冬の風物詩「冬越しキムチ漬け」/「激音」と「濃音」のまとめ 2012/11/16

韓国の気候は春秋が短く、夏には蒸し暑い日が続きます。日本より寒暖の差が大きく、12月から2月にかけては、ソウルでも気温が−15°Cを下回ることもある寒さの厳しい国です。

白菜や大根は冷涼な気候を好みますが、急に寒波が訪れると冷害を受けるので、韓国では11月に収穫します。野菜の採れない厳冬期に備えて、11月に入ると、大量のキムチをまとめて漬け込む習慣があります。これを「キムジャン김장」と言います。

桜前線は温暖な地域から北上しますが、キムジャン前線(キムジャンの適期)は、寒冷な地域を皮切りに南下していきます。

「最高気温9°C、最低気温−1°C」だった昨日、田舎の「アジュンマ아줌마(おばさん)」が「キムジャン」を行いました。薬味となるニンニクやネギを刻んだり、大根やセリなど野菜を切ったり、ゴム手袋をしていても手が凍りつきそうな水で白菜を洗ったり……下ごしらえだけでも一日がかりで、白菜に具を挟み込む作業は翌日です。

白菜120株 ? ? 具の量も半端じゃない ! !

主婦の年中行事の中で一番の大仕事とも言われる「キムジャン」。全身が痛くなりますが、家族、親戚、近所の主婦が集まり、おしゃべりしながら行われるのも「キムジャン」ならではの光景です。

2日がかりで漬けられた「キムチ김치」は、ソウルに住んでいる息子や娘にも配られます。都心部のマンション暮らしの娘は「キムチ専用冷蔵庫」に保存して食べます。

韓国各地で見られるこのような「初冬の風物詩」も、時代とともに少しずつ失われつつあります。ハウス栽培や品種改良などにより、白菜や大根が季節問わず手に入るようになり、「キムジャン」をしない家庭が増えています。

核家族化や子供たちのキムチ離れが進み、「キムジャン」は年々縮小傾向。また、キムチの商品化により、市販のキムチを購入する主婦も増えていますし、若い世代ではキムチの作り方を知らない人も多いです。

とは言え、まだまだ一日三食キムチの欠かせない韓国の食卓。幼い頃から舌で覚えてきた、「オモニ어머니(お母さん)の味」への郷愁。家族の健康のためにより安全なキムチを提供しようと、手作りキムチにこだわる主婦も健在で、健康や美容への効果がクローズアップされ、海外での人気が高まったキムチの輸出も好調です。

伝えられてきたもの、伝えていきたいもの。

「厳冬雪寒」、土の中にキムチ甕(カメ)を埋めて、昔ながらの伝統手作りキムチを貯蔵し、じっくりと発酵熟成させた、まろやかで深みのある本当のキムチの美味しさを伝えていきたい。

皆様、こだわりの本格「キムジャンキムチ」の、奥深い味わいをご存知ですか ? ?

◆ これ、食べなきゃ「グルメ」じゃない  ◆

「トンチミ 동치미 大根の水キムチ)」

雪が積もっている寒い冬場、「トンチミ동치미(大根の水キムチ)」の汁の表面に氷が張り、その氷ごと食べるのが本場の食べ方。低温でじっくり発酵させ、酸味が出たら食べごろです。めちゃ旨ですよ 〜 ! !

土の中に埋めてあるキムチ甕(カメ)

 

塩漬けした白菜を水洗いして水気を切る
白菜に具を挟み込む作業

◆ 「激音」と「濃音」のまとめ ◆

【解説】

「激音」と「濃音」は、なかなか上手に発音できないですよね。
「激音」の「카 타 파 차」は、ロウソクの火を吹き消すつもりで、息を強く出しながら「カ・タ・パ・チャ」と発音して下さい。「濃音」「까 따 빠 짜 싸」は、促音を伴った「マッカ・ヤッタ・ヤッパリ・ウッチャリ・アッサリ」を発音する要領で、「ッカ・ッタ・ッパ・ッチャ・ッサ」と赤字部分を息を出さないようにしながら発音して下さい。

[th]などの[h]は強い息を伴う「激音」を表し、[ʔp] などの[ʔ]は息を伴わない「濃音」の意味です。息の強弱によって単語の意味が全く違ってしまうので、息の調節に気をつけましょう。

(発音しながら書いてみましょう)

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
16 ℃/--
東京
曇り
13 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
16 ℃/--
  • 東名, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集