【養生気功の実際】を書くにあたっての私の思い 2017/8/21

全国の読者のみなさん、こんにちは!

今回から【養生気功の実際】というタイトルでの記事を書かせて頂くことになりました和気と申します。よろしくお願い致します。

まず最初に、私がどうして「養生気功」について書きたくなったのか、あなたにお伝えしたくなったのかについて述べさせて頂きます。

[1]
気功の中心的な柱は、何と言っても「養生気功」です。

養生というのは、病気やけがの回復のために静かに療養するという意味と同時に、健康を維持、増進させていくという積極的な意味も持っています。

ですから、養生気功というのは、自らの疾病を治療し、健康を回復させていくと同時に、健康を維持、増進させていくための気功的な取り組みのことなんです。

[2]
実は、心と体の健康に関しての管理者はあなた自身であり、健康に関してどうすれば良いかを指導するドクターもあなた自身なんです。

ですから、養生気功では、あなたの体(姿勢や動き、使い方)とあなたの呼吸、あなたの気持ちと感覚などあなた自身の体と脳と心の全てを用いて行ないます。

私は、釈尊が説いたと言われる「自らを光とし、自らを依り処とせよ」という言葉の気功的な実践、それが養生気功なんだと考えているんです。

この養生気功の考え方は病気を治していく場合の基本になる考え方で、医療機関にかかる場合などでも、あなた自身が自分で治していこうとする積極的な取り組みがあってこそ、その有効性が発揮されるんです。

[3]
養生気功を実践していく場合、少しなりとも東洋医学的な考え方は知っておいた方が良いんですが、東洋医学の背景になっている陰陽五行や天人合一、心身一元などについては追々お話させて頂くことにし、ここでは実際の養生気功への取り組みへの考え方である本治法と標治法について書かせて頂きます。

本治法とは全身のバランスを調え、免疫力を高めていく基礎を作っていく取り組みであり、標治法とは、具体的な症状や不調に対処していく取り組みのことです。

この二つの取り組みを車の両輪として養生気功の実践を行なう訳ですが、実際問題として本治法としての取り組みだけでも大抵の症状や状態は改善されていきます。

具体的な症状などに対処していく標治法から書き始めても良いんですが、そうなると、基本がわからないまま、その場限りでの対処法を覚えるだけで、応用が利かなくなってしまい、本当の意味での「養生気功」を身につけて頂くことが出来なくなるかも知れませんので、まずは、きちんと本治法的な取り組みから身につけて頂きたいと思っています。

[4]
東洋医学や東洋的な身体操作法をベースに成立してきた伝統的な気功法の中に含まれている内容を養生気功の実践という立場から分解し、養生気功を身につけていくために構成し直してきた取り組みがあります。

伝統的な気功法の中身を分解してみますと、

1、放鬆法(ほうしょうほう)
2、意守法(いしゅほう)
3、貫気法
4、採気法
5、周天法、練丹法

など五つの技があるんです。

放鬆法とは、体の内的なゆるみをもたらす取り組みで、意守法とは、体内各部のゆるんだ感覚を体感する取り組みです。

この二つの技をベースとして、手足や胴体内で気を巡らせる取り組みとしての貫気法や、自然界の気を体内に採り入れる採気法、更に、体内の気の力を高めていく取り組みとしての周天法、練丹法があるんです。

[5]
それらの技を養生という立場から構成し直し、創作してきた取り組みに、

・各種のふぁんそんテクニック(体内をゆるめる技)
・坐式ゆらぎ功(坐って背骨や体内をゆるめる技)
・体感しながらのスワイショウ(手を揺らしながら体の感覚を体感していく技)
・基本を踏まえたタントウ功(体の使い方や姿勢を身につけていく立ち方)
・弛緩放鬆功(体をゆるめながら動く気功)
・気のボールづくり(掌感覚をつくる技)
・ふぁんそん静功/気功流手当て法(体内感覚を体感していく技)
・自由太極功/気のボール遊び(気の感覚を強めながら体の使い方を身につけていく(気功)
・気功流軟酥の法(気の感覚を用いて体内の邪気や症状を取り除いていく技)
・樹木の呼吸/鳥の舞(全身の気を巡らせることで養生に役立てていく気功)
・経穴採気功(自然界の気を採り入れて自分の生きる力の素である丹田の力を強くしていく気功をはじめ、養生気功の全体が含まれている気功)
・菩薩静功(気の感覚の心地良さに満たされて坐る技)

などがあるんです。

これらの取り組みを含め、「養生気功」の内容を余すところなく綴ってみたいというのが、この【養生気功の実際】を書かせて頂く主たる目的なんです。


次回から、あなた自身で取り組める具体的な技をご紹介しながら「養生気功」を実践していくことにしましょう。

次回の内容は【自然体をつくる技を身につけよう!】です。
毎週月曜日更新の予定ですので、お楽しみにしていて下さい。

PR情報

記事一覧

幸福追求と気功・2〜ふぁんそん気功講話・まとめ

●気功を通して何のために生きるのかを確かめる 約45億年前に誕生したという地球。 その中で生命が生まれ、進化(退化)しながら人類が誕生したのが700万年前…

2020/3/31

一日一練・365日 No.6

【一日一練・26】 ●練習内容 左右の眼の周りのツボ(部位)を指圧しましょう! 〔方法〕 *指圧やマッサージの決まりはありませんが、左右の眼の周りのツボ(…

2020/3/30

一日一練・365日 No.5

【一日一練・21】 ●練習内容 気のボールを用いて、腕の中で気が動く感覚を体感しよう! 〔方法〕 (1)気のボールを作りましょう。 *「一日一練・9」を参照…

2020/3/23

一日一練・365日 No.4

【一日一練・16】 ●練習内容 関元と命門に手を当てて丹田感覚を体感しましょう! 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせまし…

2020/3/16

一日一練・365日 No.3

【一日一練・11】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねておへそに当てる。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10〜20回ほど擦り合わせましょう。 (2…

2020/3/11

一日一練・365日 No.2

【一日一練・6】 ●練習内容 擦り合わせた両手を重ねて天突に当てましょう。 〔方法〕 (1)両手の掌の皮膚一枚をゆっくり10回ほど擦り合わせましょう。 (…

2020/3/9

一日一練・365日

●はじめに あなたの心身の健康を回復、維持、増進させ、より豊かな人生を歩んでいくために、和気信一郎が推奨する気功を一日5分だけ練習して下さい。 長い一…

2020/3/2

幸福追求と気功・1〜ふぁんそん気功講話・15

私たちは幸福になるために生まれてきているのですから、誰もが平等に人として尊ばれ、幸福になる権利を持っています。 その為に人は貧困と差別と暴力から解放…

2020/2/10

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

プロフィール

16

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集