一旦手放してみると、いただけるものがある 2016/3/27

ようこそおたずねくださいました。おおきに。さて、この3月はお別れのシーズンでもあります。引越しの光景もよくみられます。引越しの度に「いつのまにか貯まっている荷物」にびっくりすることもありますね。

さて、部屋をすっきりさせるコツは「捨てる」ということだと聞きます。過去の思い出の物など捨てられないから、どんどんたまってくるのもわかりますね。人間の心にも「捨てられない」ものが沢山あります。

地位、名誉、実績、プライド、過去 失恋、恋愛、怒り 喜び、幸せ……。これらのものは、一度手に入れたものです。何が何でも手放したくないのです。

京都にあるお寺のご住職と子どものお話しです。ご住職は、金平糖の入った瓶を持っていました。子どもたちは毎日その金平糖を目当てにやって来ます。

ある時、お坊さんが言いました。「手に持てる分だけ、金平糖をあげるよ」。子どもは瓶に手を入れ、できるだけたくさん掴もうとしますが、瓶の口が狭くて手が抜けません。手を緩めればいいのですが、それではせっかく掴んだ金平糖がこぼれてしまいます。子どもたちは「沢山取りたいのにもらえないよ」と泣きます。それを見てご住職は言いました。

「瓶から手を抜いて、両手の手のひらを上にしてごらん」。

子どもたちは言われるまま手のひらを空に向けました。ご住職は瓶を逆さにして、両手いっぱいに金平糖をのせてくれたのです。

掴もうとすると片手のみのほんの少ししか金平糖はいただけません。その時の手は掴もうとする下向きです。手の力を緩め、両手を反対に空にむけると、上から金平糖がおちてきました。

何が何でも自分のものだと思って全てを掴もうとすると手に入らないけれど、一旦手放してみると、いただけるものがある−−それを教えてくれる説話です。
 
あながた今、何かに息づまりを感じていたとしたら、一つあなたが離せないものを捨てませんか?

●断る勇気
私は講演やテレビ・ラジオの出演を依頼されることがあります。今までの私は「断らずに」出演していました。なぜなら断ることで、次ぎに依頼がなくなるという不安があったのです。しかし、今は「身体のコンディションを考えて」お断りさせていただいています。すると、気持ちがすごく楽になりました。

また同時に断ることで、不思議とまた違うところからお声掛けをいただくのです。「渡したくない」「失いたくない」という執着を捨てると、自然と新しいものが入ってくるものなんだなと感じました。

●妙慶流「心がスッキリする」コツ
☆入浴や洗顔する時、一緒に嫌な事、悔しいもの、忘れられない事も一緒に洗い流していく
すると「スキッと」しますよ。

☆紙に書き出してみる
自分にとって大切なものを紙に書き出すことで客観視し、優先順位を付けてみる。

☆心にたまった捨てられないものは何?
バッグの中身と一緒で、心にも執着が一杯たまっています。今、私にとって本当に必要なのは三分の一ほど。出してみて、本当に必要かどうか考えてみる。

☆大きな声で泣いてみる
「涙」という字は、泣いて自分を取り戻すと書く。怒りなどを溜め込まず、涙とともに追い出す。

☆自分から折れてみる
相手に譲る(我を柔らかく)することで、人間関係を円滑にするきっかけを作る。

☆腹がたったらスポンジを触る
スポンジは柔らかく曲がり、吸収し、色んなものを吸収します。またどんなことがあっても必ず元の形(元の自分)に戻るしなやかさがあります。これが石だと自ら曲げません。お茶碗を洗いながら 車を洗車しながら、柔らかく 柔らかくといい聞かせましょう。

柔らかさの中に強さがあるのです。
柔らかさはからなず やり直せる バネがあるのです。

今の状況をバネにしていきましょう。
必ず あなたは 私というものに 成れる!
それが成功という言葉なのですよ!

●お知らせ
心の栄養足りていますか?

4月2日(土曜)朝8時より「KBS京都 ラジオ」で、妙慶の「心が笑顔になるラジオ」がはじまります。

また皆様からのメールお待ちしています。
egao@kbs.kyoto
フェイスブック ツイッターもあります。
1143KHZ

PR情報

記事一覧

人が「キレる」理由ってなんでしょうか

毎日、暑いですね。夏バテしていませんか? 暑いとつい短気になってしまいますね。 私もつい「イラっ」としたことがありました。 暑さの中、さらにお腹がすい…

2019/8/3

誰かの言葉に傷ついたら

いよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、私たちは人間関係の中で生きています。その関係性がもっとも左右される…

2019/7/4

ストレスと上手に付き合う

●ストレスが溜まる

2019/6/8

高額な参加費のセミナーには気をつけよう

すっかり新緑の頃となりました。また時代も平成から「令和」に変わろうとしています。皆さんようこそおたずねくださいました。 さて、読者さまから相談をいただ…

2019/4/29

自信がもてる生き方

待ちに待った春ですね。あちらこちらで桜の開花が楽しめます。 この「待ってました」という感動はどうして沸き起こるのでしょうか。 それは長い冬に耐えてき…

2019/3/30

誰に頼って 生きているの?

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? いよいよ待ちに待った春ですね! とはいっても花粉症の季節でもあります。 くれぐれ…

2019/2/24

理不尽な目に遭ったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 あらためまして、本年もよろしくお願いします。 インフルエンザが流行っていますね。くれぐれも気をつ…

2019/1/30

今年 一年のお礼

●私を生きよう! 僧侶の川村妙慶です。こうしてたずねていただき、ありがとうございます。 2018年から2019年へと移り変わる瞬間です。 皆さんにとっ…

2018/12/31

やる気はあるのに発揮できない

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋から冬を迎える季節ですね。 寒暖差もあります。皆さんお元気ですか? 今ではハイキングを楽しまれる…

2018/11/21

急に寂しくなったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋ですね。 さて読者のさとりっちさまよりこんなメールをいただきました。 ---------------------------…

2018/10/23

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
34 ℃/26 ℃
東京
曇り
32 ℃/25 ℃
大阪
曇り時々晴れ
34 ℃/27 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集