気功実習体系・3〔坐式での背骨ゆらし・左右〕 2018/8/20

この技は如何に背骨をゆるめていくかという様々な取り組みの中で形作られてきた技法で、ふぁんそんテクニックの中では〔すわり金魚〕と名付けている技法です。

基本は自分の背骨をゆるめることにある訳ですから、こういう順番でしなければならないと言った決まりはありませんが、どんな感じですれば良いのかをお伝えするために二つの方法をご紹介しておきます。


《その一》

◆二つ折りにした座布団か硬めのイスに座って下さい。

◆軽く背筋を伸ばし、肩の力を抜いた後、左右の坐骨に交互に体重を掛けるようにして体を左右に揺らしましょう。
音楽室にあったメトロノームのような感じです。

◆その揺れを続けながら、次に、臍の真後ろ辺りの腰椎が一番丸くなるような感じで腰椎を揺らしましょう。
腰のところで波が揺れているような感じで揺らして下さい。

◆続いて、気持ちを胸の後ろ、肩甲骨の下辺りの背骨に上げて、そこが一番丸く膨れているように揺らしましょう。
胸椎全体が弓なりの形で揺れているのを体感して下さい。

◆更に、気持ちを首の付け根に上げ、そこを支点に頚椎が揺れているのを体感しましょう。

◆その左右の揺れを続けながら気持ちを頚椎から胸椎の揺れ、腰椎の揺れと降ろしていき、最後に坐骨での体重移動だけで背骨(脊椎)全体が波のように揺れているのを体感してから、故意に揺らすことをやめ、ゆっくり揺れが独りでに止まるのを待ってから終わりましょう。

★この技のポイントは、脊椎(腰椎、胸椎、頚椎)が揺らされて動いている動きの形や動きの状態を体感するところにあります。
五感に用いられている感覚ではない感覚、即ち、体性感覚の中で、まずは、動きの感覚(受動的に動かされている動きの感覚)を体感していく練習によって、脳波をα波にし、体内を副交感神経優位に導いていくのです。


《その二》

◆二つ折りにした座布団か硬めのイスに座って下さい。

◆軽く背筋を伸ばし、肩の力を抜いた後、右の肩先を落とさないように右に突き出し、肩のラインを水平に滑らせるように左右交互に肩先を横に突き出しましょう。

◆その揺れを続けながら、首の力を抜き、首の付け根を支点に頚椎が揺らされているのを体感しましょう。
頭は肩が行く方向と反対側に倒れながら引っ張られていき、肩を突き出す動きが終わった後、惰性で頭が持ち上がってくるのを体感してから反対の肩を突き出していくようにすれば、首の滑らかな揺れが体感できると思います。
そして、頚椎がどんな形で揺らされているかを体感して下さい。

◆しばらく続けた後、気持ちを背中に降ろし、胸の横(腋の下辺り)から横に突き出すようにして、胸のラインを水平に滑らせるように左右交互に突き出しましょう。

◆その揺れを続けながら、背中の力を抜き、第七胸椎辺り(肩甲骨の下のライン)を支点に胸椎が揺らされているのを体感しましょう。
そのラインが一番膨れた弓なりの形で揺れているようにし、その胸椎の揺らされている形と動きを体感して下さい。

◆続いて気持ちを腰に降ろし、脇腹から横に突き出すようにして、ウエストラインが水平に滑るように左右交互に突き出しましょう。

◆そして、第三腰椎(臍の真後ろ辺り)を支点に腰椎が丸くなって揺れているのを体感します。

◆最後は体重を坐骨に降ろし、坐骨を支点に骨盤を左右に揺らし、その揺れによって脊椎全体が波のような形で揺らされているのを体感しましょう。

★脊椎全体が細い竹が揺れているような、海の底で海草が揺れているような感じになれば良いですね。

★意識して感じようとするのをやめ、実際に揺れている動きを体感するだけで良いんです。そのことで脳波はα波になり、体内は副交感神経優位になり、気功で言う〔入静状態、気功状態〕という心地よい状態と境地を得ることができるようになってくるんですね。

PR情報

記事一覧

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

「天」を乗り越える「ふぁんそん気功」/《ふぁんそん気功講話》5

●天という言葉 みなさんは「天」という言葉を聴かれた場合、何を思い浮かべられるでしょうか? 「天高く馬肥ゆる秋」というような「天空」ですか? それとも「…

2019/11/11

空としての広がりを!/《ふぁんそん気功講話》4

●「ふぁんそん」の体感 ちょっと面白い実習をしてみましょうか。 何の実習かと言えば、それは胸板呼吸です。 実際の呼吸ではなく、息を胸の中に吸い入れた…

2019/11/4

自律神経のバランスを調えましょう!/《ふぁんそん気功講話》3

●恐怖が自律神経に働きかけた 一人の女性が夜道を歩いていました。 すると、後ろから誰かが付いてきている気配がします。 確かに歩調を合わせて靴音が着いて…

2019/10/28

ふぁんそんを日常の取り組みに!/《ふぁんそん気功講話》2

●僕の思い みなさん、こんにちは! 今回は、僕(和気信一郎)が普段から願っていること、みなさんにも実践して戴きたいこと、つまり、僕自身が日頃から心掛…

2019/10/21

病気のことは忘れて、気の心地よさに没頭せよ!/《ふぁんそん気功講話》1

●ごあいさつ みなさん、こんにちは。 今回から、新たに《ふぁんそん気功講話》というタイトルで、「ふぁんそん気功」についてのお話をさせて頂くことに致し…

2019/10/14

気功治療への道案内/十四日目(最終回)

◆修練に励みましょう 季節は移り、既に10月の声を聞いていた。 私の講習への依頼が幾つか入り、二人の娘たちとの時間的な折り合いがつかず、静観塾も少し間が…

2019/10/7

気功治療への道案内/十三日目

◆本治法に用いる経穴(ツボ)の名称と部位 台風15号が関東を襲った。 暑さは続いていた。 茉奈と佳与が元気な顔を現した。 私は、再度、基本の復習をしておく…

2019/9/16

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り
13 ℃/--
東京
曇り
10 ℃/--
大阪
晴れ
15 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集