気功治療への道案内/七日目 2019/7/15

今年(2019年)も梅雨前線が日本の太平洋側に停滞し、九州などでは1日に例年の7月1ヶ月分の雨を降らせ、大きな被害をもたらした。
私たちの勉強も、いよいよ本格的な脈診に入ることになった。

「今日は、脈診の基本を勉強しますね。」
私が言うと、二人は緊張した面持ちで、しかし嬉しそうに顔を向け、軽くガッツポーズを取った。
「脈診の基本は、以前、茉奈さんが訊ねられたと思うんですが、比較脈診なんですね。」
「比較? 陰陽?」
と、佳与が独り言のように呟いた。
「比較するのは陰陽ではなく、寸同士、関同士、尺同士、つまり、左右の寸関尺の脈を比較するんですよ。
しかも、グッと押さえた時の脈、即ち、陰の脈を比較していくんですね。」
「寸同士ということはー・・・・・・、んーと、肺と心?」
と、佳与が腕を組み、片手の人差し指を顎に当てながら言った。
「寸が肺と心、関が脾と肝、尺が心包と腎ですね?」
と言う茉奈の言葉を聴きながら、私は、それをホワイトボードに整理して記した。

--------------------------------------------------------
寸 肺−心
関 脾−肝
尺 心包 腎
--------------------------------------------------------

「何故そうするんですか?」
と、茉奈が訊いた。
「それはですね、寸、関、尺のそれぞれが相剋の関係になっているからなんですね。」
そう言って、私は五行の図を書いた。

「脈を診る場合、その虚実は、相対的な関係において把握するんですが、その関係は、主に相剋関係によって診るんです。」
「相剋関係って?」
と、佳与が言った。
「この図の星形によって示されている関係で、シーソーのような拮抗的な関係を相剋関係と呼んでいるんですよ。」
「シーソーだから、つり合っている場合もあれば、片方が高くて片方が低いとか、その逆もあるということですね?」
佳与は相剋関係を理解したようだった。
「心包は心のところに入れれば良いんですか?」
と、茉奈が訊いたので、私が頷くと、
「先生! この図を見ると、寸同士の肺と心、関同士の脾と肝、尺同士の心包と腎は、みんな相剋なんですね!」
と、佳与が何か新しいものを見つけた子どもものような声を上げた。
「比較脈診というのは、五行の相剋同士で脈を比較して診るということだったんですね。」
と茉奈が言い、佳与も納得したようだった。


●脈を診るコツ

「では、実習です。 茉奈さん、佳与さんの脈を診るように構えて下さい。」
茉奈が佳与の左右の橈骨茎状突起の内側の脈動部に中指を当て、それに示指と薬指を添えた。
「では、寸同士の両方が同じように感じるところまで指を押さえていってください。」
茉奈は、
「はい」
と言って指を押さえ、再び、
「はい!」
と言った。
「では、そこから、両方同じようにゆっくり押さえていって、先に脈が消える方を見つけて下さい。」
茉奈は、目を閉じて、それを確かめるように脈を診ていた。
そして、
「肺の方が先に消えたというか、弱い感じがします。」と言った。
「そんな風にして、関も尺も診て下さい。」
そう私は指示をして、お茶を一服口にした。
「先生、左右差がない場合はどうすればいいんですか?」
と佳与が訊いたので、
「それはそれで、そのまま受け止めておきましょう」
と、私は答えた。

茉奈の実習が終わり、佳与と交代し、二人は実習を楽しんで続けていた。
「この寸関尺同士で得られた情報によって治療の仕方を決めていくんですね?」
茉奈が訊いたが、それは次回に勉強することにして、私は、二人に私の脈も診てもらったのである。
二人は、寸はこうだった、関はこうだったなどと意見を交換し合いながら、何度も私の脈を確かめて、認識を共通のものにしていったのだった。

PR情報

記事一覧

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

禅に学ぶ気功の道・2/《ふぁんそん気功講話》12

煩わしい日常を離れ、気功が出来る時間と空間を持てることへの喜びの段階である「離生喜楽(りしょうきらく)」から進んで、私たちは次の段階である「定生喜楽…

2020/1/13

禅に学ぶ気功の道・1/《ふぁんそん気功講話》11

私は、気功は心と体と呼吸を統一的に調えていくことを前提にしていますので、その点で、気功は禅の一種だと考えてきました。 従って、気功を深めれば深めるほど…

2020/1/6

ふぁんそん気功の頂上に見えるもの/《ふぁんそん気功講話》10

気功というのは気の訓練のことです。 気の訓練を通して、身と心の安らぎを獲得していくのです。 その「気の訓練」には正しい手順があります。 「緩感貫採練…

2019/12/23

ふぁんそんの正体(2)/《ふぁんそん気功講話》9

(一) 「ふぁんそんは拮抗だ」と、ふぁんそんの状態を表現した仲間がいました。 その、ふぁんそんの状態について「ふぁんそんは空だ」と言った仲間もいたので…

2019/12/9

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

「天」を乗り越える「ふぁんそん気功」/《ふぁんそん気功講話》5

●天という言葉 みなさんは「天」という言葉を聴かれた場合、何を思い浮かべられるでしょうか? 「天高く馬肥ゆる秋」というような「天空」ですか? それとも「…

2019/11/11

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち雨
9 ℃/--
東京
曇りのち雪か雨
7 ℃/--
大阪
曇り時々雨
10 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集