三河大浜へ初陣を飾ったうつけもの信長、父信秀の家督を継ぐ 2012/11/3

那古野城で育った信長ですが、1547年満13歳の時にいよいよ初陣を飾ります。信長の伝記信長公記には、駿河勢(今川方)の軍が入った吉良大浜へ向かい、手勢(一説には800名ほど)を指揮してあちこちに火を放ち、その日は野営して、翌日那古野へ帰ったと書かれています。

その大浜は名鉄三河線の終点碧南駅のあたりです。大浜は当時、三河の伊勢湾への玄関口となる貿易港で、今も大浜港があります。碧南市音羽町1−48に宝珠寺というお寺がありますが、ここは大浜羽城という砦の敷地に建てられたといわれており、信長はここを攻めたようです。

大浜は境川の東側で、三河の地ですが、この頃、信長の父信秀は安城あたりまでを勢力下に置いていましたから、信長軍は大浜近くまで無事に進めたわけです。ただしこの大浜や西尾あたりは今川の勢力下だったようです。

大浜羽城跡と言われる宝珠寺

初陣では特に大きな戦闘はなく、手柄も立ててはいないようですが、13歳の少年が軍を率いて40キロ以上の距離を進んだのですから、それだけでたいしたものでは。もちろんこの頃は平手政秀らの家老衆が信長を支えていました。

そこで、那古野城(名古屋城)を起点に高速道路を使わずに大浜までクルマを走らせてみると、信長の気分が味わえるでしょう。まず熱田神宮にお参りし、国道1号線から大府、刈谷、高浜と通過していくのが当時の信長の進軍ルートに近いと思われます。

こうして真に大人の仲間入りをした信長ですが、このあと第3回で書いたような「うつけ」の日々を過ごします。私が書いた「信長公機で追う桶狭間への道」という本にうつけ姿の信長のイラストを載せましたので、ここでご紹介しておきます。

うつけ姿の信長

そんな信長が満18歳になった時、偉大な父信秀が病気で亡くなります(死亡時期は諸説あり)。当時の年齢としては信長も立派な大人ですが、父の葬儀にも信長は上記のイラストのような格好で現れ、かしこまって並ぶ家臣や、折り目正しい服装をした弟たちの前で、抹香をくわっとつかんで仏前に投げかけ帰ってしまいました。その場の人々は「あれが例の大うつけよ」とあきれたようです。

この有名なエピソードの場所は万松寺(中区大須3−29−12)というお寺です。現在は大須商店街の中にありますが、ここへは1610年の清洲越しに伴って中区丸の内二丁目あたりから移転しました。それ以前、信長の時代の万松寺はお城のそばにあり、外堀通りのあたりから桜通りの南あたりまでの広大な境内でした。その境内の南端にあったのが現在も桜通沿いにある桜天神社(中区錦2−4−6)ですから、そこまで行くと当時の万松寺の広さがわかるでしょう。

万松寺のからくり

万松寺は信秀が自ら菩提寺として開いた寺で1540年の建立。大須の万松寺には信秀の供養塔があります。またうつけ姿の信長が出てくる見事な「からくり」もあるのでぜひ見ておきたいところ。

万松寺には、人質になっていた時代の幼い徳川家康が預けられていたという逸話も残っています。また桜天神社の方は、やはり信秀が1538年に万松寺の鎮守として建立したもの。上野天満宮、山田天満宮とともに名古屋三大天満宮のひとつです。

★信長ドライブにオススメのクルマD

シトロエン DS5 シック

クーペのような、ワゴンのような分類しにくいフォルムで、外観も、内装も、フランス車らしくとにかく凝りまくったデザインが施されています。乗心地はゆったりしているものの、走りはかなり元気。「既存のジャンルにとらわれない新しいプレミアムカー」です。

1.6リッター直4ターボ・6AT・400万円

PR情報

記事一覧

はっきりしていることはただ一つ。史実に忠実な木造天守を作ったら観光客は入れません

名古屋城木造復元問題ですが、先日、2020年1月25日に行ってきたのが「名古屋城木造天守復元事業は一体どうなるの?〜名古屋城木造復元事業とバリアフリーの行方…

2020/1/30

『麒麟がくる』を観るなら、明智光秀ゆかりの「美濃源氏土岐一族」を知ろう

今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀のお話。光秀は私の研究範囲の人ではないので詳しくはないのですが、やはり謎が多く、若い頃どこでどうしてい…

2020/1/9

石垣部会と歴史的和解!? 名古屋城天守閣木造復元市民向け説明会がありました

例年、1月の終わり頃に開催されていた説明会が今年はなぜか11月の終わりから始まりました。木造復元に関しては揉めまくっているにも関わらず、あまり情報が市民…

2019/12/4

信長は初陣でなぜ三河の大浜を攻めたのか、その背景を考えてみます

先回、有名な平手政秀自死(1553年)の謎をいろいろ考えてみましたが、父信秀の家老的存在で信長の育ての親ともいえる平手政秀は、半世紀に渡る尾張と駿河…

2019/11/20

信長の育ての親、平手政秀の切腹は、今川との和平を促すためか!?

私は、鳴海中日文化センターで「若き信長150名所スタンプラリー」という講座を開催しています。今回もその講座でのお話をご紹介しましょう。 講座情報:「若き…

2019/10/19

熱田に残った信秀・信長の痕跡ツアー(若き信長150名所スタンプラリーです)

私は、鳴海中日文化センターで「若き信長150名所スタンプラリー」という講座を開催しています。 鳴海中日文化センター若き信長150名所スタンプラリー この講…

2019/9/24

450年以上謎だった桶狭間の戦い、その新説がいよいよ雑誌「歴史群像」で取り上げられました

昨年2月にこの連載でも書きました桶狭間の戦いに関する新説ですが、私の会社で刊行した「現代語訳・信長公記 天理本 首巻」の中で紹介しただけですので、あれ以…

2019/9/6

夏休みは大人も子供も、小牧山城史跡情報館「れきしるこまき」へ

子どもたちの夏休み、どこか連れて行くところを考えているのでしたら、良いところをご紹介しましょう。それが愛知県小牧市の小牧山城史跡情報館「れきしるこま…

2019/7/31

信長ゆかりの名刀「あざ丸」と「蜘蛛切丸」が熱田神宮宝物館で同時展示

さて、今回は桶狭間合戦の外伝的なお話を。永禄3年5月19日(ユリウス暦1560年6月12日)にあった桶狭間合戦の当日昼頃、信長が善照寺砦まで来たのを見て、漆山か…

2019/7/16

桶狭間古戦場に常設の観光案内所が正式オープンしました

名古屋市緑区桶狭間。ここはご承知のように桶狭間の戦いの古戦場として有名な場所です。信長と義元の銅像が立つ桶狭間古戦場公園には、全国から多くの歴史ファ…

2019/6/21

プロフィール

15

達人に質問をする

歴史ライター

名古屋市守山区出身。地元出版社で自動車雑誌、タウン雑誌などの編集者を経て、編集・web制作の株式会社デイズを創業し、現在は代表取締役会長。

長く自動車ライターとして活動してきたが、2012年に信長ゆかりの地をめぐるガイド本「信長公記で追う桶狭間への道」を出版し、以降は歴史ライターを中心に活動。2018年に「信長公記・天理本」の首巻部分を現代語訳(かぎや散人氏・訳)で出版し、2019年には「桶狭間の戦い」の新解釈(新説)を歴史雑誌で発表した。座学と現地歩きの講座「若き信長150名所スタンプラリー」を鳴海中日文化センターで開講中。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
11 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
17 ℃/--
大阪
曇り
10 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集