「日本人」の嫌いな花&「韓国人」の嫌いな花(その4) 2014/12/31

ソウルの街中育ちの「朴」は、「田舎」に咲く「꽃무릇(コンムルッ)= 彼岸花」な〜んか韓国では目にした事ないけど、名古屋の街中「朴」の住まいの周りにはあちこち「彼岸花」だらけ。「花茎&花」だけの変った姿も面白いけど、彼岸花の「機能&役割」はもっと面白い。

■「꽃무릇(コンムルッ)」は全草毒草であるけど、特に「球根」は毒性が強いので田畑の畦や縁に沿って植えると土に穴を掘って田畑を荒らす「穴掘り動物」がその毒を嫌って近寄らないとか!!

「人間」が汗を流し懸命に作った米や野菜などを「他の動物」から守るため、「地上」には「カカシ(人形)」を建てスズメなどを、「地下」には「彼岸花の球根」を植えネズミなどを追い払う。

数千年いや、もしかしたら数万年前からかも知れない私達の祖先の「生きるための方策」に「朴」は敬意。

韓国の棚田の縁に沿って植えられている「꽃무릇(コンムルッ) = 彼岸花」  出典 :「자연과 밀리터리(自然とミリトリ)」

韓国における「꽃무릇(コンムルッ)」の群生地は主にお寺の周り。その理由は、「花葉不相見」(結ばれない恋)の植物は、古くから一般家庭には植えず、お寺の周りに植えることが多かったから≫など、ロマンチック(romantic)なこと言う人いるけど、

■「꽃무릇(コンムルッ)」は全草毒草。「花」は、潰し「染料」として、「球根」の澱粉は、「糊(のり)」として、「仏画」や「丹青 단청(タンチョン)」※注)「仏教経典」などの制作・製本などに用いると「虫菌害」による変色を防ぎ長期保存が可能なので、「染料」や「防腐剤」などを得る目的として。

又、「꽃무릇(コンムルッ)」をお寺の周りに植えると、木造建造物に巣を作ったり穴を掘ったり食い荒らしたりする蜂や小動物などがその毒を嫌って接近しないので、寺院の「壊」を防ぐ目的として。

と言っている人もいる。仏教における有形なるものの長期保存のための「お坊様方の知恵」に「朴」は敬意。

高麗時代の「仏画」『수월관음도 水月観音図』(1323年)  出典 : ウィキペティア
韓国、ソウル市にある「金仙寺」の「단청 丹青」  出典 : 「진흙속의 연꽃(泥の中の蓮の花)」

■「꽃무릇(コンムルッ)= 石蒜」は、漢方医学に基づく「薬材」として用いられる。

「꽃무릇(コンムルッ)」の球根に含まれている毒性分「アルカロイド(Alkaloid)」は経口摂取して「体内」に入ると、吐き気、嘔吐、下痢を起こし、酷い場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもあるらしい。

このような性質を逆手にとって、ある種類の毒物を飲んだ人に「アルカロイド」を飲ませる処置をとると「嘔吐」を起こし胃に留まっている毒性物質を排除することができるとか?!?!「毒を以て毒を制す」(毒に当たった人の治療に、別の毒を薬として用いるの意)だって。

又、咽喉扁桃腺炎、浮腫、悪瘡(悪性の腫れ物)などの患部に塗ったり貼ったりする「外用薬」として用いられたり、利尿や去痰作用の薬として利用されたり………

■「꽃무릇(コンムルッ)」の球根は上質の澱粉に富む。「アルカロイド」は「水溶性」毒なので、水で時間かけてよ〜く洗い流せば食用できるらしい。(これだけ食べ物溢れかえってる時代に、命がけでわざわざ食すことないと思うけど〜)

■「土葬」後、墓地の周りに「꽃무릇(コンムルッ)」を植えると、動物によって遺体が掘り荒らされることも防げるらしいよ〜

このような「꽃무릇(コンムルッ)」のマルチ(multi)な機能に「朴」は又、敬意〜♪

全草毒草である「꽃무릇(コンムルッ)= 石蒜 = 彼岸花」  出典 : みどりの一期一会

ところで、

■「稲作」の日本伝来ルーツについては

☆ 北方伝来説 : 中国(遼東半島)→ 朝鮮半島 → 日本
☆ 南方伝来説 : 東南アジア → 日本南方(対馬)

その他の諸説があり、

■「仏教」の日本伝来ルーツについては

☆ 北方仏教 :「梵語仏典」やその「漢訳・チベット訳仏典」によって伝わった仏教。(チベット・モンゴル・中国・朝鮮半島・日本などにおける仏教)
☆ 南方仏教 :南方アジアに広まった仏教。(スリランカ・ミャンマー・タイ・カンボジアなどに伝わった仏教)

の中、「北方仏教」の伝来ルーツ

☆ インド → 中国 → 朝鮮半島 → 日本

にさほど異論はないみたい。

一方、

■「韓・日」両国において「꽃무릇(コンムルッ) = 彼岸花」が「中国原産」の帰化植物であることには異見がないようだけど、その「伝来ルーツ」については、

☆ 中国 → 朝鮮半島 → 日本
☆ 中国 → 日本 → 朝鮮半島

との異説が存在。

朝鮮半島における「꽃무릇(コンムルッ)」の渡来は、

★「稲作」の伝来に伴う野生鳥獣による「農作物被害防止策」の一つとして取り入れられたとの説
★「仏教」伝来に伴い仏画の「染料」や仏教文化の有形なるものの長期保存のための「防虫・防腐剤」を得る目的として取り入れられたとの説

がある。

韓国における「꽃무릇(コンムルッ)」の三大群生地は「全羅道」。※(詳しくは、「もっと知りたい韓国の魅力」2014年12月18日公開の≪「日本人」の嫌いな花&「韓国人」の嫌いな花(その3)≫を読んでね〜♪)

「全羅道」は「百済 백제 ペクチェ(紀元前18年〜660年)」が位置していた地域。「百済」は「384年」に仏教を取り入れ、「538年(?)」に「百済」から日本の「飛鳥」に伝え、「飛鳥文化」の土台となる「仏教文化」に多大な影響を及ぼしたとされる。

朝鮮半島の美術は、生き生きとした描写や洗練された色使い、精巧かつ安定した均衡美など、当時としては高水準の技術を有し、「日本の古代文化の原点は朝鮮半島にあり」と言われるほど「日本美術史」においては重要な意味を持つ。

中国の様々な文物は、日本が後に「遣随使・遣唐使」によって中国から「直輸入」される前までは、朝鮮半島経由で日本に伝わったとの説が有力。

なのに、「稲作文化」「仏教美術」「漢方医学」と深いかかわりのある「꽃무릇(コンムルッ)= 石蒜」の伝来ルーツは、

☆ 中国 → 朝鮮半島 → 日本
☆ 中国 → 日本 → 朝鮮半島

の2説。

それは、朝鮮半島から日本へ伝わっただの。あれは、日本から朝鮮半島へ伝わっただの。何かにつけて常に「韓・日」間の口論が熱いけど、「꽃무릇(コンムルッ)= 彼岸花」の伝来ルーツ、どちらが先か?競い合わなくてもいいじゃ!!どうせ「モノ」は世の中を巡るものだから。

何を目的とし、どのようなルーツを辿って受け入れたのか?そんなことはさて置き、

全草有毒である「꽃무릇(コンムルッ)」は、「おおらかでさほど警戒心のないタイプ」の多い韓国ではマルチに活用できる「有用植物」として、「比較的警戒心の強く気にするタイプ」の多い日本列島では「有害植物」として受け止められているこの「相異」が「朴」にとっては超面白い〜♪

※注)「丹青 단청(タンチョン)」とは、「陰陽五行思想」をベースとした東洋の伝統的な色使い「五方色(黄、青、白、赤、黒)」の別名。朝鮮半島では三国時代(紀元前1世紀頃〜紀元後7世紀頃)から大流行した。

「五方色」の調和から宇宙の神聖なエネルギーが取り込めるとの「思想」から「王宮」や「お寺」など特殊な建築物は必ず「丹青 ☆ 五方色」で装飾する。

「丹青 = 彩色」をすることにより、「威風・権威」を現わすと共に「防風・防腐」「乾・湿防止」の効果による建造物などの長期保存が可能となる。

簡単に言えば、現在のコンクリート建物の外壁をカラフルなペンキやニスなどで塗ったりして美観の装飾、建物の保護を図る「塗装」のようなものだよ〜

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り
9 ℃/5 ℃
東京
曇り
6 ℃/5 ℃
大阪
曇り
10 ℃/5 ℃
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集