気功流の心身デトックスのテクニック、軟酥(なんそ)の法を学びましょう! 2012/9/24

軟酥の法は、江戸時代の僧、白隠禅師(1685〜1768)が、禅の修行のし過ぎによって起こした病を治した方法として、白隠の著「夜船閑話(やせんかんな)」の中に収められているものです。禅の修行によって起こした病気とは、気功で言う気の上がったことによる病のようなもので、

・激しい頭痛
・激しい耳鳴り
・めまい
・眼病
・不眠
・下痢
・足腰の氷のような冷え
・ノイローゼ
・うつ的症状
などです。

白隠は、これらの病を治すために沢山の名医を訪ね、鍼灸、漢方などの治療も試みるのですが、思うように治らず、京都白川の山奥の洞窟に住んでいた白幽仙人を訪ね、軟酥の法と内観の法を習い、それを実行することによって病を克服してゆきます。その軟酥の法と内観の法を学ぶのが今回の課題です。

【軟酥について】 
酥というのは、牛乳を煮詰めて造った古代のバターのことです。酥の軟らかいものですから、さしずめ、とろけるチーズやバターのようなものだと思って下さい。その軟酥は、あらゆる病を洗い流してくれる妙薬なのです。

それを頭の上に乗せ、軟酥が体の周りや体の中を垂れ流れて落ちてゆくようにします。その時、病気(毒素や邪気)も一緒に洗い流していくのです。しかし、実際には軟酥は用いませんそういうイメージで行なうのだそうです。

しかし、気功には、気の体感というものがあります。そこで、気の体感を軟酥の代わりに使って気功的軟酥の法を体感してみることにしましょう。あなたの心や体のいやなものを洗い流す気功流デトックスです。

【気功的軟酥の法】

1、ラクに立つか、椅子に坐って下さい。(体の弱い方や病気の方は寝たままでも構いません。)

2、両手を頭の上に上げ、頭の上で気のボールを作りましょう。

3、その気のボールを頭の上に載せ、頭に染み込んでくる感覚を体感します。

その体感が軟酥(心と体の毒素、邪気を洗い流す妙薬)です。

4、その軟酥を手で誘導しながら、体の外や中で、トローッとした液体が垂れ落ちて、足の裏から垂れ流れていくように体感します。

体の前側や横側、後側などに分けて垂れ降ろすようにすると体感がよくわかると思います。軟酥が降りてゆく実感が出るまでは、体の前側の皮膚や皮下の体感で練習するのが良いでしょう。イメージではなく、実感として体の中や体の周りで軟酥が降りてゆくのを体感しましょう。

体のあちこちをまんべんなく3回ずつくらい、調子の悪いところは5回から10回くらい洗い流してみて下さい。あなたの病気やいやな症状を洗い流すつもりで、毎日、朝や夜、一日一回の気功的軟酥の法を続けてみて下さいね。

【内観の法】

気功には、意守丹田法というテクニックがあります。気持ちを丹田(骨盤の中)に向け、丹田の中が温かくなっていくのを体感するテクニックです。白隠が「夜船閑話」の中で伝えた「内観の法」は、この意守丹田の法と同じです。

軟酥の法が終わりましたら、両手を下腹に重ねて当て、下腹の中が温かくなるのを待ちましょう。その下腹の中の温かさを丹田の気と言い、病を克服する活力、免疫力になりますので、時間があれば、いつでも下腹に手を当て、丹田の中の暖かさを体感し、命の活力を補充していって下さい。

気功は体感が大切なので、わかり辛い場合は、気功の教室に体感しに来て下さいね。

PR情報

記事一覧

ふぁんそんの正体(2)/《ふぁんそん気功講話》9

(一) 「ふぁんそんは拮抗だ」と、ふぁんそんの状態を表現した仲間がいました。 その、ふぁんそんの状態について「ふぁんそんは空だ」と言った仲間もいたので…

2019/12/9

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

「天」を乗り越える「ふぁんそん気功」/《ふぁんそん気功講話》5

●天という言葉 みなさんは「天」という言葉を聴かれた場合、何を思い浮かべられるでしょうか? 「天高く馬肥ゆる秋」というような「天空」ですか? それとも「…

2019/11/11

空としての広がりを!/《ふぁんそん気功講話》4

●「ふぁんそん」の体感 ちょっと面白い実習をしてみましょうか。 何の実習かと言えば、それは胸板呼吸です。 実際の呼吸ではなく、息を胸の中に吸い入れた…

2019/11/4

自律神経のバランスを調えましょう!/《ふぁんそん気功講話》3

●恐怖が自律神経に働きかけた 一人の女性が夜道を歩いていました。 すると、後ろから誰かが付いてきている気配がします。 確かに歩調を合わせて靴音が着いて…

2019/10/28

ふぁんそんを日常の取り組みに!/《ふぁんそん気功講話》2

●僕の思い みなさん、こんにちは! 今回は、僕(和気信一郎)が普段から願っていること、みなさんにも実践して戴きたいこと、つまり、僕自身が日頃から心掛…

2019/10/21

病気のことは忘れて、気の心地よさに没頭せよ!/《ふぁんそん気功講話》1

●ごあいさつ みなさん、こんにちは。 今回から、新たに《ふぁんそん気功講話》というタイトルで、「ふぁんそん気功」についてのお話をさせて頂くことに致し…

2019/10/14

気功治療への道案内/十四日目(最終回)

◆修練に励みましょう 季節は移り、既に10月の声を聞いていた。 私の講習への依頼が幾つか入り、二人の娘たちとの時間的な折り合いがつかず、静観塾も少し間が…

2019/10/7

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
12 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
13 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集