儲からない 理由 2018/8/9

ようこそおたずねくださいました。
おおきに
あなた様はお元気ですか?

八月に入っても暑いですね。
くれぐれも皆さん、体調には気をつけてくださいね。

お盆休みをもらえる方、逆にお盆だからこそ忙しいと
いう方もおられるでしょう。

私も僧侶として、お盆は汗だくになりそうです。


●儲からない

先日、こんなメールがきました。「五月に喫茶店をオープンさせたのですが、なかなかお客がこなくて落ち込んでいます。今ではカキ氷もメニュに入れているのですが、お客さんはなかなか入ってきません。なんででしょうね」とのことでした。

今では雑誌、メディアも充実し、新しいお店は比較的取材されますが、なぜこの店は取材もされないのでしょうか。

何をするのでもその「特徴」ががないと人間は興味をもちません。

しかし、私たちの人生は、だれもが「頑張ったらどうにかなる」と思い勝ちです。

誰だって何かをする前は「頑張ってやる」と思います。しかし頑張ってもどうにもならない壁に直面するのです。
なぜならどんなに便利な世の中になっても最終は「人間が仕事をしている」ことには変わりがないからです。


●機械が仕事するのではない 人間が仕事をする

たしかに、一人一人発揮する力量は違いますね。それを「私もあの人のようになりたい」と思ってあたかも自分も同じレベルに持ってこようとするのは危険なことなのです。

もちろん仕事に成功している人もいます。
しかし失敗に終わってしまう人もいるのです。

あなたがもし後者の言葉に「ドキっと」きたならどうぞ冷静に引き続き読んでください。

理想はたてるが実際利益にならないというのは、単なる「夢見る夢子さん」でしかないのです。
今の現状というのが冷静に見れてない、心が夢の中でしかいれないのです。

最近、詐欺で逮捕される事件が目立ちますね。ちゃんと仕事をしていたらいいのですが、相手を騙してまでもお金儲けをしたいという。人間は、一度、おいしい思いをすると、レベルを落とすということはできなくなるのでしょう。

今の自分を冷静に見れなかったということなのです。
そして「今の自分は本当の自分ではない!もっとすごいことをやれるはずなんだ」と自分を自分で励ますことしかできないのです。

本職があるのに、他の事業に手をだしてしまい大きな負債を抱えてしまったという方もおられます。足元を見ることなく、もっと他にできることがある」という錯覚に陥ってしまうのです。

錯覚とは幻を見ているだけのことなのです。
そのことに気がつかないと足元は地につかず「できる自分」だけを求めてしまい、最後は踏ん張ることができず、奈落の底に落ちてしまうというのが落ちなのです。

●自分を知る

大無量寿経の中に「汝自当知」-にょじとうち-と言う言葉が出てきます。

「汝(なんじ)自ら(みずか)当(まさ)に知るべし」ということです。
「自らを知れ」とは自分の分限をしりましょう。
つまり自分の限界を知りましょう。ということなのです。

これはもう「諦めろ!」ということではなく、今の自分ができる領分を知っていき、今自分にできることをさせてもらうということではなのです。
極めて自分を冷静にみることのできる教えです。


●なぜ空まわりするのか?

なぜ空回りばかりするかというと、自分を知ろうとはせず「あの人もやったのだから私にもできる」と他人と自分を置き換えようとするからです。

野球でもピッチャーから投げられる球をしっかり「見て」自分のもつ力をそのまま返していけばいいのです。

大きな体の人できる方法があります。
イチロー選手のような体は確実なヒットを狙えばいいのです。

それを私もイチローみたいにやってやる!と思うから実力もないのにただバットを振ることしか考えず、空回りで終わってしまうのです。

私の故郷である門司に、あるお豆屋さんがあります。ご主人がリヤカーを引いて色とりどりの煮豆を売っています。この豆は本当に美味しく、噂を聞きつけた人が周りを取り囲みます。そして、あっという間に売り切れてしまうのです。
私はご主人に「店舗をもうけたらどうですか?きっと爆発的に売れますよ」といいました。
するとご主人は「私の自宅には先代から受け継いだ鉄なべ3つで豆を作っている。エンドウ豆 おたふく 小豆」この3種類の豆を煮ています。

この年になって私が作れる豆はこれが限界なんですよ!
これ以上手を広げると、私の体も悪くなるし、又一番怖いのは、粗末なものをつくりかねませんから」と。

ご主人は70歳という体をよく見て、また生き抜きの時間もいれながら、松尾芭蕉は「松のことは松に聞け」と教えてくれました。

人間の生きがいは「多くの商品を作っているね」といわれることではないのです。

「あなたいい仕事してるね」と言われた瞬間なのです。

喫茶店の経営者さんに
「お客さんの喜ぶ空間をつくっていますか?」
店の特徴はなんですか?
と返事をさせていただきました。


今の自分をよく見ていきましょう。
私に何ができるのか
私しかできないことがあるのではないか
よく足元を見ていきましょう。

●お知らせ
8月12日 日曜日 中京テレビ
クギズケ に出演しています。是非!

PR情報

記事一覧

人間はなぜ生きないといけないの?

ようこそおたずねくださいました。 しっかり秋も深まり冬の気配ですね。 風邪はひいてないですか? さて、先日50代の女性から 「人間は、死ぬのになぜ生…

2019/11/25

魅力的な人とは

先日、ある女性から 「夫から『お前は可愛くないやつだな』と言われました。 お互いに年齢は重ねているので可愛げは無くなります。 お互いさまなのに、なぜ私だ…

2019/10/22

死にたいほど 生きたい

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 暑かった夏も9月に入り、和らいできましたね。 さて、この9月は、「自殺予防週間」です。 厚生労働…

2019/9/13

人が「キレる」理由ってなんでしょうか

毎日、暑いですね。夏バテしていませんか? 暑いとつい短気になってしまいますね。 私もつい「イラっ」としたことがありました。 暑さの中、さらにお腹がすい…

2019/8/3

誰かの言葉に傷ついたら

いよいよ7月に入り、本格的な夏を迎えますね。皆さんいかがお過ごしでしょうか。 さて、私たちは人間関係の中で生きています。その関係性がもっとも左右される…

2019/7/4

ストレスと上手に付き合う

●ストレスが溜まる

2019/6/8

高額な参加費のセミナーには気をつけよう

すっかり新緑の頃となりました。また時代も平成から「令和」に変わろうとしています。皆さんようこそおたずねくださいました。 さて、読者さまから相談をいただ…

2019/4/29

自信がもてる生き方

待ちに待った春ですね。あちらこちらで桜の開花が楽しめます。 この「待ってました」という感動はどうして沸き起こるのでしょうか。 それは長い冬に耐えてき…

2019/3/30

誰に頼って 生きているの?

ようこそおたずねくださいました。 おおきに あなた様はお元気ですか? いよいよ待ちに待った春ですね! とはいっても花粉症の季節でもあります。 くれぐれ…

2019/2/24

理不尽な目に遭ったとき どうしたら?

ようこそおたずねくださいました。僧侶の川村妙慶です。 あらためまして、本年もよろしくお願いします。 インフルエンザが流行っていますね。くれぐれも気をつ…

2019/1/30

プロフィール

16

達人に質問をする

真宗大谷派僧侶・アナウンサー

京都在住(福岡県出身)
20歳で真宗大谷派(東本願寺)の僧侶となる。と同時に社会経験をと、関西を中心にアナウンサーとして活躍。

15年前から立ち上げたHPでは
2007年ヤフー人名検索1位になり話題になる。「川村妙慶の日替わり法話」は一日3万件のアクセス。

現在 中日文化センター「心が元気になる講座」講師。

NHK京都、大阪文化センター講師。FBS読売文化センター講師。KBSラジオ「ほっかほっかラジオ 妙慶のちょっといい話」レギュラー。

産経新聞「明日へのヒント」・京都新聞「暖流」日経ヘルスプルミエ
連載中。

全国へ講演で回る。また著書も多数出版。

近著に「女の覚悟」講談社・「大丈夫!何とかなるから 」KKベストセラーズ、「妙慶の怒りをおさめる35の話し」こう書房 他

☆川村妙慶のテレフォン法話
075-431-7603(なむあみ)

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
15 ℃/4 ℃
東京
晴れ時々曇り
14 ℃/3 ℃
大阪
晴れ
15 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集