お得度バツグンのJR四国バースデイきっぷが変わった! 2017/4/15

四国DCに合わせて走る「太平洋パノラマトロッコ」号

各地の鉄道会社が、お得な企画きっぷをいろいろと発売しています。なかでもおトク度が高いきっぷとして、乗り鉄たちに知られているのがJR四国の「バースデイきっぷ」です。文字どおり、誕生月に限って発売してもらえる企画きっぷで、JR四国等の鉄道がグリーン車も含めて3日間乗り放題で10,280円でした。

この切符があるため、誕生月に合わせて四国旅行を計画する人は少なくありません。その「バースデイきっぷ」が、今年4月1日から次の2種類になりました。
・普通車自由席用 9,500円(小児4,750円)
・グリーン車用 13,000円

従来のタイプは2,720円値上がりとなったのですが、グリーン車や指定席車を使用しない普通車自由席用が新設され、780円安くなりました。乗車できるのはJR四国全線に加えて、土佐くろしお鉄道全線(ごめんなはり線・中村線・宿毛線)、阿佐海岸鉄道、それにJR四国バスの久万高原線と大栃線です。

グリーン車用の場合、グリーン車はもちろんのこと、普通車指定席も有効期間内であれば何度でも無制限に発券してもらえるので、実に使い勝手の良いきっぷです。

この4月1日から6月30日までは、四国デスティネーションキャンペーン(以下、四国DC)を展開中で、四国各地でさまざまな観光客へのおもてなしが開催されています。この期間に誕生日を迎える方には、春の観光シーズンでもあり、四国を訪ねる良いチャンスかもしれません。

JR高知駅の改札内にできた、アンパンマン列車ひろば

四国への往復は、住んでいる場所と目的地によって最適な交通機関が変わります。例えば、関西から徳島であれば高速バスが便利ですし、神戸から高松だとジャンボフェリーに乗って瀬戸内海を渡る手もあります。

名古屋圏からだと、JR東海が発売する「四国たびきっぷ」が便利です。名古屋〜岡山間の往復新幹線普通車指定席と、岡山〜宇多津・宇野、そして前記JR四国バースデイきっぷと同じ範囲が乗り放題で28,800円(こども14,400円)です。

名古屋〜岡山を通常期に「のぞみ」指定席で往復すると22,580円ですから、わずか6,220円でJR四国等の列車が乗り放題になる計算です。四国内はバースデイきっぷの普通車自由席と全く同じ効力にもかかわらず、有効期間は2日間長い5日間ですから、かなりお得ですよね。

ただし、4月27日〜5月6日、8月11日〜20日、12月28日〜翌年1月6日は利用ができないほか、発券は出発日の前日までとなっています。

四国DCにあわせて、高知駅の改札内には上の写真にある「アンパンマン列車ひろば」ができました。アンパンマン生みの親である故・やなせたかし氏は高知県の出身です。その地元として、JR四国にはアンパンマン列車が5編成、21両走っています。そこで、同ひろばの中央には、5段の山が築かれて、そこを5編成の模型アンパンマン列車がグルグルと回っているのです。毎時00,15,30,45分には、5編成が一度に動く様子も見られます。

同ひろばには、アンパンマン列車の解説板や記念撮影スペースなどもあります。高知駅で有効な乗車券を持っていれば無料で見られますので、アンパンマン好きなお子さん・お孫さんと一緒に行けば、喜ばれることでしょう。

走りはじめた新観光列車「四国まんなか千年ものがたり」

高知駅からは、土佐くろしお鉄道ごめんなはり線の終点・奈半利(なはり)まで53.1kmを、4-5月の土休日に「太平洋パノラマトロッコ」が運転されています。

ごめんなはり線は、沿線の約半分の区間で太平洋を眺められる路線です。それも高架区間が多いため、眺めが良いのが自慢です。そこに、四国DCにあわせてJR四国のトロッコ列車が入線しているのです。

2両編成で、奈半利方に特急形の一般車両、高知方にトロッコ車両を連結しています。太平洋の景色を楽しむことができる区間のいち〜安芸(あき)間22.0kmでトロッコ車両を利用し、それ以外の区間では空調の効いた車両でくつろぐことになっています。

このトロッコ列車は、昨年まで「絶景!土讃線秘境トロッコ」として琴平〜大歩危(おおぼけ)間で観光シーズンを中心に走っていました。それが今回、四国DCとはいえ第三セクター鉄道に乗り入れることになったのには、理由があります。

今春から、多度津〜琴平〜大歩危間に新観光列車「四国まんなか千年ものがたり」が走りはじめたのです。3両からなる同列車は全車グリーン指定席車で、名所では徐行運転をしながら進み、事前に予約しておくと、地元食材を使った食事を車内で楽しめるという列車です。さっそく大人気のようで、予約状況をみると売り切れの日が多くなっています。

食事予約券は、JR四国のほかJR西日本・JR東日本・JR九州などで扱っていますが、JR四国直営のJR四国ツアーのサイトで申し込むと、郵送してもらうこともできます。ただし、食事券は乗車4日前までの申込みですので注意が必要です。

PR情報

記事一覧

武豊にあった本格派・日本油脂専用線 廃線跡探訪(6)

JR武豊駅と名鉄知多武豊駅から西北へ約1キロのところに、上の写真の電車があります。武豊町立長尾児童館にある、児童が遊ぶ施設です。しっかりとした電車です…

2019/7/11

これって鉄道じゃないの?:鉄道“超”基礎知識(17)

ここまで、鉄道“超”基礎知識の(12)〜(16)の計5回、鉄道の範囲を紹介してきました。 【過去記事】 鉄道ってなに?:鉄道“超”基礎知識(12) 普通鉄道とは & 鋼索…

2019/7/4

リニア・鉄道館に展示用のN700系を搬入

リニア・鉄道館に、7月17日から新たな展示車両として新幹線N700系が登場します。その搬入作業が、去る6月19日に報道公開されました。当日搬入されたのは、N700…

2019/6/27

車の町トヨタの名鉄挙母線[2/2] 廃線跡探訪(5)

前回、名鉄挙母線の岡崎市内廃線跡を紹介しました。続く今回は、同線の豊田市内の廃線跡を紹介します。 前回記事:車の町トヨタの名鉄挙母線[1/2]廃線跡探訪(5)

2019/6/19

車の町トヨタの名鉄挙母線[1/2] 廃線跡探訪(5)

かつて、岡崎と豊田を結ぶ名鉄線として挙母(ころも)線がありました。 挙母市は、昭和34(1959)年に豊田市と市名を変更しています。この点については、谷川彰…

2019/6/13

道路を走っていても路面電車でないかも?:鉄道“超”基礎知識(16)

前回、鉄道の一種である「軌道」には5項目あるとしながら、そのトップにある「(1)軌道」について触れませんでした。 前回記事:ガイドウェイバス・リニモは…

2019/6/6

ガイドウェイバス・リニモは軌道:鉄道“超”基礎知識(15)

前2回で「鉄道」に分類される乗りものを紹介しました。 普通鉄道とは & 鋼索鉄道とは:鉄道“超”基礎知識(13) トロリーバスは電車の仲間:鉄道“超”基礎知識(14)…

2019/5/30

お堀を走った瀬戸電と初の国鉄バス路線を訪ねる旅

名鉄観光サービスが鉄道にこだわったツアーを発売しました。 【達人?!鉄人と交通発展史を巡る】あの町の発展に歴史あり〜瀬戸編〜 ★名鉄東岡崎駅発着 ★日帰…

2019/5/23

350メートルの廃線跡…小牧基地貨物支線 廃線跡探訪(4)

■名鉄小牧線から分岐していた貨物支線 4月4日付で取り上げた桃花台新交通(ピーチライナー)の廃線跡探訪をした日、まだ夕方までには時間があるからと、もう一…

2019/5/16

リニア・鉄道館で、100系新幹線の企画展を開催中(9/23まで)

■100系新幹線電車は新幹線初の新形式 リニア・鉄道館では、ほぼ毎年企画展を実施しています。 いま開催している「第8回 企画展」のタイトルは、 東海道新幹…

2019/5/9

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り時々雨
25 ℃/--
東京
雨
23 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
31 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集