大井川鐵道でもと西武E31形電気機関車がデビュー 2017/10/18

大井川鐵道でデビューしたE34電気機関車

上の写真は、大井川鐵道で10月15日に営業運転を始めたE31形電気機関車E34です。

大井川鐵道といえば蒸気機関車(SL)が走る私鉄として知られていますが、蒸機列車の最後尾によく電気機関車が連結されていることをご存じでしょうか。蒸気機関車機関車のけん力が足りないほど客車が多いときなどに、電気機関車を補機として最後尾に連結しているのです。その電気機関車として、これまでE101,E102とE501が在籍していました。

【大井川鐡道連記事】----------------------------------------
90周年の大井川鐵道が、旧十和田観光電鉄車を導入
大井川鐵道井川線、922日ぶりに全線で運転再開
トーマス人気の大井川鐵道、予約できていなくてもGO!
-------------------------------------------------------------

一方、西武鉄道で2010年3月末に廃車となったE31形4両のうち、同社の横瀬車両基地に保存されたE31を除いたE32,E33,E34の3両は、2010年9月に大井川鐵道に譲渡されました。私鉄の小形電気機関車は年々減少しているだけに、年代物の電気機関車が活躍している大井川鐵道としては出物だったのでしょう。

ちなみに、E10形は1949年製、E500形は1956年製といずれも新製後60年以上が経っています。これらに対して、E31形は1986-1987年製ですから、新製後30年と新しい車両です。

ツアー参加者を対象にした、千頭駅構内での撮影会の様子

大井川鐵道にやってきたE31形3両は、先輩機関車たちが元気なため、なかなか出番がやってきませんでした。そのため当初は千頭駅に3両が並べておかれ、その後、新金谷駅での入換作業に使われる程度でした。

しかし、さすがに先輩たちのがんばり過ぎも懸念されることから、負荷軽減策としてこのほど営業の第一線に登場することになったのです。

3両のうち、最初に営業運転をはじめたのは、前述のとおりE34です。10月15日に「西武E31形デビュー記念 E34特別列車と撮影ツアー」という同機の営業運転開始を記念したツアーが企画され、指定席客車2両とフリースペースの展望車1両の計3両を牽引してのデビューとなりました。募集人員100名の同ツアーは9月4日に発表されて同15日に売り出されましたが、3倍を超える申込みとなり、参加者は抽選で決まる人気となったそうです。

10月15日のツアー当日は、午前10時に新金谷駅を発車して、途中、家山駅で列車編成の撮影タイムを設けたうえで千頭駅に11時51分に到着しました。千頭駅では車両特別撮影会が開催されました。あいにくの雨模様の日でしたが、客車を切り放したE34単機での形式写真を、参加者たちは熱心に撮影します。

帰路は、展望車のすぐ前にE34!

復路は千頭発13時39分、新金谷駅着14時53分です。
 千頭← E34+旧形客車2両+展望客車 →新金谷
の編成で千頭までやってきましたので、復路は展望客車が機関車次位となります。

つまり、展望室のすぐ前にE34が連結されているので、まさに手の届くような近さで参加者たちは同機をみられるわけです。しかも、「運行開始記念列車」のヘッドマークをつけた側が目の前です。

沿線で撮影しては撮ることができない貴重なアングルだけに、参加者たちは代わる代わるやってきてはシャッターを切っていました。機関車助手席には、出発にあたって贈られた花束が置いてあるのも、初日ならではの光景です。

復路は、家山駅で時間調整のための運転停車があっただけで、まっすぐに新金谷駅に戻りました。その新金谷駅に到着してもツアーは終わりません。

新金谷駅構内で待っていたのは僚機E32です。E34は牽引してきた客車を留置したあと、E32と並ぶ位置に停まり、E31形が2両並んでの撮影会が開催されたのでした。

今後、蒸機列車「かわね路」の後補機として、そして臨時列車の牽引機としてE34の活躍が見られることでしょう。気になるのは続いて現役に復帰する予定のE32,E33の2両ですが、いまのところその時期は未定ということです。

PR情報

記事一覧

「停車場」の中心と端っこ:鉄道“超”基礎知識(19)

9月19日に公開した拙コラム“「停車場」って駅のこと?:鉄道“超”基礎知識(18)”では、停車場とはなにかを記しました。馴染みのある駅はもとより、貨物ターミナル…

2019/10/17

近鉄名古屋線軌間拡幅60周年記念ツアーが開催されました

大井川鐵道でSL乗客が累計900万人となった10月5日、近鉄では観光列車「つどい」を使った名古屋線軌間拡幅60周年記念ツアーが開催されました。 9月12日付当コ…

2019/10/12

大井川鐵道のSL乗客が累計900万人に

年間を通してSL(蒸気機関車)が走ることで知られる大井川鐵道は、近年、アジアで唯一ほんもののSLを使った「きかんしゃトーマス」が走ることでも知られて…

2019/10/10

あの町の発展に歴史あり〜東濃編〜 [日帰りツアー]

名鉄観光サービスが7月に催行したツアー 【達人?!鉄人と交通発展史を巡る】あの町の発展に歴史あり〜瀬戸編〜 は、その募集について当コラム5月23日付で紹…

2019/9/26

「停車場」って駅のこと?:鉄道“超”基礎知識(18)

「停車場」という語をご存じですか? 「ていしゃじょう」「ていしゃば」の二通りの読み方があります。この語を使った有名な短歌として、石川啄木の「ふるさと…

2019/9/19

近鉄名古屋線拡幅まえの痕跡 廃線跡探訪(8)

近鉄名古屋線は、名鉄やJR在来線と同じ1067mm軌間(レールとレールの間隔=ゲージ)で開通しました。そのため、大阪へ行くには伊勢中川駅で乗換が必要でした。…

2019/9/12

愛知県最初の駅は武豊にできた 廃線跡探訪(7)

前回の廃線跡探訪(6)では、JR武豊線武豊駅から延びていた日本油脂専用線の廃線跡を紹介しました。 この武豊駅からは、もう一本の廃線跡もあります。 こちらが武…

2019/9/5

『鉄道講座』第2期を10月から栄中日文化センターで開講します

■講師は引き続き筆者が担当 今年4月から、栄中日文化センターではじまった講座『乗る・見る・訪ねる…知って得する「東海地方の鉄道」』は、お陰様で会期中に定…

2019/8/29

ホテルでSLを見て、バスで飛行機を見に行く旅はいかが?

暑かった夏もそろそろ終わりを迎え、行楽シーズンの秋に向かおうとしています。どこかに行こうと計画している乗り物好きな方、蒸気機関車に乗り、走りを眺め、…

2019/8/22

中京テレビが“乗り鉄”ブログを電子書籍で発刊

上の写真は、標高4000メートルを越えるペルーの峠駅に停車している豪華観光列車「アンデアン・エクスプローラー号」です。南米・ペルーを代表する観光地である…

2019/8/15

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち一時雨
24 ℃/17 ℃
東京
曇りのち一時雨
21 ℃/17 ℃
大阪
曇りのち一時雨
25 ℃/16 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集