ペルセウス座流星群を見よう! 2015/8/7

星が流れるように光る流星は、一瞬の出来事だけに神秘的

流星(流れ星)は、宇宙に浮かんでいるチリが地球に衝突したとき、大気との摩擦によって星のように光る現象だが、流星群はチリが団体で地球に衝突すると起こる現象だ。チリの団体はどこにあるのか?答えは彗星の軌道上にある。

つまり周期彗星が太陽に回帰するたびに、汚れた雪だるまでできている彗星自身の身を削ってチリをばらまいて行き、やがて軌道全体へと広がっていく。そして、その彗星の軌道と地球の軌道が交差していると、必ず1年に1度ほぼ同じ日にそのチリの団体の中に地球が突っ込むことになるわけである。

ペルセウス座流星群の下となるチリは、スイフト・タットル彗星がばら撒いたもの

チリを撒き散らす彗星のことを母彗星といって、ペルセウス座流星群は、スイフト−タットル彗星である。この彗星は周期約135年で太陽のまわりを長円軌道で回っている。

ペルセウス座流星群の活動が活発なのは、8月13日の極大日を挟んで前後1日の計3日間。1時間あたり30個程度流星が流れるが、この群の特徴は、チリが地球に衝突する速度が速いために明るい流星が多く、途中で爆発を繰り返すものもあることだ。つまり夏の花火のようにハデな流星群なのである。

流星群を地上から見ると、放射点と呼ばれるある1点から四方八方に流れるように見える

流星群ウォッチングには、月明かりが邪魔になることは言うまでもない。気になる今年の条件は、極大日13日深夜の月齢は28。細い月が地平線上に顔を出すのは、薄明が始まる午前3時半ごろ。つまり放射点が昇る22時から薄明が始まるまで、月明かりなしの最高の条件で観望することができるというわけだ。

今年は、月明かりなしの最高の条件。8月13日未明にはかなり流れそう。

しかも今年は、母彗星のスイフト・タットル彗星が1862年に放出したダストトレイルと午前3時ごろ遭遇するという予想もあるため、かなり期待できそう。

ペルセウス座流星群ウォッチングに最適な時間は、ペルセウス座が北東の空に姿を見せる午後10時ごろから明け方まで。見る場所は、できるだけ広い範囲が見渡せる星のきれいな場所がベスト。見る方向は、放射点の方向を中心に、空全体を眺めること。

PR情報

記事一覧

10月11日は「十三夜」のお月見

9月13日は、中秋の名月だったが、お月見はされただろうか?名古屋では、夕方は曇りがちで名月は見えなかったが、暗くなったころには雲間からちらほら顔を出して…

2019/10/10

9月6日の夜空は月と木星・土星がランデブー

8月12日には月と土星の大接近が見られたが、9月上旬にも月と木星・土星のランデブーが見られる。

2019/9/6

8月7日は旧暦の七夕 もう一つの織姫星と彦星

7月7日は七夕。天の川の西と東に離れ離れになった織姫星と彦星が、1年に1回だけ会うことができる大切な日。ところが伝説では、雨が降ると天の川の水かさが増し…

2019/8/7

今日7月5日は一年で最も「太陽が小さい」日

近年は、その年に最も大きく目る満月をスーパームーンと言って盛り上がっているが、太陽も大きく見えたり小さく見えたりする。その理由はもちろん地球が太陽の…

2019/7/5

「かみのけ座」って知ってる?

かみのけ座という星座を知っているだろうか?さわやかな風に乗って春の星座たちが勢ぞろいする6月初旬。おおぐま、しし、おとめ、うしかいといった、そうそう…

2019/6/4

今日5月20日 深夜の南の空で月と惑星が集合

5月下旬の午前2時の南の空には、もうさそり座が南中を過ぎ、いて座が南中しようとしている。そんな夏の星座たちの中で真っ先に目に入るのは、6月11日に衝を迎え…

2019/5/20

星座誕生物語

●星座はいつどこでだれが創った? 私たちが何気なく見上げている星座、いったいいつ誰がつくったのだろう。星座のルーツを求め時代をさかのぼってゆくと、紀元…

2019/4/5

黄道十二宮かに座が見ごろ

●黄道十二宮4番目のかに座 冬の厳しい寒さがゆるみ、春の気配を予感する3月の夜半前、春の星座のトップバッター「かに座」が天頂近くに南中する。4等以下の暗い…

2019/3/13

2月20日の満月はスーパームーン

ふだん何気なく見上げている月、日によって見かけの大きさが変化していることに気が付く人はほとんどいないだろう。ところが実際は、大きさが結構変化している…

2019/2/19

相変わらず明け方の南東の空が賑やか

新年早々の1月2日の夜明け東の空で、月と金星が月の見かけの大きさより狭い0.4度の間隔で並んだ。そしてその下にも木星が、さらに朝焼けで赤く染まった低空では…

2019/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
24 ℃/17 ℃
東京
曇りのち一時雨
21 ℃/17 ℃
大阪
曇りのち一時雨
25 ℃/16 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集