絶望を感じたら 2017/1/1

新年のご挨拶
ようこそおたずねくださいました。おおきに。

今年もこうして2017年を迎えることができました。慶ばすにはおれません。

ご縁のある限り、今年もどうぞよろしくお願いします。

私のお正月は京都で過し、その後は故郷である門司港に(北九州市門司区)に帰ります。門司港は、九州の玄関口の港町でとても栄えたところです。

鉄道の町でもあり、鹿児島本線と日豊本線の合流するところでもあります。

私は、18才の時に門司港のお寺を出て、京都に参りました。僧侶になることに自信のなかった私は、華道のお家元が経営する池坊短期大学に入学。その後、さらに研究したいと、文化学院へ進みます。

しかし、お寺では住職である父が亡くなり、後継者として期待された兄が引きこもりになり、ご門徒は0軒になったのです。私が僧侶としてお寺を継ぐことを余儀なくされていました。

反発しながらでも、嫌々、東本願寺が経営する大谷専修学院へ入学し、真宗の教えに出逢うのです。しかし、ほとんどが恵まれたお寺の子どもばかりで、後はお寺を継げる環境を作っていただく状況でした。

そんな私はご門徒も父も居ない。兄も引きこもりの状態にただ劣等感でしかありません。

僧侶の資格が取りましたが、現実から逃れるために憧れていたアナウンサーの仕事を目指すのです。

ただ、局のアナウンサー試験を受ける年令はとっくに過ぎていました。あとはプロダクションに入り、局が募集するオーディションを受けて通れば、番組契約のアナウンサーとして仕事がいただけます。

しかし、そんな人はごまんといます。そう簡単にテレビ、ラジオの仕事はいただけません。10年間頑張りましたが、いただけたのはリポーターと司会の仕事です。後輩のタレントさんに先をこされる日々が続きました。

年令は35歳になっていました。その時にプロダクションの上司から仕事の依頼がきました。

「川村君! マネージャーにならないか?」

これは、私は表舞台の仕事は無理だと言われたみたいなものです。ショックでした。結婚を約束した人にもふられ、どん底です。

「何をしても中途半端なんだ」

そこで、私は荷物をまとめ、故郷である門司港に帰ったのです。先が見えない絶望と不安の中、終着駅である門司港に着きました。

何もないお寺に帰るもの嫌だ! そんな気持ちでホームから改札を通り出ようとしたら、ある観光客の人が「門司港は九州の始発なのよね」という声が聞こえたのです。私とは反対に改札からホームに入ろうとしています。

私はその時、振り返ってみたのです。そこから線路が延びているではないですか。

終着と思った門司港は、よくみれば、ここからまた電車が出るのです。もう一度ここから出直せるのです。

終着駅と思ったのが始発駅だと気づかせていただきました。

私が嫌々学んだ、大谷専修学院で出会った、親鸞聖人の言葉がやっと胸に響いたのです。

「愚者になりて往生す」

あなたは賢くなって 成功して救われるのではない。何度も失敗し、挫折した中で私も何もできない凡夫でした! と自覚できたとき、あなたも阿弥陀さまの大きな世界に摂め取られ仏として生まれさせていただく、

「始発駅に立ちなさい」

と教えていただいたようでした。

あなたがもし、人生に絶望していたら安心してください。あなたはここからもう一度生きることができるのです。そのために、南無阿弥陀仏のお念仏をいただきましょう。

今日から、

ここから。

PR情報

記事一覧

理不尽な目に遭ったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 あらためまして、本年もよろしくお願いします。 インフルエンザが流行っていますね。くれぐれも気をつ…

2019/1/30

今年 一年のお礼

●私を生きよう! 僧侶の川村妙慶です。こうしてたずねていただき、ありがとうございます。 2018年から2019年へと移り変わる瞬間です。 皆さんにとっ…

2018/12/31

やる気はあるのに発揮できない

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋から冬を迎える季節ですね。 寒暖差もあります。皆さんお元気ですか? 今ではハイキングを楽しまれる…

2018/11/21

急に寂しくなったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋ですね。 さて読者のさとりっちさまよりこんなメールをいただきました。 ---------------------------…

2018/10/23

自分の性格は直せるのか?

ようこそおたずねくださいました。 しばらくの間、更新できず申し訳ありませんでした。 その中でも「中日新聞で、妙慶さんの心を耕す講座の紹介みました」とメ…

2018/9/22

儲からない 理由

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? 八月に入っても暑いですね。 くれぐれも皆さん、体調には気をつけてくださいね。 お盆…

2018/8/9

なぜ素直になれないのか?

この人なら素直になれるのに、なぜあの人には素直になれないのでしょうか?皆さん、そんな経験はありませんか? 私もあります。先日、兄とささいなことで口論…

2018/7/13

心が豊かになる人生

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? 今、皆さんは何に興味がありますか?政治、経済、外交? それだけではないですよね。 …

2018/6/8

孤独は寂しいことなのか?

今、孤独の不安を訴える人が増えています。高齢化社会にともない、長生きはできても、その中で人間関係が希薄化されてしまうと、孤独という不安は誰でもつきま…

2018/5/15

過去のトラウマから抜け出せるには

早いもので4月!春ですね。長い冬を経験したからこそ、春の喜びをいただけます。しかし嬉しいはずの春が、移動、環境の変化で面白くなくなったということもあ…

2018/4/12

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
16 ℃/--
東京
晴れ後一時雨
18 ℃/--
大阪
曇り
15 ℃/--
  • 東名, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集