「日本人」の嫌いな花&「韓国人」の嫌いな花(その3) 2014/12/18

ある年、「朴」は韓国で「お花」入りの可愛い名刺を作ってきた。ある日、「朴」から名刺を渡された「N先生」、

≪か〜わい〜い〜!!ところで、これ何と言うお花ですか?≫

≪あ〜の〜う〜、それがね〜「朴」もよく分から……(のらりくらり)……≫

名刺の「お花」をじっと見ていた「N先生」、

≪あ、分かった。これ、彼岸花だね!!日本では「縁起の悪い」お花ですよ。≫

≪ハ〜ア〜、いっ〜ぱい作ってきたのに「縁起の悪い花」だって?!≫

「N先生」の話によると「彼岸花」は、亡き祖先のお墓参りをする頃、血のような赤い花をつけて墓地の周りに群生するので日本では、「不吉な花」のイメージが強く忌み嫌われているみたい。

「彼岸花」 出典 : book interpark

「彼岸」という言葉は、梵語(インドの古語)「Pāramitā(パーラミター)」の漢語訳「至彼岸」の略で、「迷いの世界(此岸)から脱し、生死を超越した理想の境地(彼岸)に至ること」を意味し、日本では生を終えた祖先を供養する行事として定着しているみたい。

仏教の教えでは、迷いの世界を「此岸」、悟りの世界を「彼岸」と考え、両岸の間には大きな川があり「川底」で繋がっていて、「修行」をすることによって「彼岸」に到ることができるとされている。

韓国には「彼岸」という「節句(年中行事)」はないけど、仏教の教えの根幹は一つのようで、仏教の影響を受けた韓国人の精神世界にも「此岸」と「彼岸」が存在し、

≪寺院の「壁」は「煩悩の世界」と「涅槃の世界」を遮断している装置。壁外の世界は苦しみを抱える「俗世」であり、壁の向こう側は聖なるお釈迦のある「極楽」。≫

≪寺院の「戸」は「衆生」と「お釈迦様」が会える唯一の通路。朝鮮半島の古寺院の「戸の障子の桟」は、精巧に彫刻された「花紋様」のものが多い。衆生が「この世」の汚れを洗い落とし、お釈迦様がある「極楽」に入る「境界」は歓喜に満ち溢れる場所なので最上の荘厳を飾らねばならぬ。≫

≪寺院の「戸」は、異なる世界に入るための錦のじゅうたん、花畑なので「蓮・牡丹・菊」などの花を丁寧に刻み「華戸」にする。仏教において「華(花)」は、法であり真理であり極楽。最上の荘厳の素材はいつも「華」であった。≫

と、語る人がいる。

韓国、慶尚南道梁山市にある「통도사 通度寺」の「華戸」 出典 : wildflower

「彼岸花」は、『法華経』に「蔓珠沙華」と記され、梵語では「天界に咲く花」の意をもつらしい。

仏教では、御めでたい事が起きる兆しに天から「赤い花」が降ってくるとの説があり、お釈迦様が説法の際に降った「花の雨」が「曼珠沙華」だったらしく、「蓮・牡丹・菊」などと共に優れている「仏花」とされているみたい。

中国では、「彼岸花」を「石」の間から生えてくる「大蒜(ニンニク)の花茎」と形が似ていることから「石蒜」と称するらしく、韓国のお寺では「石蒜花 석산화(ソクサナ)」と呼んでいる。

「彼岸花」の韓国名は「꽃무릇(コンムルッ)」。花の名の由来は、

◆「꽃(コッ)花」+「무릇(ムルッ)野蒜」=「花+野蒜」(花が目立つノビル)の意
◆「꽃(コッ)花」+「무릇(ムルッ)群」=「花の群」(群れになって咲く花)の意

2説あるけど、「꽃무릇(コンムルッ)」を「相思花 상사화 サンサファ=夏水仙」と「誤称」する人もいる。

★「相思花(サンサファ)」は、秋から翌年の春にかけて葉を出す。花茎が伸びる頃には葉は残っていなく、花を咲かせる8月頃には花茎と花だけとなる。(葉が枯れてから花が咲く)

★「꽃무릇(コンムルッ)」は、晩秋に葉を出し翌春枯れ、夏まで地面に何も生えてこない。夏の終わり頃花茎が出て、開花する9月頃には花茎と花だけとなる。(花が散った後に葉が出る)

「相思花 상사화」&「꽃무릇(コンムルッ)」は、どちらも「葉」と「花」が同時に出ることのない「花葉不相見(葉見ず花見ず)」の植物であることから「꽃무릇(コンムルッ)」を「相思花 상사화(サンサファ)」と誤認しているとか?

いやいや、そういう訳ではなく、

「俗世」では、お寺に参った女性に恋煩いしたお坊さんが死んでお花になっただの。「仏家」では、お坊さんを恋慕した女性が死んでお花になっただの。男と女、どっちが恋に落ちたのであれ結ばれなかった恋。

「葉は花を思い、花は葉を思う」の意の「相思花」は「花葉不相見」の花の「通称」なので、「꽃무릇(コンムルッ)」をも「相思花 상사화(サンサファ)」と呼んでいるだの。(朝鮮半島のお坊さんは一般的に結婚タブーだからね〜)

韓国、全羅北道高敞郡にある「선운사 禅雲寺」の「꽃무릇(コンムルッ)」 出典 : 「禅雲寺」ホームページ
韓国、全羅南道咸平郡にある「용천사 龍泉寺」の「꽃무릇(コンムルッ)」 出典 : TISTORY

日本では、「彼岸の坂」=「死後の世界」=「お墓の周り」に咲く花のイメージが強いから「縁起の悪い花」と言われているのかなあ〜。全草毒草なので食べると死に至ることのある有害植物だから「死人花」「幽霊花」「地獄花」との異名が付けられたのかなあ〜。

だ〜けど〜、中国では、「錦」と交換できる程の珍しいお花といって「換金花」とも呼ばれているらしいよ〜。

韓国では、「중꽃 チュンコッ☆お坊さんの花」「절꽃 チョルコッ☆お寺の花」などの異名で呼ばれることが多く、御めでたい花、人を魅せる濃艶の花のイメージが強いので9月中旬頃「꽃무릇(コンムルッ)」の代表的な群生地である

◆ 全羅北道高敞郡の「선운사 禅雲寺」
◆ 全羅南道咸平郡の「용천사 龍泉寺」
◆ 全羅南道霊光郡の「불갑사 仏甲寺」

で「꽃무릇(コンムルッ)祭」が開かれ賑わう。

(やっぱり韓・日ちょっぴり違うね〜!!)

(続 く)

韓国、全羅南道霊光郡の「불갑사 仏甲寺」の「꽃무릇(コンムルッ)祭」
PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
17 ℃/5 ℃
東京
曇り時々晴れ
17 ℃/7 ℃
大阪
晴れ後曇り
16 ℃/6 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集