【お悩み相談その26】漢字の書けない若者を憂慮する 2017/2/19

新聞におもしろい投稿が載っていました。おばあちゃんが作った電話帳は、「あいうえお順」になっているんだけど、なぜか名前が「お」の欄に集中しているのだそうです。「お魚屋」「お寿司屋」「お寺」「お花屋」「お弁当屋」……

なるほど。奥ゆかしい人柄がにじみ出ている電話帳ですね。それでは、お悩み相談その26です。

〔悩み〕
「憂鬱」や「薔薇」という字を、若者は平気で「ゆううつ」とか「バラ」と書いています。こんな簡単な漢字が書けないとは、全く情けない限りですが、これで日本の将来は大丈夫なのでしょうか?(苦虫噛武造 75歳・無職)

〔回答〕
いやあ、まさにおっしゃるとおりです。私と同憂の士がおられたとは、うれしい限りですね。

「憂鬱」や「薔薇」が書けないぐらいならまだしも、「髑髏(どくろ)」や「絢爛(けんらん)」さえ書けない若者が増えているというから驚きですね。

この調子では、「齷齪(あくせく)」「黴菌(ばいきん)」「鼈甲(べっこう)」のような比較的簡単な字も、ひらがなで表記されてしまう運命にあるのでしょう。

書く力が落ちているのだから、読む力も当然衰えているはずです。「筮竹(ぜいちく)」「棗(なつめ)」「讒言(ざんげん)」「軋轢(あつれき)」「飛白(かすり)」「没義道(もぎどう)」などもきちんと読めないのかと思うと、全く情けない限りです。

とまあ、ここまで書いてきて、手がだいぶくたびれていることに気がつきました。それもそのはず。「憂鬱」や「薔薇」など、どれも数十の画数を持つ熟語ばかりですからね。それをひらがなで書けば、わずか数画。体力の温存にもなるし、インクを使わず資源保護にもなるし、いいことずくめです。

ひょっとすると、若者たちはそう考えて、あえてひらがなを使っているのかもしれませんよ。日本の将来を彼らにまかせられるかどうか、もう少し長い目で見てやろうではありませんか。

*失礼とは思いましたが、万が一、度忘れされたときのために、ふりがなをつけさせていただきました。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その152】電車のフライング発車に抗議したのは誤りだったのか?

道徳というものは、いつ誕生したのでしょう? 「誰だ!こんなところに動物の落書きを書いたやつは!?」 有名なアルタミラの洞くつに絵を描いた人は、やはり長…

2019/7/21

【お悩み相談室その151】何をするにも、全くやる気が起きない

「駆け込み乗車をすると、大変危険です。食当たりや振り込め詐欺、土砂崩れや不発弾、落雷や突風、女性の深夜の一人歩き、落とし穴、ライナーのファールボール…

2019/7/14

【お悩み相談室その150】私のような下戸のために、飲み会の大改革を行いたい

「1日2回食後に服用してください。大人は2錠、小児は1錠、力士は5錠」 薬袋にこんな注意が書いてあれば、大笑いして、薬を飲む前に病気が治ってしまいそ…

2019/7/7

【お悩み相談室その149】カメを助けてやったのに、理不尽な仕打ちを受けたのは納得がいかない

目覚めとともにワッハッハ! 食前食後にワッハッハ! おやすみ前にワッハッハ! 回数は無制限。 笑いは、本当にいいクスリです。 それでは、「お悩み相談その1…

2019/6/30

【お悩み相談室その148】ぐうたら社員の自分に、なぜ新入社員の指導をまかせるのか?

赤血球と白血球の境目には、ひょっとして桃色の血球が流れているのかも?長い梅雨の季節。うっとうしい雨空を見ながら、気分転換に、そんなバカバカしいことを…

2019/6/23

【お悩み相談室その147】いつも「忙しい忙しい」と言っているので、本当に忙しくても誰も本気にしてくれない

ピンク・レディー→キャンディーズ→モーニング娘。→AKB48。 時代が進むにつれ、アイドルグループの人数が増えてきました。50年後には100人以上になって、…

2019/6/16

【お悩み相談室その146】妻にとって、私と愛犬とどっちが大事なのだろうか?

ある会話術の本には、自分がしゃべる時間を2割、相手にしゃべらせる時間を8割にすればいいと書いてあります。 この本を読んだ人同士が会話をすると、6割が…

2019/6/9

【お悩み相談室その145】以前から偉そうにしていたのに、昇任後に急に偉そうになったと言われる

「ファミレスで日替わりランチを食べている時に、父は急に倒れてしまいました」 警察の事情聴取ではそう答えていたはずなのに、なぜか葬儀の喪主あいさつではこ…

2019/6/2

【お悩み相談室その144】おせじばかり言ってしまう自分が嫌になる

野球解説もプロ野球の魅力の一つです。 「チャンス到来ですが、どう攻めたらいいでしょうね?」 「とにかく引っ張らないことです」 「打ちました!思いっ切り…

2019/5/26

【お悩み相談室その143】会社の謝罪会見を個性あふれるものにしたい

早口言葉に、「赤パジャマ黄パジャマ茶パジャマ」というのがあります。 でも、繰り返していると、世のお父さん方には、こんなふうに聞こえてくるかもしれませ…

2019/5/19

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち雨
28 ℃/24 ℃
東京
曇り一時雨
28 ℃/23 ℃
大阪
曇り一時雨
31 ℃/25 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集