【お悩み相談その22】うんちくを繰り返す上司につける薬は? 2017/1/22

人間の第一印象は、「話す内容」よりも「声」、そして「声」よりも「表情」に左右されるそうです。何はさておき、まずはにっこり。いい笑顔が大切ですね。

それでは、お悩み相談その22です。

〔悩み〕
「刺し身を食べる時には、わさびをしょうゆに溶かずに、そのつど刺し身につけるとうまいんだよな」。飲み会のたびに、部長がこのような同じうんちくをたれるので、閉口しています。この部長につける薬はないでしょうか?(耳に大ダコ 37歳・会社員)

〔回答〕
つける薬は、傷薬、肌荒れを防ぐ薬、水虫予防薬、湿布薬、消毒薬など、山ほどあります。ただし、部長の口癖を治す決め手となるかどうか、その効能は定かではありません(口にばんそうこうを張るという荒療治もありますが、副作用も強いので、あまりお勧めできません)。

相談にお答えする前に、一つ確かめておきたいことがあります。あなた自身は、その愚痴を同じ人に何回もこぼしたりはしていないでしょうね。もし心当たりがあるのならば、部長の病気があなたにも伝染している可能性がありますので、早めの治療をお勧めします。

さて、その部長の口癖を止めるには、「先制口撃」が最も効果的です。つまり、部長がその言葉を口に出す前に、こう言ってやるのです。

「部長。刺し身を食べる時には、わさびをしょうゆに溶かずに、そのつど刺し身につけるとうまいんですよね?」

ここで部長が、「ああ」と少し力のない相づちを打ってきたら、もうこっちのものです。得意のせりふを口に出すタイミングを失い、打ちのめされた感じで、おとなしく刺し身を口に運ぶでしょう。しかし、ひょっとしてこう反撃してくる可能性もあります。

「ああ。よく知ってるじゃないか。刺し身を食べる時には、わさびをしょうゆに溶かずに、そのつど刺し身につけるとうまいんだよ」

もしも部長が「オウム返し」という高度な技をマスターしていたとしたら、このような小手先の技はもはや通用しません。そんな時には素直に白旗を上げて、何度でもそのご高説を拝聴することにしましょう。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その148】ぐうたら社員の自分に、なぜ新入社員の指導をまかせるのか?

赤血球と白血球の境目には、ひょっとして桃色の血球が流れているのかも?長い梅雨の季節。うっとうしい雨空を見ながら、気分転換に、そんなバカバカしいことを…

2019/6/23

【お悩み相談室その147】いつも「忙しい忙しい」と言っているので、本当に忙しくても誰も本気にしてくれない

ピンク・レディー→キャンディーズ→モーニング娘。→AKB48。 時代が進むにつれ、アイドルグループの人数が増えてきました。50年後には100人以上になって、…

2019/6/16

【お悩み相談室その146】妻にとって、私と愛犬とどっちが大事なのだろうか?

ある会話術の本には、自分がしゃべる時間を2割、相手にしゃべらせる時間を8割にすればいいと書いてあります。 この本を読んだ人同士が会話をすると、6割が…

2019/6/9

【お悩み相談室その145】以前から偉そうにしていたのに、昇任後に急に偉そうになったと言われる

「ファミレスで日替わりランチを食べている時に、父は急に倒れてしまいました」 警察の事情聴取ではそう答えていたはずなのに、なぜか葬儀の喪主あいさつではこ…

2019/6/2

【お悩み相談室その144】おせじばかり言ってしまう自分が嫌になる

野球解説もプロ野球の魅力の一つです。 「チャンス到来ですが、どう攻めたらいいでしょうね?」 「とにかく引っ張らないことです」 「打ちました!思いっ切り…

2019/5/26

【お悩み相談室その143】会社の謝罪会見を個性あふれるものにしたい

早口言葉に、「赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ」というのがあります。 でも、繰り返していると、世のお父さん方には、こんなふうに聞こえてくるかもしれませ…

2019/5/19

【お悩み相談室その142】嫌われトリオがクラス会をドタキャンしたが、喜んでよかったのだろうか?

鏡の前で、とびっきりの笑顔をつくってみてください。そして、鏡に向かってこう語りかけるのです。 「鏡よ、鏡。世界で一番の笑顔の持ち主は私だね?」 鏡か…

2019/5/12

【お悩み相談室その141】じゃんけんにいつも負けるので、必勝法を教えてほしい

いつも悪役の俳優がたまに善人の役をすると、ものすごくいい人に見えてしまいます。 それなのに、いつも善玉の俳優がたまに悪人の役をしても、やっぱりいい人に…

2019/5/5

【お悩み相談室その140】どうしても値切って買うことができない

「この国の政治家はいったい何を考えているんでしょうねえ。あきれて物が言えません」そう語るキャスターを、「おまえは何様なんだ!」とついののしってしまい…

2019/4/28

【お悩み相談室その139】初診の患者にギャグを言っても、誰も笑ってくれない

ある学校の先生が言いました。 「うちのクラスの子どもたちは、みんな個性的ですよ。何しろ、好きな言葉が全員『みんな違ってみんないい』ですからね」 ん?…

2019/4/21

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
雨時々止む
25 ℃/22 ℃
東京
曇りのち時々雨
28 ℃/22 ℃
大阪
雨時々止む
27 ℃/23 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集