「ささしまライブ」で鉄道イベント第2弾を開催中!! 2018/11/3

実物大のC62形蒸気機関車が、1階エントランスホールに!

今年2月4日に「ささしまライブ」の中京テレビ放送の本社で開催された「チュウキョ〜くんの鉄道フェスタ」については、当コラム昨年12月28日分で予告し、本年2月14日分で結果報告をしました。その第2弾が、11月2日(金)〜11月11日(日)に開催されています。

過去記事
2月4日(日)中京テレビ「鉄道フェスタ」イベント申込受付中
チュウキョ〜くんの鉄道フェスタが2月4日に開催される

今回の目玉は、なんといっても実物大のC62形蒸気機関車でしょう。日本最大の旅客用蒸気機関車C62は、全長約22メートル、高さ約4メートルもあります。ところが、その素材はなんと段ボール!動輪の厚みは段ボールを貼り合わせて作っていますし、運転室等も段ボールの組み合わせで作られています。

その部品点数は3,000点、段ボールの重さは約3トンといいますから、半端ではありません。その組み立てが10月28日に行われたので、見せていただきました。

3千点の部品が機関車の部位別に並べてあり、人の手で組み立てられる

中京テレビ本社1階エントランスホールには、所狭しと段ボール部品が並べられています。10トントラック2台で工房のある九州から運び入れたのだそうです。巨大な部品から小さな部品まで実にさまざまありますが、なにせ段ボールです。重い物でも数名で運べてしまいます。まして、小さな部品であれば、一人でいくつも持ち運べます。

だからといって手抜きされているわけではなく、実に細かい部品まで丁寧に作り込まれていますので、ぜひこの機会に実物をご覧になることをお勧めします。

段ボール技師の島秀雄さんが設計されたもので、これだけの重量を型崩れせず展示できるようにするには、その強度設計が重要になるそうです。さらに、現場では図面を見ることなく次々と作業者に的確な指示を出し、みるみるうちに組み立てが進んでいきます。作業者といっても工房関係者ではなく、中京テレビ関係者とアルバイトで構成された、段ボール製蒸気機関車は初めて作る人達です。

段ボールC62を設計された島秀雄さん

東京都北区の尾久で生まれ育った島さんは近くの尾久機関区に入り浸り、幼稚園には一日しか行かなかったと豪語される方です。その尾久機関区には当時、新鋭のC62形蒸気機関車が次々に配属されてきたということです。戦後すぐの昭和23年から24年にC62は新製されていますので、その頃の話です。

そんなC62形ですが、段ボールで制作する蒸気機関車としては2両目となります。最初に作ったのはD51形蒸気機関車で、設計後、古段ボールを集めて自身の手によりカッターで切っていったそうです。その膨大な作業で、腱鞘炎になったというのも頷けます。

その点、このC62はCADと呼ばれるコンピューターで作った図面をそのまま切断装置に入力して、新品の段ボールを自動で切り出したそうです。それだけに、より作りがしっかりしていると言われていました。

ちなみに、D51はこれまでに方々で公開されていますが、C62は工房のある九州を除いて一般公開するのは初のことだそうです。

中京テレビ本社傍らにある1887年英国製のレール

中京テレビ放送の本社へ行ったら、ついでに見てきたいものがあります。1887年英国キャンメル社製の古レールです。日本の鉄道が新橋〜横浜間に開業したのは1972年ですから、それから15年後に造られ輸入されたものです。中京テレビ放送の本社建設時に地中から発見されたものということですが、同地はもともと旧国鉄笹島貨物駅だったところです。輸入後に本線上で使用されたあと、再利用としてこの地で何らかの用途に使われていたものと考えられます。

場所は、あおなみ線ささしまライブ駅を下車してすぐ。改札口の真ん前の建物が中京テレビ放送ですが、その右端(西側)あたりです。目立たず判りやすくないものですけど、一見の価値がありますよ。

なお、「チュウキョ〜くんの鉄道フェスタ 2018秋」は、11月11日までの毎日9時30分〜17時30分の開館で、11月3日(土)だけは21時まで開館予定です。入場は無料ですので、お出かけのついでに寄ってみてはいかがでしょうか。

PR情報

記事一覧

『鉄道講座』を4月から栄中日文化センターで開講します

■講座の講師は筆者が担当 当コラムの連載をまとめた書「東海鉄道散歩」を昨夏に上梓したことは、昨年7月20日公開の当コラムでお知らせしたとおりです。 同書が…

2019/2/21

明治村に蒸気機関車の女性運転士が誕生

明治村には、明治時代に動いていた乗り物として、旧京都市電の通称“N電”とともに蒸気機関車(SL)が走っています。いずれも明治時代に新製された本物なのは、明…

2019/2/9

鉄道“超”基礎知識(12) 鉄道ってなに?

★鉄道って何でしょう? いきなりの初歩的な質問で驚かれた方、ごめんなさい。でも、改めて鉄道と言われて、正確に答えられる方は意外に少ないものと思います。…

2019/1/29

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[3/3]

★田口線ゆかりの保存車モハ14とその車内 田口線ゆかりの車両として、田口の町中にある奥三河郷土館にモハ14が静態保存されています。写真のとおり屋根がかけら…

2019/1/17

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線[2/3]

★廃線跡は橋りょう跡と隧道跡がポイント 上の写真は、豊川の上流にある寒狭川にかかる県道389号線の橋を写したものです。 並行する橋で何やら見ているのは、ご…

2019/1/14

廃線跡探訪(1) 豊橋鉄道田口線

★廃線跡探訪の連載をはじめます 明けましておめでとうございます。 本年は新たな企画として、東海地方を中心とした廃線跡を毎月一線区程度順次紹介していこう…

2019/1/10

忍者高速船が中部国際空港〜津に登場!

中部国際空港から忍者発祥の地として知られる伊賀への最短ルートは、津エアポートラインの高速船を利用するコースとなります。 その高速船にこのほど忍者が潜…

2018/12/27

日本一のトレインビュー・ホテルでフォトセミナーを開催

昨年5月16日に「名古屋の鉄道を一望にできるトレインビューホテル」と題して、名古屋駅南のささしまライブにオープンした、名古屋プリンスホテル スカイタワー…

2018/12/21

鉄道“超”基礎知識(11) 曲線標

前回、速度制限標識について記しました。 この速度制限の多くは、カーブによるものです。カーブが急であればあるほど速度を落とさなければ曲がりきれないのは…

2018/12/6

鉄道“超”基礎知識(10) 速度制限標識

上の写真は、JR西日本の山口線湯田温泉の構内端付近で撮影したもので、列車の左側に建っている「55」という標識が今回のテーマです。速度制限標識といって、…

2018/11/23

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『高校野球に球数制限 必要?不要?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後時々曇り
14 ℃/--
東京
晴れ後一時雨
13 ℃/--
大阪
曇り
11 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集