と乗る気はしませんでした。しかし、現場でいろんな人と接したり、タレントさんの悩みを聞くうちに、活き活きと仕事をしている自分に気がつけたのです。「私はできない」ではなく、「私にも得意な分野がある」と感じたのです。

「できない」のではなく 「できることがある」そこに目を向けたらいいのです。

もう自分を責めるのを辞めませんか?自分を否定したら短所しか見えてきません。責めるのではなく、長所をのばしていきませんか?人間にはできることと、発揮できない所があるのです。

私は私でいいのです!

PR情報

記事一覧

仏像と掛け軸の違い

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 読者様から質問をいただきましたので、 皆さんと共有したいと思います。 ●質問 120年位前父親が幼少…

2020/2/8

2020年のご挨拶

ようこそおたずねくださいました。 今年も私なりに生きる中で大切なことが お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いします。 ●「執着から解放され…

2020/1/8

人間はなぜ生きないといけないの?

ようこそおたずねくださいました。 しっかり秋も深まり冬の気配ですね。 風邪はひいてないですか? さて、先日50代の女性から 「人間は、死ぬのになぜ生…

2019/11/25

魅力的な人とは

先日、ある女性から 「夫から『お前は可愛くないやつだな』と言われました。 お互いに年齢は重ねているので可愛げは無くなります。 お互いさまなのに、なぜ私だ…

2019/10/22

死にたいほど 生きたい

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 暑かった夏も9月に入り、和らいできましたね。 さて、この9月は、「自殺予防週間」です。 厚生労働…

2019/9/13

人が「キレる」理由ってなんでしょうか

毎日、暑いですね。夏バテしていませんか? 暑いとつい短気になってしまいますね。 私もつい「イラっ」としたことがありました。 暑さの中、さらにお腹がすい…

2019/8/3

誰かの言葉に傷ついたら

いよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、私たちは人間関係の中で生きています。その関係性がもっとも左右される…

2019/7/4

ストレスと上手に付き合う

●ストレスが溜まる

2019/6/8

高額な参加費のセミナーには気をつけよう

すっかり新緑の頃となりました。また時代も平成から「令和」に変わろうとしています。皆さんようこそおたずねくださいました。 さて、読者さまから相談をいただ…

2019/4/29

自信がもてる生き方

待ちに待った春ですね。あちらこちらで桜の開花が楽しめます。 この「待ってました」という感動はどうして沸き起こるのでしょうか。 それは長い冬に耐えてき…

2019/3/30

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/1 ℃
東京
晴れ後曇り
13 ℃/3 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/3 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集