信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その3 2018/11/7

津島祭りで船が集まる車河戸

いろいろ書いているうちに、津島を巡るルートの第三回目をすっかり書かないままでしたので、それを今回は。前の二回をもう一度お読みいただければ幸いです。

信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その1
信秀・信長の痕跡を追って津島をめぐるルート その2

さて、津島神社を見学したあと、やはり見なくてはならないのが津島湊でしょう。といっても以前書いたように現在では川は残っておらず、当時の痕跡として大きな池があるだけです。『宗長手記』の1526年のところに「堤ゆく家路はしげるあし間かな この所のおのおの堤を家路とす。橋あり。三町(約300m)あまり。勢田の長橋よりは猶遠かるべし。中略 はしの本(元)より、舟十余艘かざりて、若衆法師誘引。此の川づらの里々数を知らず。」と書かれており、信長が生まれた1534年ごろの津島は、琵琶湖・瀬田の大橋よりも大きな橋がかかっていたようです。

それはそうと問題は船を飾って若衆(春を売る男性)が法師(僧侶)を誘っているというくだり。当時はホモセクシャルが普通だったとはいえ、そういう盛り場があったということなのでしょうか。まあそれくらい繁華街だったということと捉えておきましょう。しかしそもそもこの文はそういう意味ではないのか? もう少し調べてみたいと思います。

今はボートが浮かぶ公園の池だが、かつては大きな川と湊だった
津島の町歩きはこうした看板が充実していて飽きない

今もこの池で行われている津島天王祭は、その頃はまだ提灯船が出る宵祭はなく、朝祭りだけだったようです。これは信長も見たという記録が残っているようです。始まったのはよくわかりませんが、1200年代の津島はまだ寂しい状態だったようですから、やはり1400年代からでしょう。そうすると600余年という歴史を持つことに。1522年から車楽船の置物人形などが記された「大祭筏場車記録」という史料があるので、その頃にはすでに祭りが行われていたことは確かにわかります。江戸時代初期の1666年に尾張藩は津島湊を廃止しましたが、それでも祭りは続きました。

瑞泉寺の稚児門
瑞泉寺
お寺にも説明看板がしっかり用意されている

今もこの祭りの時に船が入る入江のようなところが車河戸です。このあたりは明治30年の川の締切頃から、地形を変えていないようですが、それ以前はさらに奥の舟戸町のあたりまで入江が張り出していたようです。現在は4つの屋台島もその頃は5つあったそう。その舟戸町の瑞泉寺は大橋家の菩提寺で、1507年に筏場といわれるこの一帯へ移転してきました。1748年に書かれた「尾張国海西郡津島之図」では、このあたりまで車河戸が来ているのがわかります。そのため川祭りの当日、稚児が門外の水路から小船で本船に向かったことから名付けられた稚児門が今も残っています。舟戸町の町名から分かるように、このあたりは低地で水際の地帯だったわけですね。この天王川東岸低地の橋詰・筏場・西御堂・船戸にかけての一帯は、信長の祖父信貞・父信秀の支配下になる1500年以降に開発が始まったようで、低湿地で水のつく場所を徐々に埋め立てて、そして筏場の町並が形成されたようです。

上の丸の一帯が古い湊の米之座あたりで、下の丸の一帯が信秀の時代に干拓された筏場あたり(地図は明治初期のもの)

つまり津島は信貞が支配を始める前から、北部の米之座あたりを中心地として1400年代には大橋家・堀田家などが自治する貿易港となっており、勝幡城の信貞はその利権を押さえるべく、津島神社の神宮寺の中でも本寺にあたる下三宅(勝幡の北)にある牛頭山長福寺を通じて、神仏混合の津島神社を支配し、やがて津島そのものを把握していったということなのでしょう。

さらに信秀の時代になると、下流の筏場あたりの低湿地干拓が進められ、津島湊は筏場あたりへ移り、新たな市もそのあたりで開かれたと思われます。この干拓事業で水辺に石を積む技術が進み、それが後に小牧山城築城時に石垣を積んだ技術に転用された、ということも考えられなくもありません。信長の時代には津島は完全に支配下におかれ、津島衆は服部小平太のように信長の親衛隊として組織されていったと思われます。そんなことを想像しながらの津島歩き、楽しんでみてください。

PR情報

記事一覧

『麒麟がくる』を観るなら、明智光秀ゆかりの「美濃源氏土岐一族」を知ろう

今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀のお話。光秀は私の研究範囲の人ではないので詳しくはないのですが、やはり謎が多く、若い頃どこでどうしてい…

2020/1/9

石垣部会と歴史的和解!? 名古屋城天守閣木造復元市民向け説明会がありました

例年、1月の終わり頃に開催されていた説明会が今年はなぜか11月の終わりから始まりました。木造復元に関しては揉めまくっているにも関わらず、あまり情報が市民…

2019/12/4

信長は初陣でなぜ三河の大浜を攻めたのか、その背景を考えてみます

先回、有名な平手政秀自死(1553年)の謎をいろいろ考えてみましたが、父信秀の家老的存在で信長の育ての親ともいえる平手政秀は、半世紀に渡る尾張と駿河…

2019/11/20

信長の育ての親、平手政秀の切腹は、今川との和平を促すためか!?

私は、鳴海中日文化センターで「若き信長150名所スタンプラリー」という講座を開催しています。今回もその講座でのお話をご紹介しましょう。 講座情報:「若き…

2019/10/19

熱田に残った信秀・信長の痕跡ツアー(若き信長150名所スタンプラリーです)

私は、鳴海中日文化センターで「若き信長150名所スタンプラリー」という講座を開催しています。 鳴海中日文化センター若き信長150名所スタンプラリー この講…

2019/9/24

450年以上謎だった桶狭間の戦い、その新説がいよいよ雑誌「歴史群像」で取り上げられました

昨年2月にこの連載でも書きました桶狭間の戦いに関する新説ですが、私の会社で刊行した「現代語訳・信長公記 天理本 首巻」の中で紹介しただけですので、あれ以…

2019/9/6

夏休みは大人も子供も、小牧山城史跡情報館「れきしるこまき」へ

子どもたちの夏休み、どこか連れて行くところを考えているのでしたら、良いところをご紹介しましょう。それが愛知県小牧市の小牧山城史跡情報館「れきしるこま…

2019/7/31

信長ゆかりの名刀「あざ丸」と「蜘蛛切丸」が熱田神宮宝物館で同時展示

さて、今回は桶狭間合戦の外伝的なお話を。永禄3年5月19日(ユリウス暦1560年6月12日)にあった桶狭間合戦の当日昼頃、信長が善照寺砦まで来たのを見て、漆山か…

2019/7/16

桶狭間古戦場に常設の観光案内所が正式オープンしました

名古屋市緑区桶狭間。ここはご承知のように桶狭間の戦いの古戦場として有名な場所です。信長と義元の銅像が立つ桶狭間古戦場公園には、全国から多くの歴史ファ…

2019/6/21

論争いっぱいの歴史ブームとはいえ、歴史研究者の生活は苦しいみたいです

このところ、歴史作家の井沢元彦氏と歴史学者の呉座勇一氏の論争(週刊ポスト掲載)が話題になっています。 といっても歴史好きでない人にはまったく知られて…

2019/5/25

プロフィール

15

達人に質問をする

歴史ライター

名古屋市守山区出身。地元出版社で自動車雑誌、タウン雑誌などの編集者を経て、編集・web制作の株式会社デイズを創業し、現在は代表取締役会長。

長く自動車ライターとして活動してきたが、2012年に信長ゆかりの地をめぐるガイド本「信長公記で追う桶狭間への道」を出版し、以降は歴史ライターを中心に活動。2018年に「信長公記・天理本」の首巻部分を現代語訳(かぎや散人氏・訳)で出版し、2019年には「桶狭間の戦い」の新解釈(新説)を歴史雑誌で発表した。座学と現地歩きの講座「若き信長150名所スタンプラリー」を鳴海中日文化センターで開講中。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
11 ℃/--
東京
晴れ後曇り
10 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/--
  • 東名, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集