肩と背中、胸の中をゆるめる「蝶の羽回し・蝶の羽ばたき」=ふぁんそんテクニック・その5= 2012/12/18

これまで、「ハンガースワイショウ」、「すわり金魚」、「すわりイルカ」の三つの「」ふぁんそんテクニック を実践的に学んできました。

今回は、まずはじめに、「ふぁんそんテクニック」のベースに流れている考え方についてお話しておきます。

「ふぁんそん」という状態は、体内がゆるんだ状態のことで、それを体性感覚(たいせいかんかく)という感覚で体感します。感覚と言えば、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚(温度感覚)の、いわゆる五感が知られています。

この五感は、私たちの皮膚よりそとにあるものを認識するための情報収集機関です。生存に必要な食べ物、パートナー、安全性などをキャッチして必要な行動を取るために情報を収集しているのです。ここで用いられている体の働き、即ち、五感→脳→行動の働きを、仮に「意識的分野」の機能としておきます。

ところが、「ふぁんそんテクニック」で用いられる体性感覚は、この「意識的分野」とは別の働きなのです。体性感覚というのは、私たちの皮膚より中の状態を認識するための情報収集機関です。どんな情報を収集して脳に伝えているのかと言えば、大きく分けて、次の二つです。

(1)一つは、自分の体がどんな風に動いているのか、即ち、腕はどの高さまで上がっているのか、肘はどれくらい曲がっているのか、足はどの向きにどれくらい開いているのかなど体の姿勢や動きの情報を脳に伝える働きです。

これを「運動感覚」と言い、この感覚がないと私たちは正常な体の動きをすることができないのです。

(2)二つ目は、体の中の情報、即ち、満腹感、空腹感、尿意、便意、心拍数などの情報を脳に伝える働きです。しかし、これらの感覚は、普段は感じることがなく、異常を感じた時に、その異常を脳に伝えるようになっています。

言わば、内臓の感覚を脳に伝える働きなので、「内臓感覚」と呼ばれる場合もあるのですが、例えば、肝臓や腎臓がどう働いているか、小腸がどう働いているのかなどは感じることも出来ませんので、「内臓感覚」とは呼ばずに、皮膚を含めた体内の感覚という意味で「体内感覚」と呼ぶべきでしょう。

この二つの体性感覚を用いて「ふぁんそん」の状態を作り、それを体感し、その体感によって「ふぁんそん」の状態を体内で動かしていくというのが「ふぁんそんテクニック」なのです。理論的な話の続きは次回に回して、次の実習に入りましょう。

【蝶の羽回し・蝶の羽ばたき】

(1)「すわりイルカ」で、胸から前に突き出していく時に、息を吸いながら肩を後ろから上げるようにし、背中を後ろに引き戻す時に、息を吐きながら肩を前から下ろすようにし、それを繰り返しましょう。

(2)その時に、気持ちを肩先にもっていって肩を回すのではなく、肩甲骨の間の背骨で肩甲骨を引っ張るようにしてみます。丁度、背骨を蝶の胴体、肩甲骨の外側までを蝶の羽と見立て、羽が胴体にくっついている部分で羽を回すようにするのです。

肩先を回そうとすると、首から肩の上にかけての筋肉で回そうとしますので、余分な力が入り、かえって肩が疲れてしまいます。背骨を支点にして肩甲骨の内側を引っ張るように回すことで、いわゆるインナーマッスルという深いところでの筋肉からゆるんでいくのです。

(3)背中がラクにゆるんでくる感じがするくらい、適当に「蝶の羽回し」を続けましたら、その羽の動きを前後のゆらしに変えてみましょう。背骨を前後にゆらすことで肩甲骨が蝶の羽のように揺れているのを体感してみて下さい。これを「蝶の羽ばたき」と言います。

(4)次に、気持ちを胸板(胸骨)に移し、胸板を支点に大胸筋(両胸と鎖骨の間くらい)を回すようにしてみましょう。体の前後のゆれによって大胸筋が引っ張られて回っているようにして下さいね。胸板に大胸筋がくっついている辺りを体感するのが、体の前での「蝶の羽回し」のコツになります。

(5)胸板から胸の中がゆるんできた感覚が出てきましたら、背中の時と同じように、体の前後のゆれによって大胸筋が前後にゆらされているような「蝶の羽ばたき」に変えて、胸板や胸の中の「ふぁんそん」の感覚を体感して下さい。

「ふぁんそんテクニック」の基本は、体内の心地よさの体感です。まずは、無理に形を正しくしようという気持ちをやめて、とにかく、体の心地よさを体感することを大切にしてみて下さい。次回は、「背骨でフラフープ」をご紹介します。

尚、来年一月から、第4日曜日の午後に名古屋市市政資料館をお借りして「ふぁんそん教室」を開催致しますので、詳しいことは和気のブログをご覧下さい。

PR情報

記事一覧

病気のことは忘れて、気の心地よさに没頭せよ!/《ふぁんそん気功講話》1

●ごあいさつ みなさん、こんにちは。 今回から、新たに《ふぁんそん気功講話》というタイトルで、「ふぁんそん気功」についてのお話をさせて頂くことに致し…

2019/10/14

気功治療への道案内/十四日目(最終回)

◆修練に励みましょう 季節は移り、既に10月の声を聞いていた。 私の講習への依頼が幾つか入り、二人の娘たちとの時間的な折り合いがつかず、静観塾も少し間が…

2019/10/7

気功治療への道案内/十三日目

◆本治法に用いる経穴(ツボ)の名称と部位 台風15号が関東を襲った。 暑さは続いていた。 茉奈と佳与が元気な顔を現した。 私は、再度、基本の復習をしておく…

2019/9/16

気功治療への道案内/十二日目

◆基本的な経穴(ツボ)の取り方 私が夏季休暇を頂いている間に、季節はゆっくり動き、秋雨前線が日本列島に横たわり、またまた九州に大雨をもたらしていた。 …

2019/9/2

気功治療への道案内/十一日目

◆診察のヒント 台風10号が西日本に大雨を降らせ、大きな被害をもたらした翌日、お盆休みを終えた茉奈(まな)と佳与(かよ)が愚庵にやって来た。 「今回…

2019/8/19

気功治療への道案内/十日目

◆原穴を覚えよう! 梅雨が明け、猛暑の日々が続いていた。 おかげさまで我が愚庵は山辺にあり、障子や窓を開けているだけで木々の間を抜けてくる涼風が家の中…

2019/8/5

気功治療への道案内/九日目

◆具体的な実習を楽しむ 「少し頭を使い過ぎましたので、今日は治療の実習をしましょうか。」 私が言うと茉奈と佳与は嬉しそうに顔を見合わせた。外では蝉たち…

2019/7/29

気功治療への道案内/八日目

◆証の決め方 「今日は気功治療の中での中心的な課題である証の決め方を勉強しましょう。」 鈍よりした、それでいて時々、ザァーと強い雨を落とす梅雨空の中を…

2019/7/22

気功治療への道案内/七日目

今年(2019年)も梅雨前線が日本の太平洋側に停滞し、九州などでは1日に例年の7月1ヶ月分の雨を降らせ、大きな被害をもたらした。 私たちの勉強も、いよいよ本…

2019/7/15

気功治療への道案内/六日目

◆陰経と陽経を分ける三つの言葉 「私、鳥の舞の練習のお蔭で、肺経、心包経、心経の立体的なルートの感覚、少しは解るようになりました!」 と、愚庵に入るな…

2019/7/8

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
20 ℃/--
東京
曇り
21 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
22 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集