養生気功の前に何をするの? 2018/1/15

【静観】
全国の読者のみなさん、気功仲間のみなさん、新年明けましておめでとうございます。
今日から新しい仲間を迎えて、養生気功についての「静観塾」を始めることにします。
塾に参加して頂く仲間をご紹介します。
まず、多摩さんです。

【多摩】
多摩です。
よろしくお願い致します。

【静観】
多摩さんは「養生気功・シンプルヴァージョン」を百日続けられたそうですね。
如何でしたか?

【多摩】
まだよくはわかりませんが、もう習慣になってしまって、しないと落ち着かないというか、まだ、そんな感じくらいですが・・・。

【静観】
そうですね、養生気功も習慣になってきたところから始まると言ってもよいくらいなので、それは良いことですよ。

【舞】
じゃぁ、私なんか、まだまだだぁー!

【静観】
(笑いながら)いまの舞さんが二人目の仲間で、養生気功は始めたばかりの新米さんです。

【舞】
あっ、まだ紹介、受けてなかった!
みなさん、初めまして。
舞と言います。
この「達人に訊け!」の先生の動画を観て、「養生気功・シンプルヴァージョン」を始めたばかりなんですが、先生の塾があるとお聞きして参加させて頂きました。
よろしくお願い致します。

【静観】
また後日、仲間が加わるかも知れませんが、当面は、この二人の仲間と勉強していくことになります。
参加の条件は、休まないで参加するということですから、多摩さん、舞さん、よろしくお願いしますね。

【多摩、舞】
よろしくお願いします。

【静観】
ということで、早速、今日の課題に入る訳ですが、お二人は、養生気功をする前に、どんなことをしていますか?

【舞】
えっ、何かするの?
わたし、すぐに昇降開合から始めてましたが・・・。

【多摩】
それはだめよ。
まだ、肩もゆるんでないし、体も気功的になってないんだから。

【舞】
どういうこと?

【静観】
気功的な体になるには、かなりの時間が掛かるんですが、少なくとも、肩の中はゆるんでいた方が良いでしょうね。

【舞】
それって、何か別のことをするってことですか?

【多摩】
スワイショウよ、肩の中を感じながらのスワイショウ!

【舞】
スワイショウは、疲れた時などにはしていても、養生気功の前にはしていなかったわ。

【多摩】
ただ腕振りの体操じゃなく、肩の中がゆるんだ感じになるためにスワイショウをするのよ。

【舞】
そうなんだぁ。
じゃぁ、わたし、今度からそうしよう!

【静観】
いま、多摩さんが言ってくれましたが、「養生気功・シンプルヴァージョン」をしながら、肩をゆるめたり、気功的な体を作ったりしていっても良いんですが、肩の中のゆるみだけは、スワイショウで体感しておく方が良いでしょうね。

【舞】
養生気功の前にはスワイショウですね。

【静観】
それがわかっただけでもかなりの進歩ですよ。

【多摩】
そのスワイショウの時の感覚ですが、それはどんな感じになれば良いんでしょうか?

【静観】
そうですねぇ、その話は、舞さんに一週間続けて頂いた後にしましょうか。
多摩さんも、自分がどんな感覚になっているのか、また来週にお話して頂くことにして、今日の塾は終わりましょう。
お二人とも、これから宜しくお願いしますね。

【多摩、舞】
よろしくお願いします。

【舞】
わたし、頑張る!

【多摩】
頑張っちゃだめ!
肩の中がラクになることが大切なんだから、頑張らないで、楽しんで、気楽にね。

【静観】
そう、養生気功は頑張らないで、心地よくなることを大切に続けることが大事なんですよ。

【舞】
はーい、頑張ってみまーす!
あれっ?
(そう言って、舞は頭をかいて笑いました。)

PR情報

記事一覧

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

禅に学ぶ気功の道・2/《ふぁんそん気功講話》12

煩わしい日常を離れ、気功が出来る時間と空間を持てることへの喜びの段階である「離生喜楽(りしょうきらく)」から進んで、私たちは次の段階である「定生喜楽…

2020/1/13

禅に学ぶ気功の道・1/《ふぁんそん気功講話》11

私は、気功は心と体と呼吸を統一的に調えていくことを前提にしていますので、その点で、気功は禅の一種だと考えてきました。 従って、気功を深めれば深めるほど…

2020/1/6

ふぁんそん気功の頂上に見えるもの/《ふぁんそん気功講話》10

気功というのは気の訓練のことです。 気の訓練を通して、身と心の安らぎを獲得していくのです。 その「気の訓練」には正しい手順があります。 「緩感貫採練…

2019/12/23

ふぁんそんの正体(2)/《ふぁんそん気功講話》9

(一) 「ふぁんそんは拮抗だ」と、ふぁんそんの状態を表現した仲間がいました。 その、ふぁんそんの状態について「ふぁんそんは空だ」と言った仲間もいたので…

2019/12/9

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

「天」を乗り越える「ふぁんそん気功」/《ふぁんそん気功講話》5

●天という言葉 みなさんは「天」という言葉を聴かれた場合、何を思い浮かべられるでしょうか? 「天高く馬肥ゆる秋」というような「天空」ですか? それとも「…

2019/11/11

空としての広がりを!/《ふぁんそん気功講話》4

●「ふぁんそん」の体感 ちょっと面白い実習をしてみましょうか。 何の実習かと言えば、それは胸板呼吸です。 実際の呼吸ではなく、息を胸の中に吸い入れた…

2019/11/4

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
15 ℃/6 ℃
東京
曇り
12 ℃/4 ℃
大阪
曇りのち晴れ
15 ℃/8 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集