【第11回】店内が皿鉢料理状態!? ご馳走てんこ盛りな高知「サニーマート」(後編) 2015/9/15

前回お届けした高知の続編です。

豪快な食文化の裏にある、土佐の日常食は、少し意外なものではなかったでしょうか? 旅行での名店巡りもいいですが、さらに奥の深い家庭の味を求めて、地元スーパーを訪れるのも楽しいものです。さて、今回はまだまだある高知の個性的なご当地食をご紹介しましょう。

【完成度の高いご当地食の宝庫】
高知県には優秀なご当地食品が多い。優秀というのは、「高知ならではの味」であり、「地元の人に愛されている」という意味。いわゆるお土産とは違うのだけれど、しかし、もはや高知の土産としても人気の商品です。つまり内外から支持されるほど、レベルが高いと言えそう。

1.ミレービスケットゆず塩味¥189(野村煎豆加工店)/2.大丸¥900(土佐蒲鉾)/3.リープル¥58(ひまわり乳業)/4.しょうがの恋¥480(企画・久礼もん企業組合)

ミレービスケットは、誕生から60年の県民食ともいえるフライビスケット。甘くてしょっぱい懐かしい美味しさで、全国的人気のお菓子になりました。が、現地ではこんな「ゆず塩味」なるものが「サニーマート」だけで入手可能。甘塩っぱさに「爽やか」がプラスされた、高知県北川村産のゆずが香るサニーマート限定商品です。

大丸と言っても、デパートじゃありません。ゆで卵が蒲鉾にロールされた商品はどのメーカーでも商品名は「大丸」。高知のハレの日、お祝い気分を盛り上げてくれます。テレビ番組であのマツコさんを虜にした「卵の白身に蒲鉾の味が染み込んで境目がわからない」美味しさです。

ちなみに、高知のデパート「大丸」にも「大丸」があるそうです。※サニーマートでの大丸(土佐蒲鉾)の取り扱いは年末年始のみ。普段は「大丸焼き ハーフ」¥555(けんかま)になります。

リープルの語源が不明のまま、高知で愛され40年余りのご当地乳酸菌飲料。英表記のRIPPLEから「さざ波」との説が濃厚ですが、発音はなぜかリップルではなくリープルと、この謎は解けそうもないようです。高知に照りつける太陽の下では、子どもだけでなく大人まで、甘酸っぱいリープルを欲する体になっていくようです。

一本釣りのカツオが揚がる町・久礼の大正町市場の商店主さんたちが協力し設立した会社がつくったご当地食。地域をもっと盛り上げたいと、地元のいい商品をもっと広めるために地元の食材を使った魅力ある商品を企画、開発。

高知らしい食材「かつお」と「しょうが」をラー油でつけたのが、この「しょうがの恋」。ただし、ご飯が止まらなくなる魔力を秘めていますので、要注意。

【食卓に欠かせない、土佐の調味料】
高知で泊ったホテルで朝食のとき、卓上の風景にやや違和感。この2つの醤油差しは何?

一つは醤油でした。そしてもう一つの中身が高知の食卓の常識、「ゆず酢」と呼ばれるゆず果汁。「高知人は何にでもゆず酢をかける」という噂は本当でした。漬物、焼魚、豆腐にサラダ、そしてみそ汁と、朝から爽やかな香りで癒される高知の食卓です。

食塩入りで調味料として使いやすい 馬路村ゆずしぼり¥430(馬路村農業協同組合)/無塩なので飲み物などにも利用できる 手しぼり吉野川ゆず(さめうらフーズ)¥512

【知られざる、高知の非豪快食】
まずはこの写真を見てください。お惣菜コーナーで目を疑う光景に直面。太巻きとお稲荷さん、そしてこの寿司ネタは??? 黒潮の町であり得ない、一切お魚の入っていない寿司を見つけてしまいました。ネタは野菜とこんにゃく煮です……。デザートに羊かんも添えられていました。豪快の対極か。

ふるさと盛り合わせ¥327(国弘食品) 通称、田舎寿司です。

サニーアクシス南国店店長・吉本さんによれば「田舎寿司、私も時々食べたくなって、お昼に買いますよ」と、どうやら地元では定番の様子。じつは高知県はそのほとんどが山林で、同じ高知県でも新鮮な魚を食べることが難しかった地域で育まれた、高知を代表する郷土料理なのです。

山の幸、ゆずが利いたほっこりする田舎寿司は、暴飲暴食になりがちな旅人と、呑み過ぎの傾向のある土佐っ子の、軽いランチにぴったりかもしれません。

もう一つ、疲れた胃腸を休ませてあげたい人にはこちらもおススメ。サニーマート特製ところてん。特徴は何と言っても、「土佐の鰹だし」でいただくこと。お酢が苦手な方でも大丈夫。優しい味のところてんは新・高知名物になりそう。有機丸大豆醤油使用したダシがかかった状態なので、面倒な水切りもなくすぐに食べられます。

ところてん土佐の鰹だし¥127(サニーマート)

【高知の名品をスーパーで】
最後に、地元の人にとっても「ご褒美」のちょっとリッチなスイーツを。四万十の栗ペーストとフレッシュな無糖の生クリームのみで構成されている、栗本来の味を堪能できるモンブランです。添加物も含まないため、保存は要冷凍ですが、買って帰るとちょうど食べごろに。地元の栗を使った「地栗モンブラン」の美味しさにどうぞビックリしてください。

地栗モンブラン3個入(四万十ドラマ)¥1200(税込)

ユニークな高知の日常食はいかがでしたか? さらにサニーアクシス南国店に行けば、とくに女性が楽しそうに買物をしている姿を目撃するはず。それはお店の入口から、焼き立てパン→惣菜→刺身とたたき、という独自な順番で構成されていることと関係があるかもしれません。

女性も働き、夜はおきゃく(飲み会)を楽しむ高知では、女性がいい感じに力を抜けるように、スーパーも協力しているように思えるのです。

サニーマート
高知県を代表するご当地スーパー「サニーマート」を経営する会社。今から54年前の昭和36年に高知県で創業。高知県を中心に四国内26店舗を経営。

サニーアクシス南国店
今回、訪問した店舗で、食品スーパーの他に専門店も入るショッピングセンター。「サニーマート」の店舗の中でも最大級の面積を誇る。さらに高知龍馬空港に近いため、旅の終わりに寄り道するのにベストなお店。

高知県南国市大そね乙1009-1
TEL: 0120-631-861
営業時間:9:00〜0:00

※記事中の価格は本体価格で取材時のものです。また紹介した商品は常時取り扱いがあるとは限りません。

PR情報

記事一覧

【第56回】GoWest! ご当地スーパー特選「お土産ご当地食」西日本の巻

秋の行楽シーズン。お出かけの帰りに、ご当地スーパーに立ち寄ってみませんか?そこは地元の人が毎日食べている、本当のご当地食の宝庫です。前回の東日本編に…

2019/9/14

【第55回】旅先のご当地スーパーで買う、特選「お土産ご当地食」東日本の巻

夏の帰省や秋の行楽と、旅に出かける機会の多いシーズン。お土産を買う目的で、帰りにご当地スーパーに立ち寄ってみませんか?地元の人が毎日食べているスーパ…

2019/8/13

【第54回】食の殿堂「ハローデイ」が仕掛ける 魅惑の宝探し『ボンラパス トレゾ』

「美味しいものをつくりたい!」。そんな気にさせるスーパーが、福岡にあります。フランス語で“美味しい食事”を意味する「ボンラパス」と、“トレゾール(宝)”…

2019/7/3

【第53回】入場料無料の夢と食の国 福岡のアミューズメント フードホール「ハローデイ」

“日本一視察の多いスーパー”と紹介される、独創的な店舗づくりで全国に知られたスーパー「ハローデイ」。訪れれば自然とハッピーな気分になるお店との評判なん…

2019/5/29

【第52回】研究家オススメの「全国ご当地スーパー 選りすぐりのお弁当」

春の行楽シーズンがやってきました。 人気のお弁当を目的に、全国のご当地スーパーを訪ねる旅はいかがでしょうか?駅弁とはひと味違う旅先の地元食はインパクト…

2019/4/3

【第51回】身も心も温まる ご当地スーパー「冬の定番」

一年で最も寒さの厳しいこの季節にぴったりな、ご当地スーパーで人気の冬の定番をご紹介します。 体を温めるメニューは各地にありますが、体だけでなく心までも…

2019/2/5

【第50回】訪れたい!食べたい! ご当地スーパー東海編

いつも当ページをご覧いただきどうもありがとうございます。そんなご当地スーパーファンのみなさまにお知らせです。 2018年12月20日、新刊「東海 ご当地スーパ…

2018/12/21

【第49回】全国ご当地食の店『しなまつり』に飛騨のご当地スーパー登場!/ららぽーと名古屋みなとアクルス

2018年9月28日開業の「ららぽーと名古屋みなとアクルス」に、ご当地食ファンならずとも見逃せないショップがオープンしました。47都道府県だから「47(しな)ま…

2018/10/1

【第48回】日常と非日常のW構成! 刺激される好奇心『MEGAドン・キホーテUNY東海通店』

総合スーパー売上高国内3位「アピタ」「ピアゴ」の『ユニー』と、深夜営業のディスカウント店、驚安の殿堂『ドン・キホーテ』が手を組んだコラボ店『MEGAドン…

2018/8/2

【第47回】できたて感動! 美食と健康のアミューズメント・スーパー『マルヤス メルヴィ芸濃店』

「地域の人々の健康的で豊かな暮らしのために」という基本理念を掲げ、健康的で高品質な食材の提供で地元人気の高い、三重県の「マルヤス」。2018年4月にオープ…

2018/7/12

プロフィール

18

達人に質問をする

スーパーマーケット研究家
65年東京生まれ、名古屋在住。
サラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。2012年に出版した著書が話題となり、出演したテレビ番組で紹介した岐阜県高山市の隠れた日常食「あげづけ」が大ブレーク。現在は、テレビ出演や新聞・雑誌の連載、講演活動をこなしつつ、子育ての隙をみて、自腹で全国のご当地スーパーを行脚。埋もれた日常食の発掘とその魅力を伝えている。新刊「東海 ご当地スーパー 珠玉の日常食」(ぴあMOOK中部)

著書/『日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品』『日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品 見〜つけた!』(講談社)

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
31 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
31 ℃/--
大阪
曇り
32 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集