生理学を頭に入れて(静観塾13回目) 2018/5/21

【静観】
私たちは、幾つもの功法を覚える前に、「ふぁんそん状態」を作るための生理学、人体変化の生理学を理解しなければならないと私は考えているんですよ。

【舞】
ふぁんそん状態を作るための生理学って?

【静観】
その生理学というのは、まず、能動的に体を動かし、その動きによって動かされている受動的な揺れの感覚を体感し、動きとしての体性感覚を開発していくことなんです。

【多摩】
強く意識しようとしないでも感じられる感覚があるということを体感する訳ですね?

【静観】
それに没頭することによって、独りでに脳波はα波になり、自律神経も副交感神経優位に移行するんです。

【舞】
α波の脳も副交感神経優位の状態も、独りでになっていくということですか?

【静観】
二つ目は、自律神経が副交感神経優位になると、その変化によって、皮膚温や体内温度が上がるということです。

【多摩】
まさに生理学的な変化が体感できるようになってくるんですね。

【静観】
その皮膚温や体内温度の上昇を体感し、それに没頭していくことによって、体性感覚を支配する脳に感覚が刻まれていくんですね。

【舞】
感覚が刻まれる?

【静観】
脳に感覚が刻まれていくので、フィードバックして、体のあらゆる箇所での感覚の再現が出来るようになり、その部の「ふぁんそん」の体感が可能になってくるんですよ。

【多摩】
それら一連の練功が、気功を深めていく手順である「緩感貫採練(かんかんかんさいれん)」の中の「緩感(かんかん)」、つまり放鬆法と意守法ということになるんですね?

【静観】
この一連の練功を基礎にして、気を巡らせる貫気法、周天法、気を取り入れる採気法、丹田の気を練り込んでいく練丹法、即ち、「貫採練(かんさいれん)」が可能になるんですね。

【舞】
「かんかんかんさいれん」の中で、前の「かんかん」と、後の「かんさいれん」との間には、大きな隔たりがあるんですねぇ。

【静観】
前段の「かんかん」の練功なしには気功は深まらないと認識すべきでしょうね。

【多摩】
そのための練習法、それが「ふぁんそんテクニック」だったんですね?

【舞】
「すわり金魚」、「すわりイルカ」、「蝶の羽ばたき・羽回し」、「ふぁんそん掌」、「腕わかめ」などは、生理学的な変化を独りでに起こしていくための技だったんですね。

【静観】
それらの技を通して、脊椎のゆるみ、関節のゆるみ、皮膚の体感、皮下の体感、体内の体感をもたらし、体内の副交感神経優位の状態を作り、それを体感する体性感覚を開発し、自覚的な脳の働きによって「ふぁんそん状態」を再現可能にしていくことが大切なんですよ。

【多摩】
その再現可能な状態にまで自分の感覚を導いてこそ、気功の楽しさと有効性がほんとうにわかってくるんですね。

【静観】
わたしは、スワイショウから授業を始めることが多いんですが、それは単なる準備体操として行なっている訳ではないんですよ。

【多摩】
「緩と感」の確認、即ち、気功をする一人一人が、自分の体感を通して、自分の「ふぁんそん状態の感覚」の体感の確認をするためなんですね?

【静観】
この体感の確認作業ができるからこそ、スワイショウは「スワイショウに始まり、スワイショウに終わる」と言われるくらいに深い内容を持っているんですよ。

【舞】
わたし、そのあたりのこと、わかっていなかったわ。

【静観】
そして、スワイショウに併せてタントウも行なっているんですよ。

【多摩】
それも生理学的な確認ですか?

【静観】
それもあるんですが、わたしたちは、自分の健康の回復と維持、増進の課題とも向き合っているんですから、それにも応える必要があるんです。

【舞】
ふぁんそんテクニックやスワイショウだけではだめなんですか?

【静観】
それでも良いんですが、それだけだと、気功は力を抜くだけのリラックス、だら〜んとした脱力が目的なんだと感じる人もいますからね。

【舞】
わたしみたいに?

【静観】
だから、上虚下実の自然体を作り、自然治癒力を高めていく取り組みもひつようなんですよ。

【多摩】
そのためには、タントウによる体重降ろしが必要だってことですね?

【静観】
丹田を充実させていくことにも心を配らねばならないからね。

【舞】
養生気功の中に三円式タントウ功を組み入れているのは、そのためなんですか?

【静観】
わたしが、片足ずつの体重移動による足の使い方、体重の降ろし方を確認してもらってからのタントウをしているのは、タントウしながら「ふぁんそん状態」を体感してもらいながらも、下実の状態を作るためなんですよ。

【多摩】
丹田を充実させるためには、丹田が温かくなっていくという感覚というか、自分でフィードバックさせて、自分の力で丹田を強くしていく取り組みも必要なんですね。

【舞】
やっぱり、生理学と東洋医学をベースにして気功の学び方、深め方を体系づけられている先生は、スゴイわ!

【静観】
お世辞を言っても、指導の手は緩めませんからね(笑)

PR情報

記事一覧

気功治療への道案内/十三日目

◆本治法に用いる経穴(ツボ)の名称と部位 台風15号が関東を襲った。 暑さは続いていた。 茉奈と佳与が元気な顔を現した。 私は、再度、基本の復習をしておく…

2019/9/16

気功治療への道案内/十二日目

◆基本的な経穴(ツボ)の取り方 私が夏季休暇を頂いている間に、季節はゆっくり動き、秋雨前線が日本列島に横たわり、またまた九州に大雨をもたらしていた。 …

2019/9/2

気功治療への道案内/十一日目

◆診察のヒント 台風10号が西日本に大雨を降らせ、大きな被害をもたらした翌日、お盆休みを終えた茉奈(まな)と佳与(かよ)が愚庵にやって来た。 「今回…

2019/8/19

気功治療への道案内/十日目

◆原穴を覚えよう! 梅雨が明け、猛暑の日々が続いていた。 おかげさまで我が愚庵は山辺にあり、障子や窓を開けているだけで木々の間を抜けてくる涼風が家の中…

2019/8/5

気功治療への道案内/九日目

◆具体的な実習を楽しむ 「少し頭を使い過ぎましたので、今日は治療の実習をしましょうか。」 私が言うと茉奈と佳与は嬉しそうに顔を見合わせた。外では蝉たち…

2019/7/29

気功治療への道案内/八日目

◆証の決め方 「今日は気功治療の中での中心的な課題である証の決め方を勉強しましょう。」 鈍よりした、それでいて時々、ザァーと強い雨を落とす梅雨空の中を…

2019/7/22

気功治療への道案内/七日目

今年(2019年)も梅雨前線が日本の太平洋側に停滞し、九州などでは1日に例年の7月1ヶ月分の雨を降らせ、大きな被害をもたらした。 私たちの勉強も、いよいよ本…

2019/7/15

気功治療への道案内/六日目

◆陰経と陽経を分ける三つの言葉 「私、鳥の舞の練習のお蔭で、肺経、心包経、心経の立体的なルートの感覚、少しは解るようになりました!」 と、愚庵に入るな…

2019/7/8

気功治療への道案内/五日目

◆経絡について 「先生、前回、経絡の名前は教えてもらったんですが、私、経絡については何も知らないもんですから、概略的な範囲で構いませんので、少し教えて…

2019/7/1

気功治療への道案内/四日目

東海地方も梅雨に入り、湿度も高く、少し動くとジワッと汗ばむ陽気になってきたが、茉奈と佳与の二人の娘は元気よく愚庵にやって来た。 ◆六部に配当されている…

2019/6/24

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り
29 ℃/24 ℃
東京
曇りのち時々雨
22 ℃/21 ℃
大阪
曇りのち晴れ
29 ℃/24 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集