こんなにしてやったのに! 2014/11/30

今日もこうしてたずねていただき、ありがとうございます。今年の秋は暖かいですね。その分、紅葉も長く楽しめるようです。

秋と共に深まっているのは紅葉ですが、私たちも年令と共に深まってくるものがあります。それが煩悩です。最も毒になる煩悩の代表が「怒り」です。

仏教では「怒り」を「瞋り」の字で表現します。

怒りとは、自分の嫌いなものに対して反発したり腹を立てたりする心のことです。怒りを出したらすっきりしそうですが、むしろ逆です。例えば、激しく口論した時、不愉快さはいつまでも残りますね。さらに怒りがこり固まって恨みとなると、「倍返し」で仕返ししないと気がすまなくなるのです。

そのくらい人間の心は執念深いのです。

●「こんなにしてやったのに」という怒り

「人の為にと思ってしたことが裏目に出た」という経験はありませんか?例えば、仕事がないというから紹介してやったのにお礼の連絡もない。食事をおごったのに「ありがとう」の一言どころか、他の人にもおごっていただいていることがわかった。なぜ腹が立つのでしょうか。理由は2つあります。

一つは、相手に期待した分、見返りがないからです。食事をおごったのにお礼どころか、他でもおごってもらってることがわかった。こちらは同情しておごったのに、同情どころか要領のよい人だったことがわかり、悔しい思いが出てきたのです。

そこには、「私がこの人を支えた」という驕(おご)りが出ていたからです。それが他にも支えてくれる人はいたということがわかった瞬間、「私だけに頼ったのではないの?」という寂しさから「あの八方美人何よ!」と怒りに変わっていったのです。

おごるというのは気前のよさです。人情味あふれた好意なのですが、そこに目にみえないお返しという糸がくっつくと、期待を裏切られたとき、腹がたつのです。

私は、年下の方と食事をするときはほとんど私が支払います。年上の方から誘われたときは、ケースバイケースでおごっていただくこともありますし、お世話になった方は、私の方から接待させていただくこともあります。なぜかというと、私もやっとそのような立場になれたということです。

若い頃は家賃を払うのがやっとでそれは厳しい経済状態でした。そんな時、たまに食事へさそってくださる方がいたのです。「いつかちゃんとした収入をいただけるようになったら、ご馳走させてくださいね」と伝えると、その方は「私にしなくていいよ。あなたが収入を得たとき、今度は若い人にしてあげなさい」とおっしゃいました。そのとき、おごったことをそこで捨てているなと思ったのです。

その言葉が今でも残っているので、年下の方には「私も過去、お世話になってきたから今度は若い人にエールを送るつもりで支払っているのよ」と伝えています。

2つ目は「他人に対し、良い人を演じ過ぎている」ということです。

人間には性分というのがあります。どうしても放っておけないというのも性分です。困っている人がいたら助けないと気がすまないというものがあるのです。例えば、「引越しすると聞いたから、運送やさんのパンフレット集めておいたから」と、相手の気持ちを聞くこともなく、先手を打って何かをしておくということです。そこで喜ぶ人もいますが、そこまで私的なことに入り込まないでと感じる方もいますね。

「よい人に思われたい」この気持ちが強すぎると、相手を追い込んでしまうのかもしれません。私が何かをしなくても、この人は楽しむのだなと見方をかえたとき、楽になったものです。

近くのお寺の掲示板に「こんなにしてやってるのにと愚痴が出る」と書かれていました。

せっかく親切したのに、お礼もない。こんなにあの人に尽くしたのに、愛されなかった。「してやる」というのは上から目線です。私の「こうしてあげたい」という思いは、相手にとって押し付けになることもあるのです。

会話の中から、「私が」と自我を強くして主導権を持つのではなくて、「私も友人の1人として何ができるかな」と思えばいいのでしょう。

「してやる」から、困ったことや苦しみに共感する関係をもつことが大切なのですね。

★お知らせ★この度新刊本「人生がかわる親鸞の言葉」が講談社さんから出版されます。

是非、お手にとってくださいね。(^^)

PR情報

記事一覧

2020年のご挨拶

ようこそおたずねくださいました。 今年も私なりに生きる中で大切なことが お伝えできたらと思っております。 よろしくお願いします。 ●「執着から解放され…

2020/1/8

人間はなぜ生きないといけないの?

ようこそおたずねくださいました。 しっかり秋も深まり冬の気配ですね。 風邪はひいてないですか? さて、先日50代の女性から 「人間は、死ぬのになぜ生…

2019/11/25

魅力的な人とは

先日、ある女性から 「夫から『お前は可愛くないやつだな』と言われました。 お互いに年齢は重ねているので可愛げは無くなります。 お互いさまなのに、なぜ私だ…

2019/10/22

死にたいほど 生きたい

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 暑かった夏も9月に入り、和らいできましたね。 さて、この9月は、「自殺予防週間」です。 厚生労働…

2019/9/13

人が「キレる」理由ってなんでしょうか

毎日、暑いですね。夏バテしていませんか? 暑いとつい短気になってしまいますね。 私もつい「イラっ」としたことがありました。 暑さの中、さらにお腹がすい…

2019/8/3

誰かの言葉に傷ついたら

いよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、私たちは人間関係の中で生きています。その関係性がもっとも左右される…

2019/7/4

ストレスと上手に付き合う

●ストレスが溜まる

2019/6/8

高額な参加費のセミナーには気をつけよう

すっかり新緑の頃となりました。また時代も平成から「令和」に変わろうとしています。皆さんようこそおたずねくださいました。 さて、読者さまから相談をいただ…

2019/4/29

自信がもてる生き方

待ちに待った春ですね。あちらこちらで桜の開花が楽しめます。 この「待ってました」という感動はどうして沸き起こるのでしょうか。 それは長い冬に耐えてき…

2019/3/30

誰に頼って 生きているの?

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? いよいよ待ちに待った春ですね! とはいっても花粉症の季節でもあります。 くれぐれ…

2019/2/24

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
15 ℃/6 ℃
東京
曇り
12 ℃/4 ℃
大阪
曇りのち晴れ
15 ℃/8 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集