両面に薬師と阿弥陀が彫られた円空仏! 2015/3/8

両面円空仏と私

三重県の菰野町にある明福寺。湯の山温泉やパラミタミュージアムのちょっと手前の菰野駅から5分くらいの住宅地にある。

明福寺

予約して伺うと、円空仏は厨子の前に出されていた。私が行く前に、展覧会に向けて教育委員会の撮影があったため、出したままにしてくださったのだ。いつもは厨子の中に入っていて、片面しか見えない。それが、両面見ることができてラッキーだ。

横から見た両面円空仏

両面に薬師如来と阿弥陀が彫られていることも珍しいが、まずはその大きさに度肝を抜かれる。もっと小さいとイメージしていた。にっこりと微笑む優しいお顔に癒される。眺めているとこちちの顔まで、おもわず微笑んでしまう。

この両面仏は、もとは伊勢神宮の神宮寺であった常明寺(伊勢市)の持仏だったそうだ。明治初年の廃仏毀釈の際に常明寺も廃寺となり、この像も廃棄されようとした。その時、この寺のご住職の弟がこの円空仏を譲り受けて、生家である明福寺へ運んだとされる。

両面円空仏は、後方にある厨子に普段は入っている

薬師如来は、左手の高い位置で薬壺を持っている。右手は施無為印(せむいいん/怖がらなくてもいいよという意味)。

手に薬壺をもつ薬師如来

反対面の阿弥陀如来は、親指と人差し指でOKマークを作ってる「説法印」。まるで「あら、まあ!驚いた」というゼスチャーにも見える。

阿弥陀如来像

薬師如来は現世、阿弥陀如来は来世と、1体で二つの世界を表している。

横からみた両面円空仏

昭和36年(1961年)には、俳人の山口誓子がこの寺を訪れ、円空仏に感銘を受けて句「円空仏 外に出て来て 枯銀杏」を詠んだ。その句碑が境内にある。

現在、この円空仏は展覧会で巡回中。お寺で拝観するのと違って、展覧会では両面拝観できるので、ぜひ行ってみてください。お寺に戻ってこられるのは、2015年の9月ごろの予定だそうだ。

【円空・木喰展】
2015年
2/7〜3/22 横浜そごう博物館
3/28〜5/18 山梨県立博物館
6/13〜7/12 松坂屋美術館 名古屋店
7/17〜8/23  岡山県立美術館

〜〜〜〜〜

明福寺(みょうふくじ)
住所:〒510-1233 三重県三重郡菰野町大字菰野792−1
電話:059-393-2610 (円空仏拝観は、要予約)
アクセス:近鉄 湯の山線「菰野駅」から徒歩約5分
拝観料:志納

〜〜〜〜〜

名古屋の栄の中日文化センターにて 【仏像に会いに行こう!】講座

●名古屋の栄の中日文化センターにて【仏像に会いに行こう!】という講座の講師をします。ぜひ、ご参加ください!

日にち:4月から第2土曜日  4/11、5/9、6/13
時間: 10:30〜12:00
場所:中日ビル4F(栄駅すぐ)
受講料:7,200円(税別/3ヶ月分)
内容:/1回目 5月「名古屋の仏像」/2回目 6月「岐阜の仏像」3回目 7月「三重の仏像」
*お申し込み•お問い合わせは 0120−53−8164

四日市の中日文化センターで 【仏像大好き!】という講座

●三重県の四日市の中日文化センターでも
【仏像大好き!】という講座の講師をします!!
こちらもぜひ,ご参加ください!

日にち:4月から第2日曜日  4/12、5/10、6/14
時間: 10:30〜12:00
場所:近鉄四日市駅前「スターアイランド」4F
受講料:7,200円(税別/3ヶ月分)
内容:1回目 4月「小浜の仏像」/2回目 5月「兵庫、大阪の仏像」1回目 6月「東京、鎌倉の仏像」
*お申し込み・お問い合わせは 0120−556−411

〜〜〜〜〜

紀行講座【高野山開創1200年の旅】

紀行講座を行います。ぜひご参加ください!

【高野山開創1200年の旅】
高野山開創1200年の記念大法会や、今まで誰も見たことのないという金堂の秘仏の御本尊を拝観します。高野山近くの慈尊院でも、21年に1度にご開帳の秘仏で国宝の弥勒仏も拝観します。高野山のお坊さまが直々に高野山を案内。私田中ひろみは、霊宝館の仏像を、現地で詳しくご説明します。

日にち:2015年4月25日(土)26(日)
出発:名古屋駅西口 8:00
料金:35,300円(会員34,800円)和室2名1室利用(1人部屋はプラス料金)
内容:
1日目 名古屋駅発=バスにて=高野山へ=霊宝館=金剛峯寺=龍泉院
2日目 壇上伽藍=奥之院=慈尊院=バス=名古屋駅

*お申し込み:日本旅行 052−241−8227

PR情報

記事一覧

尾張四観音「龍泉寺」の円空仏!

名古屋市守山区にある「龍泉寺」。開基は伝教大師・最澄とされる。名古屋城を鎮護する尾張四観音(荒子観音、笠寺、甚目寺)の一つ。 今年2019年の恵方に当た…

2019/2/2

豊川市の長谷寺のイノシシに乗る小さな摩利支天像

豊川市牛久保町にある長谷寺(ちょうこくじ)。山号は武運山。

2019/1/4

興正寺にある名古屋三大仏の一つの大日如来!

名古屋市の八事にある「興正寺(こうしょうじ)」。高野山真言宗で、別名「尾張高野」とも呼ばれる大寺院。 高野山で弘法大師の五鈷杵(ごこしょ)を授かった…

2018/11/29

名古屋市内の徳源寺の巨大な涅槃像!

名古屋市東区にある徳源寺。近くには、徳川美術館がある。都会とは思えないほど広く、静寂な空気に包まれた禅宗の妙心寺派のお寺さんだ。

2018/10/27

17年に1度の愛西市、勝軍地蔵のご開帳!

愛知県愛西市西條町の八幡神社の境内の地蔵堂に祀られている、17年に1度のご開帳の「勝軍延命地蔵大菩薩」に会いに行ってきた。

2018/9/13

江南市常観寺の鉄造の「お釜地蔵」

愛知県江南市の常観寺は、尾張六地蔵の一つで「お釜地蔵」と呼ばれる鉄造仏が祀られている。

2018/8/16

新たに多気町文化財に指定された珊瑚寺の巨大な十一面観音!

三重県多気町五桂にある珊瑚寺の木造十一面観音立像が、2018年5月に新たに多気町文化財に指定されたというので、お願いして特別に拝観させていただいた。昭和三…

2018/7/22

谷汲山華厳寺のバンザイする仏頂面が乗る十一面観音像

谷汲山(たにぐみさん)華厳寺(けごんじ)は、西国三十三所の最後の札所である第三十三番札所で、満願結願のお寺さん。西国三十三所の札所寺院では唯一、近畿地方…

2018/6/23

どこから見てもこちらを向いてくれる「永正八方釈迦如来」

江南市にある永正寺。 永正元年(1504年)に開創された、臨済宗妙心寺派のお寺。

2018/5/19

16年に1度のご開帳、美濃市・鹿苑寺の聖観音像

先日、岐阜県美濃市立花にある美濃西国三十三観音霊場2番札所の鹿苑寺(ろくおんじ)観音堂に祀られる聖観音像の16年に1度のご開帳(2018年3月18日〜4月1日(日)だ…

2018/4/11

プロフィール

17

達人に質問をする

仏像イラストレーター&文筆家

丸の内はんにゃ会(女子の仏教サークル)代表、奈良市観光大使。

子供の頃、仏像好きの叔父に連れられ奈良や京都の仏像を見て歩く。

大人になりひさしぶりに京都の三十三間堂に行き、突然仏像へ恋に落ちる。
以来、全国の仏像に会いに行くようになる。

そして、仏像本や仏像講演やカルチャーセンターの講師をするようになる。

著書には
「仏像、大好き!」(小学館)
「拝んでしあわせ奈良の仏像100」(西日本出版社、「田中ひろみの勝手に仏像ランキング」(メディアイランド)
「クイズで入門 日本の仏像」(講談社+α文庫)、「美しき仏像」(ぶんか社)
「ふらりおへんろ旅」(西日本出版社)
「江戸東京再発見 ぶらりスケッチ散歩」
など35冊。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ後一時雨
13 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
12 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集