33年ぶりにご開帳!伊賀の勝因寺の虚空蔵菩薩 2017/3/31

伊賀市山出にある勝因寺 (しょういんじ)。通称「山出の虚空蔵さん」。「勝因」とは、仏教用語では「すぐれた因縁」という意味。

弘法大師・空海が唐から帰国後に、諸国修行の際にここに立ち寄った。その際に、求聞持法修行のため虚空蔵菩薩を彫って祀り草庵を結んだのが始まりと伝えられている歴史あるお寺だ。現在の本堂は、昭和44年に耐震耐火の為に鉄筋コンクリート造りとなった。

真言宗豊山派。三重新四国八十八カ所霊場の第57番札所、伊賀四国八十八カ所霊場の第36番札所でもある。

入口の階段の下の石に「小天狗清蔵大徳終焉地」と大きく刻まれている。小天狗清蔵は俗名を清蔵といい、戦国時代にここ山出に生まれ、容貌が天狗に似ていたことから「小天狗」と呼ばれた。伊賀地方の寺社再建に活躍した修験者で、晩年をこの勝因寺で過ごし、お墓や小天狗清蔵自刻像や、小天狗清蔵が製作した梵鐘(県指定文化財)も勝因寺にある。

本尊は、弘法大師・空海が彫ったという秘仏「虚空蔵菩薩像」(重文)。普段は、少し高い位置の厨子の中、白いカーテンのような布の奥に祀られていてお姿を観ることはできない。(毎年1月13日と9月13日は檀家さんにご開帳されている)

それが、今年2017年4月2日〜8日に33年ぶりに一般にご開帳されるのだ! (拝観料1000円)

虚空蔵菩薩坐像は、右手に宝珠を持ち、右手では優しく親指と中指で輪を結ぶ。お顔は、慈愛に満ちて気高くとても美しい仏様だ。

虚空蔵菩薩は、智慧の仏様とされる。十三歳になった少年少女が、虚空蔵菩薩に智慧を授かりに行く十三詣りの本尊でもある。

像高95.1cm。かや材の一木造。平安時代後期の作。
他にも仏像がたくさん祀られている。

二天王立像(鎌倉時代・県指定文化財)(写真は二天王のうち1体)

聖観世音菩薩。像高153.7cm。平安後期。県指定文化財。

千手観世音菩薩。像高173.9cm。平安後期。県指定文化財。

千手観音の横の小さな厨子の中に、「地蔵菩薩像」「不動明王像」、新義真言宗始祖「興教大師・覚鑁(かくばん)像」などが祀られている。

西国三十三観音像。

弘法大師・空海像。

たくさんの宝物がある素晴らしいお寺だ。ぜひ、この33年に一度のこの機会に参拝にいっていただきたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「勝因寺」(しょういんじ)
住所:三重県伊賀市山出1658
電話:0595-21-3559
アクセス:近鉄「上野市駅」から名張駅行きバス15分「山出団地前」下車・徒歩約3分


******************************************************************************************

田中ひろみの新刊のおしらせ!!

【お坊さんに聞く108の智慧】(藝術学舎)3/15発売

「海龍王寺」石川重元住職
「興福寺」辻明俊さん
「薬師寺」村上定運さん
「聖林寺」倉本明佳住職
「漫画家尼僧」悟東あすかさん
5人のお坊さんにいろんな悩みについてお答えいただき、
生きていく108の智慧をご紹介した本です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【東京・鎌倉仏像めぐり】(ウェッジ)
3/24発売

東京と鎌倉の83体の仏像をカラーイラストでわかりやすくご紹介。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「ペンでなぞるだけ
写仏 一日一仏 心を整え運を磨く」(講談社)
3/31発売

写仏と心を整える禅語も掲載。



******************************************************************************************

【中日文化センター】愛知県「栄」と三重県「四日市」と岐阜県「大垣」で田中ひろみの仏像講座やってます。ぜひご参加ください!

「仏像に会いに行こう!」
【中日文化センター(栄)中日ビル】第2週土曜日10:30~12:00
4月8日(土)10:30〜12:00「岐阜の仏像について」
5月13日(土)10:30〜12:00 「吉良吉田の仏像(現地講座)」
6月10日(土)10:30〜12:0 「三重の仏像について」

*お申し込みは 0120-53-8164
〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「仏像大好き!」
【中日文化センター(大垣)平野学園教室】第2週土曜日 15:30〜17:00
4月8日(土)15:30〜17:00「京都・大阪の仏像」
5月13日(土)10:30〜12:00 「吉良吉田の仏像(現地)」
6月10日(土)15:30〜17:00 「鎌倉と近江の仏像について」

*お申し込みは0584-78-3383
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「仏像、大好き!」
【中日文化センター(四日市)】第2週日曜日10:30~12:00

4月9日(日) 10:30〜12:00「滋賀の仏像について」
5月14日(日)14:00〜15:30 「松坂の仏像(現地)」
6月11日(日)10:30〜12:00 「九州の仏像について」

*お申し込み 0120-556-411

PR情報

記事一覧

33年ぶりにご開帳!知多市「大智院(めがね弘法)」の聖観音

知多西国第18番札所。知多四国71番札所。尾張三十三観音10番。東海三十六不動22番。 聖徳太子の開基で、本尊は秘仏の「聖観音」で、ともに秘仏のお前立は「…

2019/10/16

11年ぶりの秘仏・聖観音のご開帳!常滑市「洞雲寺」

常滑市にある洞雲寺。知多四国八十八箇所・第62番の札所、知多西国三十三所霊場・第13番の札所、法然上人知多二十五霊場・第12番の札所。 白鳳年間、奈良の大…

2019/9/18

日間賀島の「たこ阿弥陀」と「鯖大師」

愛知県知多半島の先端の師崎から、約2.4kmの沖合に浮かぶ「日間賀島(ひまかじま)」。 日間賀島はタコとフグが有名。港に降り立つと、大きなタコのモニュメン…

2019/8/30

重文が3体も安置される岐阜市「乙津寺(鏡島弘法)」

岐阜県岐阜市の乙津寺(おっしんじ)。通称「鏡島弘法(かがしまこうぼう)」や「鏡島の弘法さん」や「梅寺」と呼ばれている。毎月21日は、弘法大師のご縁日「…

2019/7/17

60年ぶりの中本尊ご開帳!知多西国三十三所 第一番札所「岩屋寺」

愛知県の南知多にある岩屋寺。知多西国三十三所1番札所 知多四国43番札所でもある。

2019/6/11

100年ぶりのご開帳の知多西国九番札所・持宝院「如意輪観音」!

今年2019年は、愛知県の知多半島最古の霊場めぐりである「知多西国三十三所霊場」ができて250年目の記念の年。 その記念で、特別なご開帳がいろいろ行われてい…

2019/4/27

知多四国七十番札所「地蔵寺」の大きな大日如来像!

愛知県知多市大草にある地蔵寺(知多市大草)。大草にあることから「大草地蔵寺」と呼ばれている。知多四国霊場七十番札所である。

2019/4/15

50年に1度のご開帳!愛知県常滑市の三光院「聖観音像」

愛知県常滑市の三光院。この地域では珍しい、一遍上人が開祖である時宗のお寺。知多西国観音十六番札所で、知多四国霊場六十七番札所である。

2019/3/15

尾張四観音「龍泉寺」の円空仏!

名古屋市守山区にある「龍泉寺」。開基は伝教大師・最澄とされる。名古屋城を鎮護する尾張四観音(荒子観音、笠寺、甚目寺)の一つ。 今年2019年の恵方に当た…

2019/2/2

豊川市の長谷寺のイノシシに乗る小さな摩利支天像

豊川市牛久保町にある長谷寺(ちょうこくじ)。山号は武運山。

2019/1/4

プロフィール

17

達人に質問をする

仏像イラストレーター&文筆家

丸の内はんにゃ会(女子の仏教サークル)代表、奈良市観光大使。

子供の頃、仏像好きの叔父に連れられ奈良や京都の仏像を見て歩く。

大人になりひさしぶりに京都の三十三間堂に行き、突然仏像へ恋に落ちる。
以来、全国の仏像に会いに行くようになる。

そして、仏像本や仏像講演やカルチャーセンターの講師をするようになる。

著書には
「仏像、大好き!」(小学館)
「拝んでしあわせ奈良の仏像100」(西日本出版社、「田中ひろみの勝手に仏像ランキング」(メディアイランド)
「クイズで入門 日本の仏像」(講談社+α文庫)、「美しき仏像」(ぶんか社)
「ふらりおへんろ旅」(西日本出版社)
「江戸東京再発見 ぶらりスケッチ散歩」
など35冊。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
20 ℃/--
東京
曇り
21 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
22 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集