赤岩寺の小愛染像が納入されている愛染明王像 2015/10/11

豊橋市にある高野山真言宗のお寺の赤岩寺(せきがんじ)。寺伝によれば奈良時代に行基が開き、平安前期に空海の弟子によって再興されて真言宗となったという。鎌倉時代には源頼朝の命により、三河の守護の安達氏により堂宇が整えられ三河七御堂とひとつとして勢力を拡大したそうだ。

江戸時代には三河吉田藩(豊橋市)の藩主の尊崇を受けた。寺内の愛宕権現社には勝軍地蔵尊がまつられ、武士による信仰が厚かったという。

赤岩寺の境内の収蔵庫に、国の重要文化財の愛染明王像が祀られている。鎌倉時代作。像高は約1メートル。寄木造。玉眼嵌入、彩色。事前申し込みで拝観可能。庫内は明るく、近くによって拝観できる。

愛染明王は、三目六臂(目が3つ腕が6本)で、五鈷鈴と五鈷杵と弓と矢と蓮華を手に持って一つだけは握りこぶしにしている。手に持たれた弓と矢で愛のキューピットのように人と人を結び付けるとされる。煩悩〈愛欲や欲望、執着〉を悟りに変えて、悟りの境地まで導いてくれる力を持つという。「愛染」=「藍に染める」という言葉から、染め物屋さんなどの関係者からの信仰も篤い。

台座のツボ(宝瓶)の口からは、宝物の宝珠が噴き出ている。

ツボの下にも、宝珠や貝殻がこぼれ落ちている。台座は近世の補作だが、光背は当初の作。

愛染明王は怒った顔して、獅子冠をかぶっている。額にも目があり3眼どれも水晶の玉眼。獅子の冠の目にも玉眼が使われていてキラキラしている。お顔は、丸顔であどけない。

戦前に大規模な修理の際に、頭上の獅子冠の中からかつての修理時(17世紀)に納入された文書と愛染明王の小像104躰が像内より見つかった。この愛染明王小像は像高4センチほどのもの。これら小像は元に戻されたので見ることはできないが、かわりに写真が置いてあった。

薄い丸がつながった耳のピアスはすごく長く、一枚一枚に卍や宝珠の模様が描かれてあり、おしゃれだ。

愛染明王の横に、愛宕権現社にあった勝軍地蔵像(しょう ぐんじぞう)も安置されている。地蔵菩薩が甲冑を着けて軍馬にまたがっていて、なんだかかわいらしい。

〜〜〜〜〜

「赤岩寺(せきがんじ)」
住所/愛知県豊橋市多米町赤岩山4
TEL/0532-62-0012  *要予約
アクセス:豊橋鉄道東田本線「赤岩口駅」から東へ徒歩約20分
拝観料:志納

〜〜〜〜〜

また、中日文化センターで田中ひろみの仏像講座行います。ぜひご参加ください!!

【栄】(中日ビル)第2週土曜日10:30~12:00
*お申し込みは 0120-53-8164

「仏像に会いに行こう!」
1回目 10月10日 愛知の仏像について
2回目 11月14日 大須の仏像を見に行こう(外講座)
3回目 12月12日 静岡の仏像について

〜〜〜〜〜

【四日市】(スターアイランド) 第2週日曜日10:30~12:00
*お申し込みは 0120-556-411

「仏像大好き」
1回目 10月11日 名古屋の仏像について
2回目 11月15日 岐阜の仏像について(この日は第3日曜)
3回目 12月13日 三重の仏像について

〜〜〜〜〜

*田中ひろみの40冊目の本「心やすらぐ仏像なぞり描き」(池田書店)11/10発売です!

PR情報

記事一覧

郡上八幡「慈恩禅師」の癒されるお姿の「十一面観音像」

郡上八幡の慈恩禅寺。臨済宗妙心寺派。 1606年(慶長11年)に郡上八幡城主遠藤慶隆(山内一豊夫人・千代の兄)が開基となり、妙心寺の円明国師の高弟である半山禅…

2020/3/31

美江寺の岐阜県最古の脱乾漆像の秘仏「十一面観音像」!

岐阜県最古の仏像とされる奈良時代の脱乾漆像の十一面観音を祀る「美江寺」。通称は「美江寺観音」。創建は、奈良時代とされる。 美江寺は岐阜駅の北に約25…

2020/2/21

愛知県碧南市の海徳寺「大浜大仏」!

愛知県碧南市(へきなんし)の浄土宗西山深草派のお寺「海徳寺」。三河新四国81・82番札所でもある。 海徳寺は、室町時代の1462(寛政3年)年に、西演和尚が…

2020/1/25

大須の「七寺」の大きな観音菩薩と勢至菩薩💗

大須にある七寺(ななつでら)。正式名は、長福寺(ちょうふくじ)。大須通り沿いにあるが、お堂が奥まっているので通りからはわかりにくい。

2019/12/28

常滑市「大善院」の秘仏本尊「十一面観世音菩薩」ご開帳!

知多西国14番札所の常滑市「大善院」。 知多西国三十三所霊場の開創250年を記念して秘仏本尊「十一面観世音菩薩」が2019年11月1日(金)〜11月30日(土)に特別…

2019/11/14

三重県総合博物館(MieMu)で開催中の「三重の仏像」展へ!

三重県津市にある三重県総合博物館(MieMu/みえむ)で2019年10月5日から開催中の展覧会「三重の仏像〜白鳳仏から円空まで〜」に行ってきた。 (会期は12…

2019/10/29

33年ぶりにご開帳!知多市「大智院(めがね弘法)」の聖観音

知多西国第18番札所。知多四国71番札所。尾張三十三観音10番。東海三十六不動22番。 聖徳太子の開基で、本尊は秘仏の「聖観音」で、ともに秘仏のお前立は「…

2019/10/16

11年ぶりの秘仏・聖観音のご開帳!常滑市「洞雲寺」

常滑市にある洞雲寺。知多四国八十八箇所・第62番の札所、知多西国三十三所霊場・第13番の札所、法然上人知多二十五霊場・第12番の札所。 白鳳年間、奈良の大…

2019/9/18

日間賀島の「たこ阿弥陀」と「鯖大師」

愛知県知多半島の先端の師崎から、約2.4kmの沖合に浮かぶ「日間賀島(ひまかじま)」。 日間賀島はタコとフグが有名。港に降り立つと、大きなタコのモニュメン…

2019/8/30

重文が3体も安置される岐阜市「乙津寺(鏡島弘法)」

岐阜県岐阜市の乙津寺(おっしんじ)。通称「鏡島弘法(かがしまこうぼう)」や「鏡島の弘法さん」や「梅寺」と呼ばれている。毎月21日は、弘法大師のご縁日「…

2019/7/17

プロフィール

17

達人に質問をする

仏像イラストレーター&文筆家

丸の内はんにゃ会(女子の仏教サークル)代表、奈良市観光大使。

子供の頃、仏像好きの叔父に連れられ奈良や京都の仏像を見て歩く。

大人になりひさしぶりに京都の三十三間堂に行き、突然仏像へ恋に落ちる。
以来、全国の仏像に会いに行くようになる。

そして、仏像本や仏像講演やカルチャーセンターの講師をするようになる。

著書には
「仏像、大好き!」(小学館)
「拝んでしあわせ奈良の仏像100」(西日本出版社、「田中ひろみの勝手に仏像ランキング」(メディアイランド)
「クイズで入門 日本の仏像」(講談社+α文庫)、「美しき仏像」(ぶんか社)
「ふらりおへんろ旅」(西日本出版社)
「江戸東京再発見 ぶらりスケッチ散歩」
など35冊。

ピックアップ

  • 中日ボイス『五輪延期に賛成反対?』
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集