信長の屋敷か!? 小牧山城山頂部でついに建物跡が発掘されました 2018/11/27

今年の現地説明会は例年になく暖かな快晴に恵まれました

毎年、発掘によって着実に信長の小牧山城の姿を明らかにしてくれている小牧市の「史跡小牧山城主郭地区発掘調査」。今年の第11次発掘調査では、またまた素晴らしい発見がありました。山頂に近い部分(主郭地区)で建物の一部がみつかったのです。それは二棟と思われる「礎石建築物」の一部(礎石)や玉石敷、側溝といったものです。

説明をする小牧市教育委員会小牧山課史跡係、小野友記子主査。この方が発掘調査をしています

小牧山城といえばこれまでの調査で、山頂の平地を取り巻く一段目、その下の二段目、そして自然の岩や石垣で構成された三段目という、三段の石垣があったことがわかっています。これは高い石垣を積む技術がまだない当時に、下から見上げた時に三段の石垣が一段の高い石垣にみえる、という効果を狙ったものとされてきました。今回みつかった屋敷の位置は、三段目の石垣の南側の広い曲輪部分(調査では曲輪023と呼ばれている)です。三段石垣の段と段の間の平地スペース(ここが曲輪と呼ばれている)は比較的狭いものと思われてきましたが、今回の発掘調査では、三段目石垣の前の平地部分に、建物が建っていたことが確認されたのです。この部分は自然の岩塊を人工的に削って下半分の岸壁を作り、その上半分に石垣が積まれていて、その高さは約5.8mもあります。つまりこの石の壁と石垣を背景にして建物があったということになります。

5.8mの壁の前、ちょうど見学者がいるあたりに建物が建っていたと思われます
建物の想像図が展示されていました

その場所ですが南(今の市役所建物の北側)からまっすぐ登っていくメイン登山道である「大手道」が山の中腹を過ぎたあたりで右に折れ、曲がりくねりながら山頂へ上がっていく、その途中の東のあたりが曲輪023です。ここがどれくらいの敷地面積であったのかはわかっていませんが、北側の岸壁に近い位置に礎石が並んでおり、岸壁に接するようにに何らかの建物が建っていて、玉石敷の通路と、排水路と思われる側溝も確認されました。さらに天目茶碗や当時高級輸入品とされた青磁の小椀もそのあたりから出てきました。

敷き詰められた玉石と側溝。右側に建物の礎石があります
建物の礎石が並んでいます。左側に玉石が見えます

玉石敷は当時、位の高い人のみ使用が可能なものとされていましたから、これらから想像すると、ここには誰か偉い人が茶を飲むこともある建物があった、ということになります。岐阜城や安土城では、信長は山頂の屋敷で生活していたという記録がありますから、この建物も信長か、あるいはその家族などのための施設ということになるのでしょう。信長の館が小牧山城の山頂部にもあったということが考えられます。

玉石敷きの右側あたりで出土した天目茶碗(左)と青磁碗(右)

小牧山城はこれまでの発掘調査から、石垣を見せて周囲を威嚇する城というイメージでしたが、今回その石垣が少し隠れてしまう位置に建物が立っていたことがわかったので、考え方を少し変えないといけないかもしれません。小牧山城は石垣・岸壁や建物(それは山頂部分にも当然あったはず)で構成された、まるで後の安土城のようなトータルな建造物だった可能性が出てきたわけです。しかもそれは攻撃には弱いと思われる直線的な大手道が象徴するように、戦いのための城というより、やはり見せるための城という要素が強いものでしょう。

建物の背景には岩盤を削って加工された岸壁とその上に石垣がありました。

これまでの発掘調査による小牧山城の姿があまりに進歩的なものなので、小牧山城の石垣整備は信長ではなくその死後、次男の信雄が尾張を支配していた時代に清州城などと同様に行われたのではないかという意見もあります。実はこの信長の時代には、まだ建物に瓦は使われていませんでした。いわゆるお城=天守閣は安土城から始まっていますから、それより古い小牧山城に建物があったとすれば、瓦葺きではない寺院や神社のような建物であったはずです。そしてこれまで瓦は見つかっていません。小牧山城が信長による建築であったかどうかは、今後も瓦の出土がないことによって証明されると思われます。もし瓦が出てしまったりすると、話は一気に覆ってしまうのですが。

大手道から建物への進入路と思われる玉石敷。川の丸い石が運びこまれています

11月18日に現地説明会がありましたが、発掘調査は続いていて、説明会の2日前にも新たな礎石が発見され、これによってもしかすると二棟の建物ではなく一棟の大きな建物であった可能性も出てきました。また曲輪面の岩盤に80cm✕70cmの二辺で深さ60cmの穴が2つ発見されています。小牧山城には井戸はみつかっていませんから、下から水を運んでここにためていた水瓶なのかもしれません。

岩盤に穴を開けて作られています

ということで今回もまた素晴らしい成果をあげた小牧山城の発掘調査。現地説明会には遠く鹿児島県からやってきた参加者もおり、500名を超える人がこの世紀の発見を目にしました。これまでの発掘場所と同様に、調査が終われば保護のために埋め戻されてしまいます。発掘場所が生で見られるのは現地説明会だけです。次回はぜひ皆さんもご参加ください。中日新聞には説明会前になるとたいてい記事が出ていますので、注意して見ていてください。

なお今回の見学会の資料を下のリンクからダウンロードしていただくと、より理解しやすいと思います。

PR情報

記事一覧

『麒麟がくる』を観るなら、明智光秀ゆかりの「美濃源氏土岐一族」を知ろう

今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は明智光秀のお話。光秀は私の研究範囲の人ではないので詳しくはないのですが、やはり謎が多く、若い頃どこでどうしてい…

2020/1/9

石垣部会と歴史的和解!? 名古屋城天守閣木造復元市民向け説明会がありました

例年、1月の終わり頃に開催されていた説明会が今年はなぜか11月の終わりから始まりました。木造復元に関しては揉めまくっているにも関わらず、あまり情報が市民…

2019/12/4

信長は初陣でなぜ三河の大浜を攻めたのか、その背景を考えてみます

先回、有名な平手政秀自死(1553年)の謎をいろいろ考えてみましたが、父信秀の家老的存在で信長の育ての親ともいえる平手政秀は、半世紀に渡る尾張と駿河…

2019/11/20

信長の育ての親、平手政秀の切腹は、今川との和平を促すためか!?

私は、鳴海中日文化センターで「若き信長150名所スタンプラリー」という講座を開催しています。今回もその講座でのお話をご紹介しましょう。 講座情報:「若き…

2019/10/19

熱田に残った信秀・信長の痕跡ツアー(若き信長150名所スタンプラリーです)

私は、鳴海中日文化センターで「若き信長150名所スタンプラリー」という講座を開催しています。 鳴海中日文化センター若き信長150名所スタンプラリー この講…

2019/9/24

450年以上謎だった桶狭間の戦い、その新説がいよいよ雑誌「歴史群像」で取り上げられました

昨年2月にこの連載でも書きました桶狭間の戦いに関する新説ですが、私の会社で刊行した「現代語訳・信長公記 天理本 首巻」の中で紹介しただけですので、あれ以…

2019/9/6

夏休みは大人も子供も、小牧山城史跡情報館「れきしるこまき」へ

子どもたちの夏休み、どこか連れて行くところを考えているのでしたら、良いところをご紹介しましょう。それが愛知県小牧市の小牧山城史跡情報館「れきしるこま…

2019/7/31

信長ゆかりの名刀「あざ丸」と「蜘蛛切丸」が熱田神宮宝物館で同時展示

さて、今回は桶狭間合戦の外伝的なお話を。永禄3年5月19日(ユリウス暦1560年6月12日)にあった桶狭間合戦の当日昼頃、信長が善照寺砦まで来たのを見て、漆山か…

2019/7/16

桶狭間古戦場に常設の観光案内所が正式オープンしました

名古屋市緑区桶狭間。ここはご承知のように桶狭間の戦いの古戦場として有名な場所です。信長と義元の銅像が立つ桶狭間古戦場公園には、全国から多くの歴史ファ…

2019/6/21

論争いっぱいの歴史ブームとはいえ、歴史研究者の生活は苦しいみたいです

このところ、歴史作家の井沢元彦氏と歴史学者の呉座勇一氏の論争(週刊ポスト掲載)が話題になっています。 といっても歴史好きでない人にはまったく知られて…

2019/5/25

プロフィール

15

達人に質問をする

歴史ライター

名古屋市守山区出身。地元出版社で自動車雑誌、タウン雑誌などの編集者を経て、編集・web制作の株式会社デイズを創業し、現在は代表取締役会長。

長く自動車ライターとして活動してきたが、2012年に信長ゆかりの地をめぐるガイド本「信長公記で追う桶狭間への道」を出版し、以降は歴史ライターを中心に活動。2018年に「信長公記・天理本」の首巻部分を現代語訳(かぎや散人氏・訳)で出版し、2019年には「桶狭間の戦い」の新解釈(新説)を歴史雑誌で発表した。座学と現地歩きの講座「若き信長150名所スタンプラリー」を鳴海中日文化センターで開講中。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
15 ℃/9 ℃
東京
雨のち曇り
15 ℃/7 ℃
大阪
曇りのち時々晴れ
14 ℃/10 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集