おもしろくない人生だと嘆きたくなったら 2017/1/20

いのちはお金で買える?

1月も半ば過ぎとなりました。年のはじめから「ついてる」という方新年早々、不運続きだという方もおられるでしょう。

思いがけない嫌なことがあると、「すべて私の力がないからだ」「私は誰からも見放された」と落ち込んでしまうのです。人間が悩むときは、失われていくこと、マイナスになることだけを考えてしまいます。

●どうしたら気持ちが前向きになれる?

あなたの身のまわりにある「恩」について振り返りませんか? 仏教ではその「恩」が四つあると教えてくださいます。

(1)父母の恩
(2)衆生(社会)の恩
(3)国王(国家)の恩
(4)三宝(仏・法・僧)の恩

です。

自分の生命を知り、
家族の力添えを知り、
社会の仕組みを知れば、
恩に行き渡る

ということです。

今から10年前、あるお寺で法要がありました。老僧が法座に立ちお話しされました。その内容は「父母の恩・国の恩・師の恩・衆生の恩」についての法話をされたのですが、そのお話を聞いていたある大学生が手を挙げ質問したそうです。

「私は恩なんて必要ないと思います。国の恩なんて、国民は税金を払っているのだから、国がサービスをするのは当然である。師の恩なんて、私たちは授業料を払っている。また、親の恩なんて、頼んで生んでほしいと言ったものではない。勝手につくったものである。それよりも、お金が大事。お金があれば何でもできる。だから、勉強して良い会社に就職して高い給料をもらう。そして、いつかは社長になる。やはり、お金が一番。恩なんて関係ない」

このように言ったものだから、周りの檀家さんはびっくりし、堂内は騒然となったそうです。そして、老僧はどのような答を出されるか誰もが注目をしたそうです。

「お前さん、いくら欲しいのか?」

と聞きました。大学生は、理屈で答えが返ってくると思っていたので、予想外の言葉に驚き、焦ったそうです。

「一千万円か? 一千万円やるぞ。そのかわりに条件がある」

大学生は一千万円もらえるというので心が動きました。

「条件って何ですか?」

「お前さんの命をよこせ」

「一千万円位で命をやれるものですか。金なんかで命は売れませんよ」

すると老僧は

「その大事な命は誰から頂いたものだ。父母だろうが。
その命を育てたのは誰か。先生じゃないか。
平和の国におられるのは誰のお蔭か。
お前さんは自分のことばかり言っている。恩を忘れた者は餓鬼という。それが解らん奴はここから出て行け」

と一喝されたというのです。

しばらく学生が静かに考えて帰っていかれたそうです。きっとその学生さんは今は立派な社会人になっているのではないでしょうか。

●恩を知る

人間は、一人で生きていくことはできません。たくさんの人に支えられているから、生きていけるのです。世間は、恩という陰の力が働いている。その力によって、私たちは生かされているのです。

私は、生きる方向性を見失ったときは「縁」を振り返ることをお薦めしています。今のあなたは誰に導いていただいたのかということです。

私もこうして中日プラスの執筆のご縁をいただきました。それは中日文化センターで「心の講座」をさせていただきたのがきっかけです。声をかけてくれたのは、中日文化センターのFさんという方です。彼女は連れ合いさんを亡くし、寂しさと苦しみの中にいました。

私の法話をある会場で聞いてくださり、そのご縁で文化センターでお話ししてほしいと依頼されました。

不思議なものです。

私もこうして原稿をかけるのは、親鸞聖人の教えの出会いです。その親鸞聖人の教えは大谷専修学院という場で師匠から学びました。学ぶということは、父母がいたから今の私があるのです。

こんなことを考えると、今の私は多くのご縁に導かれているのですね。あなたとも根っこでつながっているのです。金では買えない尊いご縁でつながっているのです。皆がこんな気持ちになれたら世の中、もっと豊かになるのではないでしょうか。

面白くない人生と思ったら、恩を振り返りましょう。良き出会いも、あなたにとって悪いということも、かならず意味あることとしてつながっています。

PR情報

記事一覧

理不尽な目に遭ったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 あらためまして、本年もよろしくお願いします。 インフルエンザが流行っていますね。くれぐれも気をつ…

2019/1/30

今年 一年のお礼

●私を生きよう! 僧侶の川村妙慶です。こうしてたずねていただき、ありがとうございます。 2018年から2019年へと移り変わる瞬間です。 皆さんにとっ…

2018/12/31

やる気はあるのに発揮できない

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋から冬を迎える季節ですね。 寒暖差もあります。皆さんお元気ですか? 今ではハイキングを楽しまれる…

2018/11/21

急に寂しくなったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。おおきに。 すっかり秋ですね。 さて読者のさとりっちさまよりこんなメールをいただきました。 ---------------------------…

2018/10/23

自分の性格は直せるのか?

ようこそおたずねくださいました。 しばらくの間、更新できず申し訳ありませんでした。 その中でも「中日新聞で、妙慶さんの心を耕す講座の紹介みました」とメ…

2018/9/22

儲からない 理由

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? 八月に入っても暑いですね。 くれぐれも皆さん、体調には気をつけてくださいね。 お盆…

2018/8/9

なぜ素直になれないのか?

この人なら素直になれるのに、なぜあの人には素直になれないのでしょうか?皆さん、そんな経験はありませんか? 私もあります。先日、兄とささいなことで口論…

2018/7/13

心が豊かになる人生

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? 今、皆さんは何に興味がありますか?政治、経済、外交? それだけではないですよね。 …

2018/6/8

孤独は寂しいことなのか?

今、孤独の不安を訴える人が増えています。高齢化社会にともない、長生きはできても、その中で人間関係が希薄化されてしまうと、孤独という不安は誰でもつきま…

2018/5/15

過去のトラウマから抜け出せるには

早いもので4月!春ですね。長い冬を経験したからこそ、春の喜びをいただけます。しかし嬉しいはずの春が、移動、環境の変化で面白くなくなったということもあ…

2018/4/12

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
16 ℃/--
東京
晴れ後一時雨
18 ℃/--
大阪
曇り
15 ℃/--
  • 東名, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集