10時間57分もの旧形客車の旅が大盛況! 2016/5/8

去る4月23日(土)に運転された所要約11時間の旧形客車の旅

大井川鐵道は今年3月31日に、なんとも挑発的なタイトルのリリース文を出しました。そのタイトルは、

あなたは全行程を乗りきれるか?

ではじまります。なんのことだろうと思ったら、

電気機関車牽引・長距離鈍行列車ツアー!!
総乗車距離『223.2km』
総乗車時間『10時間57分』の旅に出よう


だそうです。使用するのは、大井川鐵道がいつもSL急行「かわね路号」に使用している旧形客車です。旧形客車というのは、ブルートレインなど新系列の客車ができる以前に造られた客車のことです。

かつて、蒸気機関車に牽引される客車といえば、茶色か青色の旧形客車が基本でした。いまや、そんな旧形客車に乗れるのは、ここ大井川鐵道のSL急行か、JR東日本の「SLレトロみなかみ」など、それに津軽鉄道のストーブ列車くらいとなっています。

そんな貴重な旧形客車に、延々11時間弱も乗り続けるというのですから、乗るのがよほど好きでなければ、冗談じゃない! と思いますよね。

でも、蓋を開けてみると、なんと募集人員80名に対して3倍以上の申込みがあったそうです。そのため、参加者は抽選で決めることになったとのこと。どこがそれほど魅力なのでしょうか、その点を探ってみました。

途中の駅でホームに降りたりする、あわてないのんびり旅

今回走る大井川鐵道の新金谷〜千頭間は、37.2kmしかありません。所要時間も普通列車で1時間強です。どうやって223.2km、10時間57分も? と思ったら、この区間を一日に3往復もするのでした。37.2km×3往復=223.2kmですから、計算が合います。

さらに、急がない旅なので、途中駅でのんびり停車しては対向列車を待ちます。折り返しとなる新金谷駅や千頭駅では、折り返し時間をしっかりととって、駅前を歩いたり飲食物を調達したりします。

まさに、リリース文のタイトルのとおり「長距離鈍行列車ツアー」なわけです。その時刻は次の通りでした。

1往復目 新金谷09:48→11:14千頭11:55→13:18新金谷
2往復目 新金谷13:39→15:17千頭15:38→17:00新金谷
3往復目 新金谷17:30→18:51千頭19:27→20:45新金谷


1往復目の新金谷9:48発から、3往復目の20:45着まで、所要10時間57分というわけですね。3往復目の後半は、日が暮れて夜行列車になります。旧形客車の夜行列車は、いまやここ大井川鐵道で年に何度かしか味わえない貴重なものです。

沿線は、ちょうど茶畑の新緑がきれいで、あたりの里山と大井川は山紫水明を地でいくような光景を見せてくれます。筆者はこれまでに四季折々の大井川鐵道に行っていますが、その中でももっとも沿線風景が好きな季節です。それだけに、どの座席も窓を開けています。気持ちよい風を受けての汽車旅は、さぞ快適なことでしょう。

沿線では、たぬきさんもお見送り…神尾駅にて

ところで、旧形客車はボックスシートと呼ばれる4人向かい合わせの座席です。1両の定員は車種によって違いますが、概ね80名です。

今回、電気機関車が客車4両を牽引していますが、そのうちの1両は荷物車も兼ねた合造車と呼ばれるタイプで、客室は全長のおおよそ半分です。とすると、座席定員は約280名になるわけですが、募集人員は前述のとおり80名です。

つまり、座席定員よりかなり少ない人数での乗車ですから、4人掛けボックスシートに2名程度の乗客で、車内はゆったりしています。

のんびり景色を楽しみ、飲んだり食べたりしながら、駅で停まったらホームを散歩…と、まる一日の汽車旅を満喫できるわけです。

片道運賃1,720円のところを3往復して、参加費は12,000円です。運賃からすると割高に感じますが、約11時間ものあいだ空気も景色も良いところでのんびりゆったりできるとあれば、決して高くはないでしょう。実際、そのように思って、募集定員の3倍を超える人たちが申し込んだものと思います。

山中にある神尾駅では、ホームのたぬきさんも羨ましそうに通過する客車列車を見送っていました。筆者も、たぬきとともに、羨ましく見送っていました。この人気をうけて、このツアーが今後も繰り返し企画されることを期待したいところです。

PR情報

記事一覧

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [3/3]

美濃町線廃線跡探訪の初回に記しましたが、美濃町線の新関〜美濃間は四半世紀前となる1999年4月1日に廃止されました。この区間は長良川鉄道と並走しているため…

2019/3/14

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線 [2/3]

駅舎と構内が保存されている旧美濃駅からは、廃線跡を利用した二車線のきれいな道ができています。この道を500メートル強歩くと、美濃市立美濃中学校の校庭が終…

2019/3/7

廃線跡探訪(2) 名鉄美濃町線

廃線跡探訪の2回目は、岐阜県の美濃市と岐阜市を結んでいた美濃町線を取り上げます。 愛知万博がはじまった直後となる2005年4月1日に、岐阜の中心に位置する徹…

2019/2/26

『鉄道講座』を4月から栄中日文化センターで開講します

■講座の講師は筆者が担当 当コラムの連載をまとめた書「東海鉄道散歩」を昨夏に上梓したことは、昨年7月20日公開の当コラムでお知らせしたとおりです。 同書が…

2019/2/21

明治村に蒸気機関車の女性運転士が誕生

明治村には、明治時代に動いていた乗り物として、旧京都市電の通称“N電”とともに蒸気機関車(SL)が走っています。いずれも明治時代に新製された本物なのは、明…

2019/2/9

鉄道“超”基礎知識(12) 鉄道ってなに?

★鉄道って何でしょう? いきなりの初歩的な質問で驚かれた方、ごめんなさい。でも、改めて鉄道と言われて、正確に答えられる方は意外に少ないものと思います。…

2019/1/29

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[3/3]

★田口線ゆかりの保存車モハ14とその車内 田口線ゆかりの車両として、田口の町中にある奥三河郷土館にモハ14が静態保存されています。写真のとおり屋根がかけら…

2019/1/17

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[2/3]

★廃線跡は橋りょう跡と隧道跡がポイント 上の写真は、豊川の上流にある寒狭川にかかる県道389号線の橋を写したものです。 並行する橋で何やら見ているのは、ご…

2019/1/14

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線

★廃線跡探訪の連載をはじめます 明けましておめでとうございます。 本年は新たな企画として、東海地方を中心とした廃線跡を毎月一線区程度順次紹介していこう…

2019/1/10

忍者高速船が中部国際空港〜津に登場!

中部国際空港から忍者発祥の地として知られる伊賀への最短ルートは、津エアポートラインの高速船を利用するコースとなります。 その高速船にこのほど忍者が潜…

2018/12/27

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
20 ℃/6 ℃
東京
晴れ
21 ℃/8 ℃
大阪
晴れ
19 ℃/6 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集