JR東海の車両がすべて自社発注車に 2016/4/1

3月26日のダイヤ改正で消滅した国鉄形キハ40系

JR東海は、1987年4月1日に国鉄が分割民営化されたことでできた会社ということは、よく知られていますよね。

その発足当時は、車両も線路も駅もすべてが国鉄から引き継いだものでした。それから29年を経て、JR各社は独自色を発揮しつつ、老朽化した車両を自社発注の新車に切り換えてきました。

JR東海も、当初は国鉄から引き継いだ381系特急形振り子車両を改造してパノラマ車にしたり、国鉄時代に設計された211系や213系を自社向きにアレンジして発注していました。しかし、その後は自社オリジナルの車両へと順次移行していきました。

そして、この3月26日のダイヤ改正で、基本的に国鉄から引き継いだ車両がなくなり、JR東海になってから自社発注した車両だけとなりました。最後まで残った国鉄車両は上の写真にあるキハ40系で、国鉄時代に大量に造られた地方線区用の普通用ディーゼルカーでした。

ところで、“基本的に”と記したのは、国鉄の最晩年となる1986年11月に211系0番台2編成8両を新製していて、その車両はいまも現役だからです。導入時期から予想できるとおり、JR東海としての運用を前提に新製された8両です。

それも、多数が在籍している211系5000番台とパッと見では違いがわかりにくいので、JR東海車に統一したといっても大きく問題はないでしょう。

JR東海のオリジナル車キハ11形0番台も全廃に

自社発注車ばかりとなったJR東海ですが、その初期に新製した普通用ディーゼルカーキハ11形0番台が全廃となりました。

1989年はじめに「(ワイドビュー)ひだ」用のキハ85系とともに、JR東海初のオリジナル車両として登場したものの、キハ11形0番台はそのときに新製された33両だけで、その後に増備されることはありませんでした。

高山本線・太多線・紀勢線・参宮線・名松線の主力車両でしたが、トイレが無いことから運用に制約があったのです。さらに、キハ85系は軽量ステンレス車体としたのに対して、同時に登場したキハ11形0番台は鋼製車体でした。その後の在来線増備車がこぞって軽量ステンレス車体、新幹線はアルミニウム合金製車体となったことから、鋼製車体はキハ11形0番台とキハ40系だけとなっていました。この両形式が一気に淘汰されたことで、JR東海には鋼製車体の車両が在籍しなくなったのです。

なお、廃車となったキハ40系とキハ11形はミャンマーに輸出されて、第二の人生を送ることになります。ただし、キハ11形123と、東海交通事業城北線のキハ11形201〜204の5両は、茨城県のひたちなか海浜鉄道に譲渡され、同線で活躍をはじめています。

月刊「鉄道ファン」5月号にJR東海の車両変遷を掲載

3月26日のダイヤ改正は、このようにJR東海の車両にとって一区切りとなるものでした。
その29年間にわたる変遷が、3月に発売となった月刊「鉄道ファン」2016年5月号の巻頭特集となっています。タイトルは、

JR東海 国鉄形 から全車 JR形 へ

巻頭の9〜57ページの49ページにもわたる特集記事です。豊富な写真とともに車種別の変遷が記されていて、最後に3ページにわたる年表、それに29年間の車両変遷一覧表が掲載されています。

この本文・年表・車両変遷一覧表は筆者がまとめたものですので、ぜひ手にとってご覧下さい。資料性の高いものとなっていることをご理解いただけると思います。

なお、この特集に続く58〜67ページの10ページは、リニア・鉄道館5周年の記事です。こちらも筆者が記しましたが、やはり資料性の高いものとしています。併せて、お手元で適宜ご参照いただければ幸いです。

PR情報

記事一覧

明治村に蒸気機関車の女性運転士が誕生

明治村には、明治時代に動いていた乗り物として、旧京都市電の通称“N電”とともに蒸気機関車(SL)が走っています。いずれも明治時代に新製された本物なのは、明…

2019/2/9

鉄道“超”基礎知識(12) 鉄道ってなに?

★鉄道って何でしょう? いきなりの初歩的な質問で驚かれた方、ごめんなさい。でも、改めて鉄道と言われて、正確に答えられる方は意外に少ないものと思います。…

2019/1/29

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[3/3]

★田口線ゆかりの保存車モハ14とその車内 田口線ゆかりの車両として、田口の町中にある奥三河郷土館にモハ14が静態保存されています。写真のとおり屋根がかけら…

2019/1/17

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[2/3]

★廃線跡は橋りょう跡と隧道跡がポイント 上の写真は、豊川の上流にある寒狭川にかかる県道389号線の橋を写したものです。 並行する橋で何やら見ているのは、ご…

2019/1/14

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線

★廃線跡探訪の連載をはじめます 明けましておめでとうございます。 本年は新たな企画として、東海地方を中心とした廃線跡を毎月一線区程度順次紹介していこう…

2019/1/10

忍者高速船が中部国際空港〜津に登場!

中部国際空港から忍者発祥の地として知られる伊賀への最短ルートは、津エアポートラインの高速船を利用するコースとなります。 その高速船にこのほど忍者が潜…

2018/12/27

日本一のトレインビュー・ホテルでフォトセミナーを開催

昨年5月16日に「名古屋の鉄道を一望にできるトレインビューホテル」と題して、名古屋駅南のささしまライブにオープンした、名古屋プリンスホテル スカイタワー…

2018/12/21

鉄道“超”基礎知識(11) 曲線標

前回、速度制限標識について記しました。 この速度制限の多くは、カーブによるものです。カーブが急であればあるほど速度を落とさなければ曲がりきれないのは…

2018/12/6

鉄道“超”基礎知識(10) 速度制限標識

上の写真は、JR西日本の山口線湯田温泉の構内端付近で撮影したもので、列車の左側に建っている「55」という標識が今回のテーマです。速度制限標識といって、…

2018/11/23

「ささしまライブ」で鉄道イベント第2弾を開催中!!

今年2月4日に「ささしまライブ」の中京テレビ放送の本社で開催された「チュウキョ〜くんの鉄道フェスタ」については、当コラム昨年12月28日分で予告し、本年2月…

2018/11/3

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
13 ℃/5 ℃
東京
晴れ
14 ℃/6 ℃
大阪
晴れ
13 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集