【ドラフト特集】東海3県の大学生・投手篇 2016/10/19

プロ野球のドラフト会議が10月20日(木)に行われます。ここで指名されれば、晴れてプロ野球選手になることができます。

プロ野球入りを目指すにあたり、高校生と大学生の選手は「プロ志望届」提出による意思表示が必要になります。今年のドラフト対象となる大学4年生のうち、東海3県でプロ志望届を提出したのは15名。『中日プラス』では、ドラフト特集第1弾として、この15名の大学野球プレーヤーを投手篇・打者篇に分けて一挙紹介します。

なお、「プロ野球」には、ドラゴンズなどセ・パ12球団で構成される「NPB」(※一般的な「プロ野球」)と、四国や北陸などで独自のリーグ戦を行う「独立リーグ」の2種類があります。近年は独立リーグでのプレーを志望し、そこで評価されてNPB入りする選手も少なくありません。独立リーグ入りを目指す場合も、プロ志望届が必要になります(なお、下記の紹介文では、特に「NPB」「独立リーグ」の表記がない場合、プロ野球はNPBを指すものとします)。

それでは、ドラフトを待つ東海3県の大学生レビュー、投手篇のはじまりです! ↓↓

=====

【1】中尾 輝(名古屋経済大)
最速151キロの豪腕サウスポー。高校時代は変化球主体のピッチャーでしたが、大学でストレートに磨きがかかり、威力のある力強いボールを投げ込めるようになりました。ドラフト3位前後での指名が有力視されています。

【2】眞野 聖也(名古屋経済大)
中尾に劣らぬ快速球が武器の長身ピッチャー。左足の使い方がうまく(=写真参照)、体ができればまだ伸びそうです。即戦力タイプではないので、ドラフト指名は当落線上ですが、ロッテやオリックスなどプロ5球団から調査書が届いています。

【3】小林 弘郁(愛知東邦大)
力のある140キロ台前半のストレートと、打者の手元でキレる変化球をコーナーに投げ込みます。今秋、U部Aリーグでの優勝に貢献。左腕投手はプロ球界からの需要が高く、ドラフト下位で指名があるかどうかの状況です。

【4】床田 寛樹(中部学院大)
岐阜リーグの強豪・中部学院大で1年秋から全国舞台を経験。腕の振りが柔らかく、球にキレがあり、将来の伸びしろも豊かです。ソフトバンクなどプロ8球団が指名を検討しており、ドラフト指名がありそうです。

【5】近藤 凌太(愛知工業大)
186センチと長身で、ストレートは角度があり最速150キロ。今年はケガで投げられない期間が長くアピール機会に恵まれませんでしたが、素材のよさはプロ野球、独立リーグ、社会人野球いずれもの関係者から高く評価されています。

【6】田中 優佑(名古屋商科大)
四日市南高(三重)時代から速球派右腕として春季県大会でベスト4に進出。大学でもU部リーグで好投を続けてきました。ストレートが力強く最速は148キロ。独立リーグ志望ですが、今秋視察に訪れるプロ球団スカウトの姿も。

【7】西川 拓馬(愛知大)
身長が高く、球持ちのよい柔らかいフォームが持ち味。140キロ台前半のストレートとカットボール、カーブのコンビネーションで試合をまとめます。NPBからの指名を待ちつつも、独立リーグでのプレーを視野に入れています。

【8】大藏 彰人(愛知学院大)
大垣西高(岐阜)時代からしなやかな腕の振りでプロが注目した長身右腕。大学では2年春の大学選手権(全国大会)で先発し好投しました。その後は腰のケガなどに悩まされましたが、今秋復活し、大学卒業後は独立リーグでブレイクを目指します。

【9】山口 隆(東海学園大)
リーグ戦では先発も中継ぎも務めるサイドスロー。少ない失点で抑えることができます。ひたむきな性格で、高校時代からまじめで練習熱心。独立リーグでプレーしたいと意気込みます。

【10】後藤 庸輔(名古屋経済大)
中尾、眞野とチームメートのサウスポー。独立リーグ挑戦を視野に入れています。中京高(岐阜)時代は実戦的な左腕として試合で多数登板。小柄ですが、平林二郎監督は「球自体はいいものがある」と素質を認めています。

=====

※大学野球の「プロ志望届」提出選手紹介は、打者篇に続きます。

PR情報

記事一覧

ドラフト会議が17日に開催!注目の松田亘哲投手がいる名古屋大学 硬式野球部を特集! 〜服部匠監督、井上尚輝捕手

プロ野球のドラフト会議が17日(木)に迫ってきました。東海地方で異色の候補として注目されるのが、名古屋大学の松田亘哲投手(4年)です。高校時代はバレーボ…

2019/10/11

春の甲子園につながる秋季県大会がいよいよ佳境! 〜西村友哉(中京大中京)、田中克朋(大垣商)、阪本和樹(松阪商)

高校野球は現在、秋季県大会が進行中。夏の大会で3年生が引退し、1・2年生の“新チーム”で争われています。各県で3位以内に入り、10月下旬〜11月初旬の東海大会…

2019/9/20

【2019年9月】の東海地区アマチュア野球日程 〜 加藤翼&平良拳晨(帝京大可児高)、新規加盟の東海学院大

秋はアマチュア野球の公式戦が目白押し。土日を中心に、全国大会につながる大事な試合が各地で組まれています。 ★9月のアマチュア野球(東海地区)主要日程 …

2019/9/5

秋の大学野球が開幕!好投手がドラフト会議へ向け猛アピール 〜伊藤健太(中部学院大)、松田亘哲(名古屋大)

アマチュア野球は8月下旬ごろから、大学野球のリーグ戦が各地で順次始まります。大学野球のリーグ戦は主に春秋の年2回。夏の高校野球・甲子園大会の余韻はまだ…

2019/8/23

甲子園が8月6日開幕、東海3県の代表校を一挙紹介&【2019年8月】の東海地区アマチュア野球日程

高校野球は甲子園大会があす8月6日(火)に開幕します。東海3県は誉(愛知)、中京学院大中京(岐阜)、津田学園(三重)が地方大会で優勝し、代表校となりまし…

2019/8/5

【社会人野球】都市対抗が7月13日に開幕!球場を盛り上げる応援も楽しみ! 〜Honda鈴鹿応援団長・三好沙織さんインタビュー〜

社会人野球は13日(土)から、最も大きな全国大会の「都市対抗」(第90回都市対抗野球大会)が東京ドームで始まります。アマチュア球界でトップレベルの実力を…

2019/7/12

【社会人野球】都市対抗・東海地区2次予選が5月19日開幕!見どころ満載の18日間を大特集!

5月19日(日)から、社会人野球「都市対抗野球大会」の東海地区2次予選が始まります。今年で第90回を迎える「都市対抗」は、社会人野球の最も大きな全国大会。…

2019/5/18

【2019年5月】の東海地区アマチュア野球日程 〜 ベーブルース杯が2日開幕/横尾蓮太(王子)

5月に入り、ゴールデンウィーク真っただ中。東海地方のアマチュア野球でも、高校、大学、社会人ともに各地で大会が予定されています。「令和」の時代を彩る“未…

2019/5/1

【2019年4月】高校野球の春季県大会が真っ盛り! 〜 川人祐太(愛知高)・利川太樹(いなべ総合学園高)

東海3県の高校野球は先週末から、春季県大会が始まっています。 春季県大会は、甲子園大会には直接つながりませんが、夏の大会に向けた大事な“前哨戦”。上位に…

2019/4/18

【2019年4月】の東海地区アマチュア野球日程 〜中部学院大の“秀岳館トリオ”(廣部就平ほか)が活躍中!

東海地方のアマチュア野球界に、最高の出来事がありました。既に報じられているように、3月23日から今月3日まで行われた春の高校野球・センバツ甲子園大会で、…

2019/4/5

プロフィール

42

達人に質問をする

1984年生まれ、岐阜県出身の野球ライター。東海地区を中心にアマチュア野球(高校/大学/社会人)を取材し、野球雑誌や高校野球部向けフリーマガジンなどで記事を発表している。2014年にはラジオ局のスポーツ番組で高校野球展望を解説するなど、エリア屈指の取材者。

年間のアマチュア野球観戦試合数は120を超える。数々の野球部を訪れ、ひたむきな球児や情熱的な指導者、工夫した練習法など、多岐にわたって取材を重ねてきた。特に、将来のプロ野球入りが期待される「ドラフト候補」をアマチュア時代から追い続けていて、中日ドラゴンズで活躍する濱田達郎投手(愛工大名電高出身)や、西武ライオンズの高橋朋己投手(西濃運輸出身)らもその一人。プロ球団のスカウトとも交流が深く、無名の好選手を“発掘”し情報交換することも。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
20 ℃/--
東京
曇り
21 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
22 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集