【お悩み相談室その91】運動会の後が散らかっているのは子どもたちへのいじめ? 2018/5/20

オレハマッテルゼ、チチンプイプイ、カミサンコワイ、ゴメンアソバセ、ヤッパリツヨカッタ、コップヒヤザケ、コクミンネンキン・・・・・・。

これって、全部競馬馬の名前なんだそうですよ。実況中継では、笑いをこらえるのが大変でしょうね。

それでは、「お悩み相談その91」です。

〔悩み〕
運動会の後、運動場や花だんにジュースのかんなどがたくさん散らかっていて、後片づけが大変でした。大人は、ぼくたちをいじめようとしているのでしょうか?(弘井益夫 12歳・小学生)

〔回答〕
いじめなんて、とんでもない。全く反対で、大人はきみたちを心から愛しているのです。

きみは、「親の心子知らず」という言葉を知っていますか? 親が大切なことを子どもに伝えようとしても、子どもにはなかなか伝わらないということです。

きみの悩みも、親の本当のやさしさが伝わっていないから、生まれてきたんでしょうね。お父さんやお母さんも、自分たちが良かれと思ってやったことが、まさかいじめと受け止められるとは、思ってもいなかったことでしょう。

では、お父さんやお母さんに代わって、説明してみますね。

もしもそのジュースのかんが、体育館の裏や木のしげみに捨てられていたら、見つけるのも大変だったことでしょう。それがなぜか、わざわざ運動場や花だんなど見つけやすいところに捨てられていたのですよ。そこに、お父さんやお母さんたちのやさしさを感じませんか?

ジュースのかんがたくさんあったということは、それだけたくさんの人がきみたちの運動会を見に来てくださり、バザーがにぎわったということを示しています。きみたちに送られた、熱い応援を思い出してください。それは、親がきみたちに向けた限りなく深い愛情の印なのです。かんを拾い上げた時、そのぬくもりが伝わってきませんでしたか。その愛情を、きみたちにはしっかりと受け止めてほしいのです。

でも、将来、きみたちが大人になって子どもの運動会に行った時には、親のまねをするのではなく、新しいやり方で愛情を伝えてやってくださいね。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談その168】「言うことがコロコロ変わりすぎる」と、部下から文句を言われる

むかしむかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。おじいさんは毎日、家でゲームをしていました。おばあさんは毎日、カフェで友だちとお…

2019/11/10

【お悩み相談その167】太陽に敗れて悔しいのでリベンジしたいが、必勝作戦を教えてほしい

あったらいいな、こんなロボット。 相手によって文章を書き分けてくれる「年賀状書きロボット」。 人間関係がまずくならないように、上司の代わりに部下を叱っ…

2019/11/3

【お悩み相談その166】暇すぎて何もすることがなく困っている

「カジノが解禁されたら、ギャンブル依存症になる人も増えるやろうなあ」 「いや、思うほど増えへんと思うで」 「ほな、増えるか増えへんか賭けてみよか」 こ…

2019/10/27

【お悩み相談その165】ろくなテレビ番組がないのはなぜ?

課長は怒り心頭だった。文書を取引先にもう発送してしまったというのだ。 「この文書は、誤字だらけだぞ。こんなみっともない文書を送って、恥ずかしくないの…

2019/10/20

【お悩み相談その164】緊張をほぐすためにはどうしたらいいのか?

「オレが、同じ話を何度もするようになったら、すぐに言ってくれよ」 「その話、これで3度目よ」 「いや、違う。4度目だ」 こうなると、何が真実か分からな…

2019/10/13

【お悩み相談室その163】結婚する娘に、おやじギャグを散りばめたはなむけの言葉を贈りたい

教員免許には、落語学習を必修にすること。 そうすれば、話のおもしろい先生がたくさん生まれて、授業も楽しくなると思うんですけどね。 それでは、「お悩み…

2019/10/6

【お悩み相談室その162】車のナンバーをつい足し算してしまう自分が嫌になる

ウサギとカメがもう一度競走をするといううわさを聞き、オオカミがやって来ました。 「オレも入れてくれよ」 3匹で一斉にスタートしましたが、結果はやはり…

2019/9/29

【お悩み相談室その161】就職試験の面接で、好きなことわざを「棚から牡丹餅(ぼたもち)」と答えるのはまずいのか?

「化学記号は大事だから覚えておくように」 「え〜!そんなの、覚えらんな〜い」 休み時間には、その関係が逆転します。 「AKB48のメンバーの名前、全部覚え…

2019/9/22

【お悩み相談室その160】2番目の人生を目指すのは正しいのだろうか?

自分で動くわけではないのに、「自動車」というのはなんでだろう? 自分で転ぶわけではないのに、「自転車」というのはなんでだろう? 考えてみればみるほど、…

2019/9/15

【お悩み相談室その159】友人から「いつも自信過剰だ」と非難されるが、心を改めるべきだろうか?

笑いには、痛みを和らげる効果があるそうです。 「そんなバカな!?」と疑う人は、注射をされる前に思いっきり笑ってみてください。あるお医者さんが、患者さん…

2019/9/8

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
17 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
17 ℃/--
大阪
晴れ
16 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集