養生気功の基礎・6「採気と気沈丹田」 2017/10/16

全国の読者のみなさん、気功仲間のみなさん、こんにちは。

今回は、養生気功の基礎の六つ目の「採気と気沈丹田」です。即ち、自然界に満ちている気を採り入れ、丹田に蓄えようという訳です。

気功の楽しさは、何と言っても、気を感じて、それを体内で巡らせ、そのことによって自分の気の滞りや不調を取り除き、体や心をラクにしていくところにある訳ですが、それと同時に、自然界の気を丹田に採り入れることによるパワーアップも醍醐味の一つなんですね。

自然界の気の採り入れは、主に皮膚呼吸によって、気を中丹田(胸の中)まで吸い入れた後、下丹田(下腹の中)に向かって吐き下ろすという技を用いるのですが、その採り入れる皮膚の場所は、頭頂部、額、襟首、胸板、腰、足の裏(または尾骨)、掌などになります。

但し、この「養生気功」の実習においては、その中から最も基本的な、どうしても体感して頂きたい採気として、
(1)足の裏
(2)腰
(3)頭頂部
(4)胸板
からの採気を選んでいます。

T、実習


(1)足の裏からの採気
両手の指先を下に向け、体の横で腋の下あたりまで引き上げながら足の裏(踵)から腰、背中と気を吸い上げてから胸の中に入れ、、手を胸の前まで回してから、下腹の前まで下ろしながら、気を丹田に吐き下ろし、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう(男は左手、女は右手を先に当てて下さい)。

(2)腰からの採気
両手の掌を後ろに向け、後ろの気を集めるようにしながら後ろに大きく回し、腕を丸くして掌を腰に近づけながら腰から腰の中に気を吸い入れ、腰に近づけてきた手を脇腹から下腹の前まで下ろしながら、腰から吸い入れた気を斜め前下に吐き降ろすようにして丹田に沈め、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう。

(3)頭頂部からの採気
両手の掌を上に向け、周りの気を集めるようにしながら横から大きく上げていき、腕を丸くして掌を頭頂部に近づけながら頭頂部から首から胸に入るあたりまで気を吸い入れ、首の前まで下ろしてきた手を下腹の前まで下ろしながら、吸い入れた気を丹田に吐き下ろし、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう。

(4)胸板からの採気
両手の掌を前に向け、前の気を集めるようにしながら前に大きく回し、腕を丸くして掌を胸板に近づけながら胸板から胸の中に気を吸い入れ、胸板の前まで近づけた手を下腹の前まで下ろしながら、胸の中の気を丹田に吐き下ろし、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう。

◆補足
これ以外の採気の方法についても記しておきますね。

(1)掌からの採気
両手の掌を上に向けて横から大きく上げていきながら掌から腕を通して胸の中に気を吸い入れ、腕を丸くして、首の前まで下ろしてきた手を下腹の前まで下ろしながら、胸に採り入れた気を丹田に吐き下ろし、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう。

(2)額からの採気
両手の掌を前に向け、前の気を集めるようにしながら前から大きく上げていき、腕を丸くして掌を額に近づけながら額から後頭部あたりまで気を吸い入れ、その気を鼻の奥から首の中あたりまで垂れるように下ろしていき、首の前まで下ろしてきた手を下腹の前まで下ろしながら、気を丹田に吐き下ろし、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう。

(3)襟首からの採気
両手の掌を上に向け、周りの気を集めるようにしながら横から大きく上げていき、腕を丸くして掌を顔の前〜首あたりまで下ろしながら襟首から胸に入るあたりまで気を吸い入れ、首から胸板の前まで下ろしてきた手を下腹の前まで下ろしながら、気を丹田に吐き下ろし、5〜10回ほど繰り返し、両手を下腹に重ねて当てましょう。

◆注意点
これらの採気と気沈丹田には順番の決まりはありませんので、自分がその時、その場で必要と感じたものだけをすれば良いと思います。
その場合の基準は、その場に立った時に、頭の中や胸の中がすーっと心地よくなれば、頭頂部や額、襟首、胸板からの採気、胸の中や腰、丹田、足の裏が温かくなれば胸板や腰、足の裏からの採気を主にすれば良いでしょう。
手は必要に応じて誘導として用い、天の気、地の気、樹木の気、神仏の気など、採り入れる対象の気を集め、皮膚呼吸する箇所に近づけてから首の下や胸の前あたりまで運んでから下腹の前まで下ろしていくという動きをすれば良い訳ですが、皮膚呼吸の感覚が出て来たら、手の誘導は必要なくなり、ただ立っているだけで、あらゆる採気は可能になりますので、周りの人に気兼ねなく、自由に採気と気沈丹田をお楽しみ下さい。


● ご一緒に出来る簡単な動画をYouTubeにもアップしていますので、ご覧下さいませ。
https://www.youtube.com/channel/UCIJCQMxBFhAPtSlPh69mXnA

PR情報

記事一覧

ふぁんそんの正体(2)/《ふぁんそん気功講話》9

(一) 「ふぁんそんは拮抗だ」と、ふぁんそんの状態を表現した仲間がいました。 その、ふぁんそんの状態について「ふぁんそんは空だ」と言った仲間もいたので…

2019/12/9

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

「天」を乗り越える「ふぁんそん気功」/《ふぁんそん気功講話》5

●天という言葉 みなさんは「天」という言葉を聴かれた場合、何を思い浮かべられるでしょうか? 「天高く馬肥ゆる秋」というような「天空」ですか? それとも「…

2019/11/11

空としての広がりを!/《ふぁんそん気功講話》4

●「ふぁんそん」の体感 ちょっと面白い実習をしてみましょうか。 何の実習かと言えば、それは胸板呼吸です。 実際の呼吸ではなく、息を胸の中に吸い入れた…

2019/11/4

自律神経のバランスを調えましょう!/《ふぁんそん気功講話》3

●恐怖が自律神経に働きかけた 一人の女性が夜道を歩いていました。 すると、後ろから誰かが付いてきている気配がします。 確かに歩調を合わせて靴音が着いて…

2019/10/28

ふぁんそんを日常の取り組みに!/《ふぁんそん気功講話》2

●僕の思い みなさん、こんにちは! 今回は、僕(和気信一郎)が普段から願っていること、みなさんにも実践して戴きたいこと、つまり、僕自身が日頃から心掛…

2019/10/21

病気のことは忘れて、気の心地よさに没頭せよ!/《ふぁんそん気功講話》1

●ごあいさつ みなさん、こんにちは。 今回から、新たに《ふぁんそん気功講話》というタイトルで、「ふぁんそん気功」についてのお話をさせて頂くことに致し…

2019/10/14

気功治療への道案内/十四日目(最終回)

◆修練に励みましょう 季節は移り、既に10月の声を聞いていた。 私の講習への依頼が幾つか入り、二人の娘たちとの時間的な折り合いがつかず、静観塾も少し間が…

2019/10/7

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
15 ℃/4 ℃
東京
晴れ時々曇り
14 ℃/3 ℃
大阪
晴れ
15 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集