【第4回】伝説のスーパー「主婦の店さいち」 2015/3/31

「観光より面白い!」魅惑のご当地スーパーへようこそ。行楽シーズン到来!というわけで、今回は旅の目的にもなる、話題のご当地スーパーをご紹介します。

行列の先にあるものは?
業界で“伝説のスーパー”と呼ばれる「主婦の店さいち」。宮城県仙台市郊外の静かな温泉地にある、個人スーパーです。こじんまりとした佇まいのこのお店になんと、全国500社以上から研修にやって来るというから驚き! 魅力の秘密は、開店の9時前に連日行列ができるその先にあります。

人口4,700人の町で最高売り上げ1日25,000個!?
なぜ「伝説の」と言われるのか? その答えの一つは、さいち手づくりの「おはぎ」の存在。人口4,700人といわれる温泉街で、最高25,000個売り上げたことも。平日でも平均6,000個売れるといいます。

手のひらで目一杯あんこを山盛りすくって餅を包み、そのままパックに詰め込んだ、特大サイズのおはぎ。毎日炊くあんこの優しい甘みは、だれもが笑顔になる絶妙の味なのです。しかも糖度は低いのに添加物なし。だから賞味期限は当日限り。行ったものだけが味わえる、最高の満足感も味にいい影響を与えていそう。

名物秋保おはぎ 3個入¥324(税込)おはぎは2個入〜10個入まで。1個入がない理由は「絶対にもう一つ食べたくなるから」。それほど、美味しいんです。

さいちの真価は惣菜と弁当に!
じつは私が初めてさいちを訪れたとき、おはぎ以上に私を虜にしたのは、美味しいオーラを発している美しい煮物でした! ゆで卵、帆立、大根、にんじん、昆布、たけのこ、里芋、がんもどき、ふき、こんにゃく、油揚げ、いんげんがこんもりと盛りつけられている姿に目が釘付け。なんとこの素材、すべて別々に煮込まれているんです。お寿司だって煌めいてます!姿に表れる味のよさ!

地元では惣菜目当てのファンも多いのです。もちろん惣菜と弁当も薄味で無添加。毎日閉店時までに売り切って、棚が空っぽになります。

五目煮 ¥780(税込) とあるパッケージ会社のプロが「この器にこれだけの盛り付けができるなんて信じられない!」と驚嘆。主婦は「これだけで家族みんなのおかずになるのに、この値段!?」と驚愕。
海鮮丼 ¥580(税込) サーモン、イカ、ビンチョウマグロを彩りよくまとめているのが、真ん中のグリーンに映える3つの赤い物体。これ、醤油のタレ瓶のふた。さいちの美意識は隅々まで。

「お客様のために」が商売の基本
佐藤啓二現社長の祖父、市次郎氏が大正初期に「佐市商店」を創業。父、母と継ぎ、啓二社長は4代目。‘79年に、食品スーパー「主婦の店さいち」となり、その3年後にさいちのおはぎは誕生しました。

社長の奥様・澄子専務が、お客様の「孫におはぎを食べさせたい」という要望に応えて、開発したものでした。その姿勢は今でも変わることなく、スタッフ全員「お客様の声を聞いて必ず応えること」を大切にしているそう。

現在の人気の秘密をうかがうと「昔は資金難で、社長に原料の小豆を買ってもらえないときもあったけれど、ただひたすら、お客様に満足してもらうにはどうしたらいいだろうと考えてきただけ」と明快なる澄子専務のご回答。

理想と現実は違うなんて声が聞こえてきそうですが、経済紙で発表される「売り上げのいい店」や「品揃えのいい店」とは違う大きな魅力が、さいちに溢れているのは事実です。行けば絶対に高い満足度と満腹感を得られる「主婦の店さいち」。500社が研修に来ても簡単にマネできないそのスタイルも「伝説のスーパー」と呼ばれるゆえんです。

佐藤啓二社長と奥様の澄子専務
もちろんご当地食もそろってます! 笹かまぼこ、日の出納豆、仙台麩、白石温麺、仙台味噌ホルモン、牛タンサイダー

「主婦の店 さいち」
所在地:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師27
営業:9:00〜19:30
休み:第2・第3水曜日、1/1〜4 ※8,12月は休日変更あり

PR情報

記事一覧

【第56回】GoWest! ご当地スーパー特選「お土産ご当地食」西日本の巻

秋の行楽シーズン。お出かけの帰りに、ご当地スーパーに立ち寄ってみませんか?そこは地元の人が毎日食べている、本当のご当地食の宝庫です。前回の東日本編に…

2019/9/14

【第55回】旅先のご当地スーパーで買う、特選「お土産ご当地食」東日本の巻

夏の帰省や秋の行楽と、旅に出かける機会の多いシーズン。お土産を買う目的で、帰りにご当地スーパーに立ち寄ってみませんか?地元の人が毎日食べているスーパ…

2019/8/13

【第54回】食の殿堂「ハローデイ」が仕掛ける 魅惑の宝探し『ボンラパス トレゾ』

「美味しいものをつくりたい!」。そんな気にさせるスーパーが、福岡にあります。フランス語で“美味しい食事”を意味する「ボンラパス」と、“トレゾール(宝)”…

2019/7/3

【第53回】入場料無料の夢と食の国 福岡のアミューズメント フードホール「ハローデイ」

“日本一視察の多いスーパー”と紹介される、独創的な店舗づくりで全国に知られたスーパー「ハローデイ」。訪れれば自然とハッピーな気分になるお店との評判なん…

2019/5/29

【第52回】研究家オススメの「全国ご当地スーパー 選りすぐりのお弁当」

春の行楽シーズンがやってきました。 人気のお弁当を目的に、全国のご当地スーパーを訪ねる旅はいかがでしょうか?駅弁とはひと味違う旅先の地元食はインパクト…

2019/4/3

【第51回】身も心も温まる ご当地スーパー「冬の定番」

一年で最も寒さの厳しいこの季節にぴったりな、ご当地スーパーで人気の冬の定番をご紹介します。 体を温めるメニューは各地にありますが、体だけでなく心までも…

2019/2/5

【第50回】訪れたい!食べたい! ご当地スーパー東海編

いつも当ページをご覧いただきどうもありがとうございます。そんなご当地スーパーファンのみなさまにお知らせです。 2018年12月20日、新刊「東海 ご当地スーパ…

2018/12/21

【第49回】全国ご当地食の店『しなまつり』に飛騨のご当地スーパー登場!/ららぽーと名古屋みなとアクルス

2018年9月28日開業の「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に、ご当地食ファンならずとも見逃せないショップがオープンしました。47都道府県だから「47(しな)ま…

2018/10/1

【第48回】日常と非日常のW構成! 刺激される好奇心『MEGAドン・キホーテUNY東海通店』

総合スーパー売上高国内3位「アピタ」「ピアゴ」の『ユニー』と、深夜営業のディスカウント店、驚安の殿堂『ドン・キホーテ』が手を組んだコラボ店『MEGAドン…

2018/8/2

【第47回】できたて感動! 美食と健康のアミューズメント・スーパー『マルヤス メルヴィ芸濃店』

「地域の人々の健康的で豊かな暮らしのために」という基本理念を掲げ、健康的で高品質な食材の提供で地元人気の高い、三重県の「マルヤス」。2018年4月にオープ…

2018/7/12

プロフィール

18

達人に質問をする

スーパーマーケット研究家
65年東京生まれ、名古屋在住。
サラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。2012年に出版した著書が話題となり、出演したテレビ番組で紹介した岐阜県高山市の隠れた日常食「あげづけ」が大ブレーク。現在は、テレビ出演や新聞・雑誌の連載、講演活動をこなしつつ、子育ての隙をみて、自腹で全国のご当地スーパーを行脚。埋もれた日常食の発掘とその魅力を伝えている。新刊「東海 ご当地スーパー 珠玉の日常食」(ぴあMOOK中部)

著書/『日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品』『日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品 見〜つけた!』(講談社)

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
26 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
24 ℃/--
大阪
晴れ
25 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集