びっくりする薬の話A 薬害を引き起こした薬が今は特効薬 2016/8/20

多発性骨髄腫という血液のガンがあります。今から半世紀ほど前では、多発性骨髄腫を発症すると5年後の生存率は10%程度でした。その後、治療方法が進歩し、現在では65歳未満の患者の場合、5年後の生存率が50%以上まで改善していると報告されています(J Clin Oncol. 28:830-4, 2010)。

その治療に大きく貢献しているのが、商品名でサレド、レブラミド、ポマリストという医薬品です。サレドは、1960年代初めに日本中を震撼させた薬害のサリドマイド事件を引き起こした原因薬物のサリドマイドと同じ薬であり、レブラミド、ポマリストはサリドマイドと同じ種類の医薬品です。

薬害を引き起こしたサリドマイドは、わが国では「安全な」睡眠薬として1958年に販売が開始され、その後「妊婦のつわりを緩和し安眠を約束する」という目的で妊婦に愛用されるようになりました。

1961年に西ドイツのレンツ博士が「サリドマイドの副作用で奇形児が生まれる可能性がある」と報告し、1962年にサリドマイドが販売中止になりました。サリドマイドを服用したお母さんから生まれた奇形児は、わが国では約900人とされています。これが薬害のサリドマイド事件です。

サリドマイドは、睡眠を目的に使用する場合には、とても恐ろしい毒となりますが、多発性骨髄腫という病気に使用する場合には、多くの患者さんを延命させることができる貴重な薬です。

薬剤師は薬の説明をする際に、「クスリ」は逆から読むと「リスク」であるから、正しく使用しないと危険であると説明することがあります。薬局で購入する大衆薬には、薬を安全に使用するための説明文書が同封されています。病院や薬局で出される処方薬にも説明文書が付いています。それらをよく読んで正しく使用しましょう。

もちろん、多発性骨髄腫に使用するサレド、レブラミド、ポマリストには、極めて重要な使用上の注意があり、「妊婦には使用しないこと」、「授乳中は使用しないこと」、「女性患者、男性患者ともに使用中は確実に避妊すること」など薬害を再発させないための対策がとられています。

杉山 正 博士(薬学) 岐阜薬科大学実践社会薬学研究室教授

岐阜薬科大学薬学部卒業。1982年から25年間、岐阜大学医学部附属病院薬剤部へ勤務した後に、2007年4月に現職である岐阜薬科大学実践社会薬学研究室の教授に着任しました。2015年1月からは京都府立医科大学在宅チーム医療推進学講座の特任教授を併任しています。

研究室には、多くの病院薬剤師、薬局薬剤師が大学院博士課程の学生あるいは研究生として在籍しており、医療現場で直面している課題を解決するための研究を行っています。最近は、在宅医療を推進するための研究ならびに地域薬剤師の生涯研修にも取り組んでいます。

本ブログでは、びっくりするお薬の話を紹介したいと思います。

PR情報

記事一覧

クスリにまつわるお金のはなし 〜製薬会社のお弁当〜

日本の国民医療費は、最近では年間42兆円、一人当たり33万円を超えています。これらの費用のほとんどは、私たちが毎月収めている健康保険料や税金、患者自己負…

2019/8/30

スポーツと薬のはなし〜防ごう!うっかりドーピング〜

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年。楽しみにしている人も多いと思います。東京での開催は56年ぶり2回目です。しかし、いまから79年前、実は幻の東…

2019/8/21

登山を健康に楽しむために注意すること

明日8月11日は「山の日」です。山の日は2016年に新設された新しい祝日で、祝日法という法律では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」と定義されてい…

2019/8/10

“美と健康”の好循環による健康長寿の実現

前回、実際の年齢より若く見える要因のお話と、風が吹いたら桶屋が儲かる的なお話ですが、見かけ年齢が若く見えと、人や社会との接点の増加する ⇒ ライフスタイ…

2019/7/30

実際の年齢より若く見える要因と健康との関係

前回、デンマークでの双子の追跡研究結果から、見かけ年齢(第3者が双子を見た目で判定した年齢)の若い方が統計学的に長生きした、すなわち同年齢でも若く見え…

2019/7/20

健康長寿と見かけ年齢

最近の研究によると、ヒトの限界寿命(生物学的に決められている上限の寿命)は125歳で、その歳まで生きられる確率は1万分の1といいます。日本人の平均寿…

2019/7/10

高薬価:その背景は?

一般に医療用医薬品の開発・販売は、営利目的の製薬企業が担っており、自動車や家電、食品などと同様に研究開発を行い、原材料を加工製造して、一定の利益を含…

2019/6/30

高薬価:高額療養費制度でカバーされるというけれど

我が国に現在の形となる市町村運営方式による国民皆保険制度が導入されたのは、1958年の国民健康保険法改正後であり、1961年にその体制が整えられました。そし…

2019/6/20

1回治療3000万円超の医薬品(高薬価)

近年、超高額薬価と言われる医療用医薬品(医療機関で処方してもらう医薬品)が登場するようになり、各種メディアを賑わしており、皆さんもご存知のことでしょ…

2019/6/10

水道水の話B 〜新たな浄水法:膜ろ過方式〜

前回(水道水の話@、A)までは、水道水が主に「砂ろ過」で浄化され、またその後の「塩素消毒」が飲み水を媒介する感染症の防止に重要であることをお話ししてき…

2019/5/30

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
28 ℃/21 ℃
東京
曇りのち雨
24 ℃/19 ℃
大阪
曇りのち一時雨
30 ℃/23 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集