太陽のパワーを採り入れる(パワースポットの気をいただく〜その4〜) 2012/11/5

今回は、地球上のあらゆる命を育む太陽のパワーを採り入れる技をお伝えします。その前に、天照大神についての逸話を一つ。

【太陽を神と崇める日本人の心】

天照大神(あまてらすおおみかみ)は、神話の中で、最高の太陽神とされ、伊勢神宮内宮をはじめ、各地の神社にお祀りされています。伊弉諾(いざなぎ)と伊弉冉(いざなみ)の二神を親とし、月読命(つきよみのみこと)と須佐之男命(すさのおのみこと)の姉神にあたります。

古事記や日本書紀の中の神話の詳細はともかく、天照大神にまつわる天の岩戸(あまのいわと)の話は、余りにも有名です。そこで、少し面白い話をご紹介しておきましょう。

【面白いという言葉】

弟の須佐之男命の悪行に怒った天照大御神が、天の岩戸に隠れたときに、天宇受売命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前で舞を舞いました。その舞は、トランス状態になり、乳房や陰部をも露わにした、ほぼ全裸に近いものだったそうですが、それを観ていた八百萬の神々は、拍手喝采で笑い転げました。

その騒ぎを不可解に感じた天照大御神が、そっと開けた天の岩戸を、大力の手力雄神(たぢからおのかみ)がこじ開け、天照大御神の手を取って引き出します。その瞬間、輝く光が、八百萬の神々の顔を照らします。

天照大御神の光に照らされた神々の顔は、真っ白に見えました。白く輝く神々の顔は、笑い転げた後の、満面の笑みだったろうと思います。太陽に照らされた顔(面)は、明るく白く輝き、満面の笑顔だったのです。

もうおわかりだと思いますが、これが「面白い」の語源だという説があるんですよ。ですから、太陽のパワーをいただく時は、顔を「面白く」し、笑顔で行なって下さいね。

【太陽のパワーを採り入れる】

(1)日の出から斜め45度くらいまでに昇った朝の太陽のパワーを採り入れるのが良いと思います。両手を斜め下に降ろし、掌を前に向け、太陽に向かって立ち、やわらかく微笑み、眉間から額で太陽の光を感じましょう。

(2)額から頭の奥に光を吸い入れ、額から吐き出すような感じで、しばらく呼吸をした後、額から頭の奥に光を吸い入れる時に、両手で太陽の光をすくい集めるような感じで、掌を額に近づけましょう。

(3)両掌を下に向け、頭の中に吸い入れた光を鼻の奥、口の奥、首の中と降ろすようにしてから、両手を下腹の前まで降ろしながら、光を丹田に吐き降ろしましょう。

(4)(2)から(3)を10〜15回ほど繰り返し、丹田の中が温かくなったら、両手を下腹に当て、丹田の気を充実させて終わりましょう。

前段にも書きましたが、眉間を広げ、顔を「面白く」して、太陽のパワーをいただいて下さいね。

※次回は、天の気(大空のパワー)を採り入れる技についてお話させて頂きますね。

PR情報

記事一覧

幸福追求と気功・2〜ふぁんそん気功講話・まとめ

●気功を通して何のために生きるのかを確かめる 約45億年前に誕生したという地球。 その中で生命が生まれ、進化(退化)しながら人類が誕生したのが700万年前…

2020/3/31

一日一練・365日 No.6

【一日一練・26】 ●練習内容 左右の眼の周りのツボ(部位)を指圧しましょう! 〔方法〕 *指圧やマッサージの決まりはありませんが、左右の眼の周りのツボ(…

2020/3/30

一日一練・365日 No.5

【一日一練・21】 ●練習内容 気のボールを用いて、腕の中で気が動く感覚を体感しよう! 〔方法〕 (1)気のボールを作りましょう。 *「一日一練・9」を参照…

2020/3/23

一日一練・365日 No.4

【一日一練・16】 ●練習内容 関元と命門に手を当てて丹田感覚を体感しましょう! 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせまし…

2020/3/16

一日一練・365日 No.3

【一日一練・11】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねておへそに当てる。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせましょう。 (2…

2020/3/11

一日一練・365日 No.2

【一日一練・6】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねて天突に当てましょう。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10回ほど擦り合わせましょう。 (…

2020/3/9

一日一練・365日

●はじめに あなたの心身の健康を回復、維持、増進させ、より豊かな人生を歩んでいくために、和気信一郎が推奨する気功を一日5分だけ練習して下さい。 長い一…

2020/3/2

幸福追求と気功・1〜ふぁんそん気功講話・15

私たちは幸福になるために生まれてきているのですから、誰もが平等に人として尊ばれ、幸福になる権利を持っています。 その為に人は貧困と差別と暴力から解放…

2020/2/10

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

プロフィール

16

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集