鉄道“超”基礎知識(5) 客車の車両記号 冒頭の数字が「重量」を表す 2017/12/9

大井川鐵道に多く在籍する旧形客車たち

★今回のポイント

---------------------------------------------------------------
・客車の形式名の冒頭は重量を表している
・客車重量は軽い方から「コホナオスマカ」の7段階ある
・車掌室があると「フ」、寝台車は「ネ」がつく
・運転席「ク」、展望車「テ」、一等車「イ」、食堂車「シ」などもある。

★客車の形式名を知ろう

---------------------------------------------------------------
前2回で、電車と気動車の形式名には、それぞれモーターの「モ」と気動車の「キ」をつけることを記しました。

鉄道“超”基礎知識(3) 「クハ」「モハ」「クモハ」って何?
鉄道“超”基礎知識(4)「キハ」「サハ」、JR東の「E」

では、動力を持たない客車の場合はどうなるのでしょう?

動力を持たない客車は既に珍しい存在になっていますが、かつて蒸気機関車が主力だった頃には、機関車にけん引される無動力の客車が当たり前でした。当時、電車が走るのは都市部がほとんどで、特に初期の電車は路面電車が多かったのでした。

現に、日本初の電車は後に京都市電となる京都電燈による路面電車でした。愛知県でも、名古屋鉄道(名鉄)の前進のひとつは名古屋市内の路面電車…後の名古屋市電でした。このように、日本での電車は路面電車からスタートしたのでした。

いきなり話が反れてしまいましたが、このように、日本の普通鉄道の旅客車は客車からはじまっています。明治5年に新橋〜横浜間を走った日本初の鉄道も、蒸気機関車が客車をけん引する列車でした。その客車は、動力を持たないため、動力を表す「モ」とか「キ」とかはいりません。

★客車は頭に「重量」の記号がつく

---------------------------------------------------------------
一方、客車自体の重量は、けん引する機関車を選ぶ際の重要な情報となります。重い客車を何両も連結して、坂が多い勾配線区を走るのであれば、強力な機関車がいります。そこで、客車の形式名の先頭には、重量を表す記号をつけることになっています。その記号は次の通りです。

コ…22.5トン未満
ホ…22.5〜27.5トン未満
ナ…27.5〜32.5トン未満
オ…32.5〜37.5トン未満
ス…37.5〜42.5トン未満
マ…42.5〜47.5トン未満
カ…47.5トン以上

これらの文字の語源は、「コ」が小形、「ナ」は並、「オ」は大形などとと言われていますが、完全な定説はないようです。

蒸気機関車が走ることで知られる大井川鐵道には、多くの客車が在籍していますが、国鉄からの譲渡車が多く、国鉄時代の形式名を踏襲しています。

大井川鐵道に多く在籍する旧形客車たち

上の写真は大井川鐵道の車両基地がある新金谷駅で撮影したものですが、大きく写っているのはスハフ42 186。その左側にはオハ35 22と書かれた部分が写っています。大きく写っている方は「ス」なので、左側の「オ」よりも重い車両だということが判りますよね。

また、いずれも「ハ」ですから普通車です。スハフ42の「フ」は、車掌室がついていることを表しています。電車や気動車は、車端の運転室を車掌室にも兼用しますが、客車には運転室がありませんので、設計段階で車掌室を作るわけです。しかし、車掌室は編成に1-2箇所あれば良いケースが多いので、車掌室がない客車も多くあります。その区別のために「フ」をつけているのです。

ちなみに「フ」はブレーキの「ブ」から来ているようです。かつて、貫通ブレーキがない時代には、列車を停めるのに機関車のブレーキだけでは足らないことから、車掌が乗っている車両のブレーキもかけて停めていたのでした。その名残の形式名ということです。

なお、カタカナに続く二桁の数字までが形式を表し、少し空けて記された数字は客車番号です。通常1番から順番につけますが、用途によって1000番台、2000番台といった番台区分を使うこともあります。

★「釧路湿原ノロッコ号」の変わった形式名

---------------------------------------------------------------

JR北海道のノロッコ車両の形式には「テ」や「ク」がある。

上の写真は、JR北海道が釧網本線で走らせている「釧路湿原ノロッコ号」です。雄大な自然が自慢の釧路湿原を楽しむための車両で、季節の良いときには窓を開けて景色を楽しむことができます。

その5両編成のうち2両の形式番号を写真の中に示していますが、「オハテフ500-51」と「オクテハ510-1」となっています。最初の「オ」は先に説明した客車の重量で、32.5トン以上、37.5トン未満ということを表しています。続く「ハ」は普通車ですよね。一方の「ク」は日本の客車では珍しいものですが、電車の「クハ」と同じく運転席があることを表しています。

無動力の客車に運転席? と思いますが、写真がまさに運転をしてこちらに向かってきているところです。でも、客車には動力がなく、最後部についているディーゼル機関車が押しているのです。その機関車を、編成の反対側にある客車の運転席から遠隔操作しているのです。日本にはあまり存在しない形式ですが、大井川鐵道の井川線では、同じように起点の千頭側に機関車をつけ、終点の井川側にある客車の運転席から遠隔操作で運転する方式をとっています。

さて、3つめの「テ」はなんでしょうか。
これは「展望車」の「テ」です。

もともと客車の展望車は、最後尾を解放したものでした。それも、室外にあって、手すりだけついている設備です。その点からすると、このノロッコ車両に「テ」をつけるのは変ですけど、そこは観光列車。近年では珍しい窓を開けられる構造から、客室からの展望を楽しめるとして「テ」をつけたようです。最後の500とか510の数字は、ノロッコ号が50系客車からの改造車のためです。

このように、一見変な形式番号「オハテフ500-51」と「オクテハ510-1」も、説明がつくのです。

★「ななつ星in九州」独自の形式名

---------------------------------------------------------------

形式名に「イ」が復活した「ななつ星in九州」の客車

最後に、超豪華クルーズトレインの先駆けとなった「ななつ星in九州」の客車を紹介しましょう。同列車の人気をみて走りはじめたJR東日本の「TRAIN SUITE 四季島」、JR西日本の「Twilight Express 瑞風」は気動車なのに対して、「ななつ星in九州」は機関車けん引の客車で登場しました。

上の写真には2両が写っていますが、上が7号車「マイネフ77 7007」、下が2号車「マシフ77 7002」です。いずれも「マ」から始まっていますので、42.5トン以上47.5トン未満の重い車両ということがわかります。

続く「イ」は「イロハ」の「イ」…つまり一等車という意味です。国鉄時代に1,2,3等車からグリーン車と普通車の2等級制にしていますので、JRの車両は「ロ」と「ハ」ばかりで「イ」を名乗る車両は基本的に存在していませんでした。例外的に、JR西日本が交通科学博物館で保存していた国鉄時代の展望車を動態復活した「マイテ49 2」があるだけでした。

その長年の慣習を破って「イ」が登場したのです。超豪華列車ですから、「イ」をつけても当然ですよね。もちろん、続いた「TRAIN SUITE 四季島」と「Twilight Express 瑞風」も、それぞれの車両に「イ」を採用しています。

「イ」に続く「ネ」は寝台車を意味しています。「しんだい」ではなく「ねる」から「ネ」としたのは判りやすいですが、「シ」は食堂車につけるために譲ったのかも知れません。上の写真に写る下の車両が食堂車「マシフ77 7002」ですが、客室窓のうち2つにテーブルランプが写っていることに気付きます。その右側には高い位置に横長の窓がありますが、ここが厨房でしょう。厨房ではコックさんが立って仕事をするので、その視線の高さに合わせた窓を設けているわけです。

なお、形式名の数字にやたらと「7」が多いのは、「ななつ星」にひっかけた遊び心です。また、末尾の数字は通常の製造連番ではなく、号車番号になっています。一編性しかない特殊な車両ならではの、独自の形式名をつけているわけです。

★今回のおさらい

---------------------------------------------------------------
・客車の形式名の冒頭は重量を表している
・客車重量は軽い方から「コホナオスマカ」の7段階ある
・車掌室があると「フ」、寝台車は「ネ」がつく
・運転席「ク」、展望車「テ」、一等車「イ」、食堂車「シ」などもある。

PR情報

記事一覧

「停車場」の中心と端っこ:鉄道“超”基礎知識(19)

9月19日に公開した拙コラム“「停車場」って駅のこと?:鉄道“超”基礎知識(18)”では、停車場とはなにかを記しました。馴染みのある駅はもとより、貨物ターミナル…

2019/10/17

近鉄名古屋線軌間拡幅60周年記念ツアーが開催されました

大井川鐵道でSL乗客が累計900万人となった10月5日、近鉄では観光列車「つどい」を使った名古屋線軌間拡幅60周年記念ツアーが開催されました。 9月12日付当コ…

2019/10/12

大井川鐵道のSL乗客が累計900万人に

年間を通してSL(蒸気機関車)が走ることで知られる大井川鐵道は、近年、アジアで唯一ほんもののSLを使った「きかんしゃトーマス」が走ることでも知られて…

2019/10/10

あの町の発展に歴史あり〜東濃編〜 [日帰りツアー]

名鉄観光サービスが7月に催行したツアー 【達人?!鉄人と交通発展史を巡る】あの町の発展に歴史あり〜瀬戸編〜 は、その募集について当コラム5月23日付で紹…

2019/9/26

「停車場」って駅のこと?:鉄道“超”基礎知識(18)

「停車場」という語をご存じですか? 「ていしゃじょう」「ていしゃば」の二通りの読み方があります。この語を使った有名な短歌として、石川啄木の「ふるさと…

2019/9/19

近鉄名古屋線拡幅まえの痕跡 廃線跡探訪(8)

近鉄名古屋線は、名鉄やJR在来線と同じ1067mm軌間(レールとレールの間隔=ゲージ)で開通しました。そのため、大阪へ行くには伊勢中川駅で乗換が必要でした。…

2019/9/12

愛知県最初の駅は武豊にできた 廃線跡探訪(7)

前回の廃線跡探訪(6)では、JR武豊線武豊駅から延びていた日本油脂専用線の廃線跡を紹介しました。 この武豊駅からは、もう一本の廃線跡もあります。 こちらが武…

2019/9/5

『鉄道講座』第2期を10月から栄中日文化センターで開講します

■講師は引き続き筆者が担当 今年4月から、栄中日文化センターではじまった講座『乗る・見る・訪ねる…知って得する「東海地方の鉄道」』は、お陰様で会期中に定…

2019/8/29

ホテルでSLを見て、バスで飛行機を見に行く旅はいかが?

暑かった夏もそろそろ終わりを迎え、行楽シーズンの秋に向かおうとしています。どこかに行こうと計画している乗り物好きな方、蒸気機関車に乗り、走りを眺め、…

2019/8/22

中京テレビが“乗り鉄”ブログを電子書籍で発刊

上の写真は、標高4000メートルを越えるペルーの峠駅に停車している豪華観光列車「アンデアン・エクスプローラー号」です。南米・ペルーを代表する観光地である…

2019/8/15

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(12:00発表)
名古屋
曇り時々雨
24 ℃/--
東京
曇り
22 ℃/--
大阪
曇り一時雨
25 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集