気功治療への道案内/六日目 2019/7/8

◆陰経と陽経を分ける三つの言葉

「私、鳥の舞の練習のお蔭で、肺経、心包経、心経の立体的なルートの感覚、少しは解るようになりました!」
と、愚庵に入るなり、佳与は靴も脱がずに早口で言った。
気の感覚の体感が余程嬉しかったのだろう。

梅雨の晴れ間と言っても真夏日の暑さの中を歩いてきた二人の娘に、私は麦茶と冷えたトマトを振る舞ってから塾を始めた。
「前回は手の陰の経絡のルートを勉強しましたので、今回は足の陰のルートを覚えることにしましょうか。」
すると、茉奈が珍しく口を開いた。
「先生、経絡の本を見ますと、例えば肺経なら、〔手の太陰肺経〕のように、肺経の前に〔太陰〕という言葉が付いているんですが、これはどういう意味なんですか?」
そう言って茉奈がノートに目を落とした。
「それはですね…」
そう言いながら、私はホワイトボードを取り出し、次のように記した。

--------------------------------------------------------
前側→太陰→肺経
中側→厥陰→心包経
後側→少陰→心経
--------------------------------------------------------

「この太陰や厥陰(けついん)、少陰という言葉は、起立した姿勢で、手の陰側、つまり掌側を縦に三つに分け、前の親指側から太陰、厥陰、少陰と名付けていて、どの場所を通っているかを示している経絡学の言葉なんですね。」
「つまり、手の太陰肺経というのは、手の陰側の前側をを通っている経絡で肺臓と関係している経絡だという意味なんですか?」
と、茉奈がは言った。
「そうです。
太陰と聞けば、あゝ、この辺りを巡っているんだなぁということが判る訳で、それが判るようになると良いですね。」
「すると、先生!」
今度は佳与だ。
「掌側を三つに分けた言葉がある訳ですから、手の甲側も三つに分けられた言葉があるんですよね?」
「陰陽として対になっていますので、ややこしいですが、いま覚えておきましょうか。」

私は再びホワイトボードにをに次のように記した。

--------------------------------------------------------
●手の経絡
*太陰肺経=陽明大腸経
*厥陰心包経=少陽三焦経
*少陰心経=太陽小腸経
--------------------------------------------------------

「先ほどと同じように起立した姿勢で手の甲側を前から陽明、少陽、太陽と名付けています。」
「知らない街に行って、通りの名前を覚えるみたいな感じですね。」
と、茉奈が言うと、佳与が、
「京都みたいに、一条、二条、三条ってしてくれていれば覚えなくても済むのにね。」
と言って笑った。
「漢字文化が育った中国の漢の時代あたりに造られた言葉ですから、意味はそれなりにあるんでしょうね。」
と、茉奈が呟くように言った。

◆足の経絡

「それはまた別の時の研究課題として、次に、足の陰の経絡の名前とルートを覚えましょう。」
私は、そう言って、ホワイトボードに次のように記した。

--------------------------------------------------------
太陰→脾経
厥陰→肝経
少陰→腎経
--------------------------------------------------------

「足の場合は、足の前側の脛(すね)の骨の出っ張りのラインと、足の真後ろのアキレス腱のラインで足を縦に二つに分けて、内くるぶし側の面を陰、外くるぶし側を陽と考えて下さい。」
私が言うと、佳与は片足を前に伸ばして、
「こんな感じですか?」
と言って、手で足の陰側を縦に三つに分けて撫でた。
「足も、陽側は、前から陽明、少陽、太陽の順なんですよね?
その経絡名も教えて下さいませんか。」
と、茉奈が言うので、私はまたホワイトボードを使った。

--------------------------------------------------------
●足の経絡
*太陰脾経=陽明胃経
*厥陰肝経=少陽胆経
*少陰腎経=太陽膀胱経
--------------------------------------------------------

「今日は頭が痛くなるほど色んな言葉や関係を教えて頂きましたので、今日は帰ったら、整理してノートを作ります!」
佳与が真面目な顔で片手を挙げて宣言したので、私と茉奈は顔を見合わせて笑った。

PR情報

記事一覧

気功治療への道案内/十日目

◆原穴を覚えよう! 梅雨が明け、猛暑の日々が続いていた。 おかげさまで我が愚庵は山辺にあり、障子や窓を開けているだけで木々の間を抜けてくる涼風が家の中…

2019/8/5

気功治療への道案内/九日目

◆具体的な実習を楽しむ 「少し頭を使い過ぎましたので、今日は治療の実習をしましょうか。」 私が言うと茉奈と佳与は嬉しそうに顔を見合わせた。外では蝉たち…

2019/7/29

気功治療への道案内/八日目

◆証の決め方 「今日は気功治療の中での中心的な課題である証の決め方を勉強しましょう。」 鈍よりした、それでいて時々、ザァーと強い雨を落とす梅雨空の中を…

2019/7/22

気功治療への道案内/七日目

今年(2019年)も梅雨前線が日本の太平洋側に停滞し、九州などでは1日に例年の7月1ヶ月分の雨を降らせ、大きな被害をもたらした。 私たちの勉強も、いよいよ本…

2019/7/15

気功治療への道案内/六日目

◆陰経と陽経を分ける三つの言葉 「私、鳥の舞の練習のお蔭で、肺経、心包経、心経の立体的なルートの感覚、少しは解るようになりました!」 と、愚庵に入るな…

2019/7/8

気功治療への道案内/五日目

◆経絡について 「先生、前回、経絡の名前は教えてもらったんですが、私、経絡については何も知らないもんですから、概略的な範囲で構いませんので、少し教えて…

2019/7/1

気功治療への道案内/四日目

東海地方も梅雨に入り、湿度も高く、少し動くとジワッと汗ばむ陽気になってきたが、茉奈と佳与の二人の娘は元気よく愚庵にやって来た。 ◆六部に配当されている…

2019/6/24

気功治療への道案内/三日目

◆脈を診て気を当てる、気を当てたら脈を診る 「今日は脈を診る練習もしてみましょうか」 私が言うと、二人の娘は顔を見合わせてにこっと笑った。 彼女たちにと…

2019/6/17

気功治療への道案内/二日目

◆気功治療の補法と瀉法 二回目の『静観塾』が始まり、お茶を飲みながら、茉奈が持ってきてくれた山梨土産の信玄餅を戴いた後、私は二人に語り始めた。 「気を…

2019/6/10

気功治療への道案内/一日目

◆プロローグ 早めの夏がやってきた2019年の5月の末に、二人の娘が私の愚庵にやってきた。 二人は、気功治療の技を身につけたいということだった。 彼女たちの…

2019/6/3

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
35 ℃/27 ℃
東京
曇り時々晴れ
33 ℃/27 ℃
大阪
曇り時々晴れ
34 ℃/27 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集