気功流の「癒し」を体感してみましょう! 2012/9/3

今回は、「癒し」の意味と具体的実技についてお話させて頂きます。

1、癒しという意味

癒しという漢字は、「やまいだれ」と「愈」という字から作られています。「やまいだれ」は、上の「なべぶた」の部分が天井を表し、部屋の中を意味します。横の「たれ」の部分は、寝台(ベッド)を横から見て、それを縦にしたものです。

因みに「病」という字の「丙」の字は、上の横棒(一)は、実は「○」で、頭部を表し、「人」は胴体と足、残りのコの字形のものは両手を表し、全体として「丙」は、人が寝ている姿を表しているのです。

「病」という字の「なべぶた」の部分を除いてみると、寝台に人が横たわっている姿を縦にしたものに見えるでしょう?つまり、「病」という字は、天井のある部屋の中で、人が寝台に横たわっている姿を表した漢字だったのです。

さて、話は横道にそれましたが、「癒」という字は、その「やまいだれ」の中に「愈」という字が記されています。その中の「心」という字は、ハートの真ん中から血管が下に垂れている形を表したもので心臓を意味します。

驚いたり、焦ったりすると心臓はドキドキしますし、辛い思いをすると、心臓はキューッと締め付けられて痛くなります。また、赤ちゃんや可愛いものを見ると、心は和んで温かくなってきます。

喜怒哀楽などの感情は心臓に変化を起こすというところから、昔の人は、心は心臓にあると理解していたのでしょう。つまり、心を内蔵したものが心臓だったのです。

さて、「愈」という字から「心」を除くと「兪」という字が残ります。そして、この「兪」こそが「癒し」という字の本質的な意味を成していたのです。

「兪」という字の「月」の部分は、太陽とか月とかの「月」を意味しません。かと言って、腕とか胸、肝、肺などに用いられている「月」(にくづき)でもありません。

では、「兪」の中の「月」は何を意味するのでしょうか?

僕は、「月」と記すより「目」と記した方が良かったのではないかと思うくらいです。この場合の「目」も、眼の「目」ではありません。「目」の字の上と下を尖らせてみて下さい。何かの形を上から見たところなのですが、何かに見えませんか?

そう、池などに浮かべて乗るボート(舟)の形です。

そして、「兪」の字の中から「月」(舟)を除いた残りの部分は、斧の形、山と一がマサカリの部分で「《」が柄を表していたのです。つまり、「兪」という字は、全体として「丸太を斧でくり抜いてボートを作る、丸木舟を作る」という意味になるのです。

長くなりましたが、まとめてみますと、「癒し」という字は、心も含めて病をくり抜く、くり抜いて心をラクにする、そんな意味だったのです。

2、癒し(くり抜き)の体感

・両手を斜め下に降ろし掌を前に向けましょう。

・両手で前の空気をすくい上げるように持ち上げ、頭や顔から空気を浴びせかけるようにし、手を誘導にして、顔から胸、おなかと、空気でくり抜くように洗い流しながら降ろし、下前に洗い流しましょう。

・手を持ち上げながら頭や顔から空気を吸い入れるようにし、その空気で体の中を洗い流すように吐き降ろしてみて下さい。

・吐き降ろす時に、上から下に体の中で空気が垂れ落ちていくような体感を大事にして下さいね。

・その動きを5〜10回ほど繰り返したら、両手の掌を前に向け、膝の上に載せるか斜め下に広げて、顔から胸、原とくり抜かれて、体の中が温かい空気になったような感覚を体感して終わりましょう。

・終わる時は、両手をこすり合わせ、顔を撫で、胸を撫で降ろし、おなかをなで回し、腰を撫でるなどして、体を(頭を)普通の状態に戻してから終わって下さい。

今回お話させて頂いた「癒し」の体感が気功のメインなので、宜しければ教室に体験しに来て下さいませ。

PR情報

記事一覧

幸福追求と気功・2〜ふぁんそん気功講話・まとめ

●気功を通して何のために生きるのかを確かめる 約45億年前に誕生したという地球。 その中で生命が生まれ、進化(退化)しながら人類が誕生したのが700万年前…

2020/3/31

一日一練・365日 No.6

【一日一練・26】 ●練習内容 左右の眼の周りのツボ(部位)を指圧しましょう! 〔方法〕 *指圧やマッサージの決まりはありませんが、左右の眼の周りのツボ(…

2020/3/30

一日一練・365日 No.5

【一日一練・21】 ●練習内容 気のボールを用いて、腕の中で気が動く感覚を体感しよう! 〔方法〕 (1)気のボールを作りましょう。 *「一日一練・9」を参照…

2020/3/23

一日一練・365日 No.4

【一日一練・16】 ●練習内容 関元と命門に手を当てて丹田感覚を体感しましょう! 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせまし…

2020/3/16

一日一練・365日 No.3

【一日一練・11】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねておへそに当てる。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせましょう。 (2…

2020/3/11

一日一練・365日 No.2

【一日一練・6】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねて天突に当てましょう。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10回ほど擦り合わせましょう。 (…

2020/3/9

一日一練・365日

●はじめに あなたの心身の健康を回復、維持、増進させ、より豊かな人生を歩んでいくために、和気信一郎が推奨する気功を一日5分だけ練習して下さい。 長い一…

2020/3/2

幸福追求と気功・1〜ふぁんそん気功講話・15

私たちは幸福になるために生まれてきているのですから、誰もが平等に人として尊ばれ、幸福になる権利を持っています。 その為に人は貧困と差別と暴力から解放…

2020/2/10

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

プロフィール

16

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集