ロシアで“ロシアンティー”は通じない!?〜ロシアの紅茶事情 2018/2/27

●日本では「紅茶にジャムを入れる」ロシアンティー

「ロシアンティーが大好きなんです♪」という女性にお会いしました(^^)。その方は、日頃から紅茶が好きでよくお飲みになるそう。特に寒い時期は、「紅茶にジャムを入れた」ロシアンティーが恋しくなるとか。その方に限らず、“紅茶とジャムといえばロシアンティー。”そんな連想をする人も多いですよね。

私も長野に住んでいたころ、冬の菅平に取材に出た折に立ち寄ったお店で、メニューにロシアンティーがあるのを見つけて注文した思い出が。

出てきたのは、細かな細工が施されたステンレスのホルダーに縦長のグラスが納まり、たっぷり注がれた湯気の立つ紅茶。すでにイチゴジャムが溶かしてあり、ほんのわずかにブランデーの香りがします。その一杯が、外の寒さも相まって飲むごとに体に沁みわたるのが分かり、本当に美味しく、今でも味や香りを思い出せるほどです。

きっとその方も、いつもと違う飲み方、その温かさと甘さに、体も心もリラックスするのでしょうね。

ロシア・ウラジーミル州スーズダリの一般家庭での様子。梨のジャムが添えられています。カップ&ソーサーは、伝統的民芸品ホフロマ塗りの柄を模した陶器。

●ロシアの実際は?

このように、日本では「紅茶にジャムを入れて飲む」スタイルがロシアンティーとして知られていますので、きっと多くの方が、ロシアの人たち誰もがそのように飲んでいるのだろうと、特に疑いもせず受け入れていることと思います。しかし、ロシアでよくある飲み方は、お茶請け感覚で「ジャムをなめながら紅茶を飲む」スタイル。それも、ロシア全体の習慣ではないというのです!

私もロシアの事情を全て把握しているわけではありませんが、知る限りでは、モスクワやウラジーミル州あたりではこの習慣がある一方で、サンクトペテルブルクでは、紅茶にジャムを添えることすらないとのこと。地域によって習慣が全く違うようです。よって、「ロシアンティー」という呼び名はなく、それを言われても、現地の人たちは何のことなのか分からないそうです。

●サモワールを囲む紅茶の時間

ロシアで紅茶といえば、 “サモワール”という専用の大型湯沸かし器具が有名です。今では、ティールームや地方の家庭で見られる程度になってきているそうで、イギリス風のポット式淹れ方も一般的になりつつあるといいます。

そのサモワール。大きな卵型をしていて、お湯を出す蛇口が付いており、熱源が中に入っています。上にはティーポットを乗せることができ、下からの蒸気で上の紅茶を蒸らします。上の紅茶は大変濃いため、下のお湯で割って飲むというスタイル。

寒い冬には暖房代わりにもなり、サモワールを囲んで、熱い紅茶とアップルパイなどのケーキやチョコレート、小皿に取り分けたジャムなどをお茶菓子に、長い時間おしゃべりに興じるのが、ロシア女性の楽しみのひとつでもあったということです。

つまり、ロシアの人々は、あくまでも自分たちの生活文化の中で紅茶を楽しんでいるのであり、“ロシアンティー”という名の紅茶やメニューがあるわけではないということがわかります。ジャムがお茶請け感覚であるというのも、ケーキなどと一緒に出されるスイーツの一つと考えると、すんなり受け入れられますね。ジャムは各家庭で作ることが多く、果肉がゴロゴロ残るタイプが主流だそうですから、食感もよく食べ応えがありそう!まさにお茶請けにピッタリです。

●ジャムを入れるスタイルはどこから?

日本でジャムを紅茶に入れるスタイルが定着した理由は、東京の老舗ロシア料理店が、紅茶にジャムをそえても日本人にはなじみがなく分かりにくいだろうと、最初からジャムを紅茶に入れて提供し、それが広まったからという説があります。

だとすると、決して見様見真似でロシア風の紅茶を作ったわけではなく、ロシアの家庭的な飲み方が、日本らしい思いやりの気持ちでちょっぴり形を変えて広まったともいえるでしょう。そう思うと、日本風のロシアンティーが、紅茶の温かさに負けない優しさのこもった飲み物として一層愛着ある飲み物に思えてきますね。

ジャムに少しだけブランデーを混ぜていただくと、より風味がよく体が温まります。春の気配が少しずつ感じられる時期といえどもまだまだ寒さが続くとき。自分のために、ご家族のために。アツアツのロシアンティー、作ってみてはいかがでしょうか。(*^^)⊂□□⊃(^^*)

サモワールなどお茶の道具を持つ絵柄のマトリョーシカ。
PR情報

記事一覧

おいしさのための紅茶道具の選び方:一から学ぶ紅茶入門B

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 前回ご紹介した、基本の紅茶の淹れ方、お試しになりましたか…

2020/4/1

紅茶の基本の淹れ方 美味しさを引き出す3つのポイント:一から学ぶ紅茶入門A

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 今回は、私が主宰する紅茶教室、『ティーアトリエ Silver Tip…

2020/3/2

紅茶は世界で一番飲まれているお茶:一から学ぶ!紅茶入門@

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 突然ですが、この連載、ゆっくりペースでの更新ながら、これ…

2020/2/5

未来のお菓子職人に託す思い

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 毎年11月は、私にとっては“若さ”と“未来”に向き合う月。二十…

2019/11/25

【報告】子どもでも作れる!カラフル・アイスティーの秘密

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 いつの間にか猛烈な暑さだった夏が終わり、気付けば9月も中…

2019/9/10

「オレンジペコーってなに?」知ると奥深い本当の意味

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 つい先日出張紅茶教室があり、『はじめての紅茶レッスン』と…

2019/6/1

『香りはいいのだけれど…』紅茶を美味しく飲む方法

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 今回は、読者の方から頂いたご質問にお答えします。「かずり…

2019/5/2

”ぐちゃぐちゃ”がなぜか絶品!「イートン・メス」イギリスのデザート

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザーの島田枝里です。 先日開催した、金沢中日文化センター紅茶教室では、今の時期…

2019/4/2

季節のアレンジティーレシピ(8)赤ワイン入りでホットな冬のアレンジティー!マルドワインティー

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザー島田枝里です。 12月の紅茶教室は、どのテーマのクラスであっても、毎年クリス…

2018/12/25

ティータイムの食器のそろえ方(5) 〜ケーキフォーク、サイズは?形は?

こんにちは!紅茶のある心豊かな暮らしのお手伝い。ティータイムオーガナイザー島田枝里です。 皆さんは、ケーキを食べるときにどんなフォークを使っています…

2018/11/28

プロフィール

19

達人に質問をする

・紅茶専門店・銀の芽 代表
・紅茶教室『ティーアトリエ Silver Tips』主宰
・金沢中日文化センター紅茶教室講師
・ティータイムオーガナイザー
・フリーアナウンサー

愛知県犬山市出身。石川県金沢市在住。

信越放送(TBS系列)勤務時代に紅茶に関する資格を取得したことで、紅茶が農作物であることを再認識。

それぞれの産地・季節によって旬の時期があり特徴的な味わいを持つことに感銘を受け、この道へ。

ネットショップでは、紅茶本来のナチュラルな風味を大切にした新鮮な茶葉やオリジナルブレンドの販売を。

教室では、それらをベースにしたアレンジティーや、ティータイムのしつらえなど、日々の暮らしに紅茶を取り入れるアイデアと工夫を披露している。

夫と小学生二人の4人暮らし。

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集