重水素ってなんだ? 有用性と産業・科学的応用  第1話:水素と重水素 〜重い水素の正体〜 2017/10/11

水素ガス(H2)は最も軽い気体で(比重換算で空気の約1/15)水素原子(H)が二つ結合した「分子」として存在しています。水素原子は「原子番号が1」の最も小さな原子です(元素記号ではHあるいは1Hと表記されます。質量数が1の水素という意味です)。ところで、「原子番号は1」で同じなのに、重い(質量数が2倍と3倍の)水素が2種類存在します。すなわち、軽い水素の約2倍の質量を持つ水素を重水素(原子記号ではDあるいは2H)と、約3倍の質量を持つトリチウム(三重水素、Tまたは3H)です。同じ原子番号で質量数が異なるこれらを、互いに「同位体」と呼んでいます。

ちょっと難しいですが、水素原子(H)は陽子(プラスの電荷を持つ)1個と電子(マイナスの電荷を持ち、陽子の質量の約1/1840しかなくはるかに軽い)1個から構成されています。重水素(D)は陽子1個と電子1個に加えて、陽子とほぼ類似した質量を持ち、電荷を持たない「中性子」1個で構成されています。中性子を持つため、重水素の質量数は水素の約2倍になるのです。トリチウムは中性子を2個持っており、水素の約3倍の質量数を示します。なお、水素原子(H)と重水素(D)は安定な同位体で放射能を出すことは全くありません。しかしトリチウム(T)は不安定な放射性同位体で、β線を放射してヘリウム3(3He)に変化します(半減期12.3年)。トリチウムには、宇宙線と大気中の窒素や酸素が反応して自然界で生成するいわゆる「天然由来のもの」と、原子炉などからの計画排出や核実験などによる「人工的な要因で地球環境に拡散するもの」がありますが、地球上における存在比は極めて低い(限りなくゼロに近い)ので、現時点ではそれほど心配することはありません。

ところで水素ガス(H2)は、還元剤、燃料電池、燃料など、様々な用途に利用されています。燃焼すると水に変化(酸化)するため、クリーンなエネルギー源で、特に地球温暖化対策を意識した次世代エネルギーとして注目されています(2017年6月30日の中日新聞プラス「地球温暖化を考える 〜第3話:水から水素を簡単に取り出す!! 次世代エネルギー製造法への挑戦〜」 )。水素はビッグバンに始まる宇宙誕生過程との関係で、宇宙を構成する最も豊富な元素で、原子の総数比では現在でも90%を超えています。しかし、2017年6月20日の中日新聞プラス「地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜」で紹介した様に、水素は水素ガス(H2)の形では地球上にほとんど存在せず(0.5 ppm程度)、水(H2O)や有機化合物を始めとする様々な物質の構成成分として大量に分布しており、生物の体を構成する主要元素です。

私達が通常「水素」と呼んでいるのは天然に存在する水素の約99.985%を占める軽い水素(H)のことであり、重い水素(重水素、D)の天然存在比は僅か0.015%(150 ppm)程度です。また、「重水素は水素の同位体である」と説明すると、上述のトリチウムと勘違いされて、すぐに「放射能」と結びついてしまい「重水素は危険だ」と思われがちです。しかし重水素は、「安定同位体」であり、放射能を放出することはなく安全で利用価値の高い物質です。

では重水素はどこにあるのでしょうか?
地球上に存在する重水素の大半は、宇宙誕生(ビッグバン)直後に作られたものとされています(日経サイエンス1997年3月号;)。ビッグバンは約137億年前のこととされていますから、このことからも重水素がいかに安定であるかご理解いただけると思います。重水素は皆さんがよく目にする、普通の水(H2O)の中に微量存在しています。飲料水も含めて海水・淡水にかかわらず、地球表面の水には平均で約150 ppm〔水1,000リットル(1トン)中に150ミリリットル)〕の重水(D2O)が含まれているため、水の総量(約14億立方キロメートル:国土交通省ホームページ)を考えると、水は重水素の無尽蔵な貯蔵庫ということになります。

教科書や書籍には、「原子番号が同じ同位体どうしは、重量が異なるだけで同一元素であるので、化学的性質はほぼ同じである」と、判ったようでわかりにくい解説がなされています。簡単に言えば、ある分子を構成する水素(1H)を重水素(2H)で置き換えても、元の分子の性質や物性はほとんど保持されて、基本的には元の分子と同じような挙動を示すのです。しかし、分子の質量が重水素の数だけ大きくなるので、ここにわずかな物理的・化学的変化が生まれます。分子量が18の水(H2O)を重水(D2O)に変換すると、Dの数(2個)だけ重くなり分子量は20となります。例えば、重水(D2O)の沸点は101.43 ℃(1気圧)で水(軽水、H2O、100 ℃)よりも若干高く、蒸発により軽水の方が揮発しやすいため、緯度の低い熱帯地域の天然水は重水素含量が高く、蒸発量の少ない高緯度地方や山岳地帯では低くなる傾向があります。また、水の融点は0 ℃ですが、重水の融点は3.82 ℃でだいぶ高くなっています。水から作った氷が水に浮くことはご承知の通りですが、重水で作った氷は水(H2O)に沈みます。さらに、水素よりも重水素の方が若干ですが結合エネルギーが高く、切断されにくいといった特徴があります。このように重水と水では物理的性質に違いがあり、これらを「同位体効果」と総称します。重水はこれらのわずかな違い(同位体効果)を利用して濃縮され、水から純粋に取り出されているのです。そして、水から取り出した重水(D2O)を原料(重水素源)として、重水素ガス(D2)や、重水素で標識された様々な有機化合物が製造されています。

では「重水」自体は、重水素原料以外に何に利用されているのでしょうか?化学の世界では、物質の化学構造の確認を目的としたNMR(核磁気共鳴)スペクトルを測定する際の溶媒として使用されますが、圧倒的に多いのは、原子力発電などにおける、原子核分裂反応で生じる高速(高エネルギー)中性子の減速材としての使用量です。

次回「第2話」では、水素を重水素に変換(標識と呼んでいます)した有機化合物や高分子の医薬・産業界への応用について紹介します。
岐阜薬科大学 薬品化学研究室では、新しい重水素(D)標識法とその応用に関する研究を活発に展開しています。興味のある方は以下の日本語の総説、

1)薬学雑誌, 133, 1177-1193 (2013)
2)岐阜薬科大学紀要, 60, 41-50 (2011)
3)化学と教育, 61, 404-407 (2013)
4)有機合成化学協会誌, 65, 1179-1190 (2007)

または、当研究室のホームページ「研究テーマ」欄をご参照下さい。

PR情報

記事一覧

クスリにまつわるお金のはなし 〜製薬会社のお弁当〜

日本の国民医療費は、最近では年間42兆円、一人当たり33万円を超えています。これらの費用のほとんどは、私たちが毎月収めている健康保険料や税金、患者自己負…

2019/8/30

スポーツと薬のはなし〜防ごう!うっかりドーピング〜

東京オリンピック・パラリンピックまであと1年。楽しみにしている人も多いと思います。東京での開催は56年ぶり2回目です。しかし、いまから79年前、実は幻の東…

2019/8/21

登山を健康に楽しむために注意すること

明日8月11日は「山の日」です。山の日は2016年に新設された新しい祝日で、祝日法という法律では「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」と定義されてい…

2019/8/10

“美と健康”の好循環による健康長寿の実現

前回、実際の年齢より若く見える要因のお話と、風が吹いたら桶屋が儲かる的なお話ですが、見かけ年齢が若く見えと、人や社会との接点の増加する ⇒ ライフスタイ…

2019/7/30

実際の年齢より若く見える要因と健康との関係

前回、デンマークでの双子の追跡研究結果から、見かけ年齢(第3者が双子を見た目で判定した年齢)の若い方が統計学的に長生きした、すなわち同年齢でも若く見え…

2019/7/20

健康長寿と見かけ年齢

最近の研究によると、ヒトの限界寿命(生物学的に決められている上限の寿命)は125歳で、その歳まで生きられる確率は1万分の1といいます。日本人の平均寿…

2019/7/10

高薬価:その背景は?

一般に医療用医薬品の開発・販売は、営利目的の製薬企業が担っており、自動車や家電、食品などと同様に研究開発を行い、原材料を加工製造して、一定の利益を含…

2019/6/30

高薬価:高額療養費制度でカバーされるというけれど

我が国に現在の形となる市町村運営方式による国民皆保険制度が導入されたのは、1958年の国民健康保険法改正後であり、1961年にその体制が整えられました。そし…

2019/6/20

1回治療3000万円超の医薬品(高薬価)

近年、超高額薬価と言われる医療用医薬品(医療機関で処方してもらう医薬品)が登場するようになり、各種メディアを賑わしており、皆さんもご存知のことでしょ…

2019/6/10

水道水の話B 〜新たな浄水法:膜ろ過方式〜

前回(水道水の話@、A)までは、水道水が主に「砂ろ過」で浄化され、またその後の「塩素消毒」が飲み水を媒介する感染症の防止に重要であることをお話ししてき…

2019/5/30

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨のち曇り
31 ℃/24 ℃
東京
曇り一時雨
30 ℃/22 ℃
大阪
曇り時々雨
32 ℃/26 ℃
  • 東名, 名神, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集