三重大会注目選手 〜好投手が目白押し!岡林(菰野)&前(津田学園)は必見〜 2019/7/12

高校野球地方大会は、三重大会が11日に開会式を終え、13日から津球場、松阪球場、ダイムスタジアム伊勢で試合に入ります(※四日市市営霞ヶ浦球場は改修工事のため今年は使用なし)。

今回は、愛知大会〔前編後篇〕、岐阜大会〔前編後篇〕に続き、三重大会の注目選手をお届けします。

■プロ注目の2投手は必見!

今大会は優勝候補として津田学園、菰野が挙がりますが、両チームのエースが図抜けた実力をもち、今秋のドラフト会議でも指名が予想されます。

▼岡林勇希(菰野)

岡林勇希(菰野)

身長体重・利き腕:177センチ、73キロ。右投左打。
ストレート最速:152キロ
主な変化球:スライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ
理想・参考にする投手[本人談]:前田健太(ドジャース)
類似の投手[筆者判定]:前田健太、山岡泰輔(オリックス)

▼前 佑囲斗(まえ・ゆいと/津田学園)

前 佑囲斗(津田学園)

身長体重・利き腕:182センチ、89キロ。右投右打。
ストレート最速:148キロ
主な変化球:スライダー、カットボール、ツーシーム、カーブ
理想・参考にする投手[本人談]:吉田輝星(日本ハム)
類似の投手[筆者判定]:高橋純平(ソフトバンク)


岡林は身のこなしがよく、肩やヒジが柔らかで、スピンのかかった快速球が目を引きます。前はスケールの大きさを感じますが、今春のセンバツ甲子園で龍谷大平安(京都)を延長10回まで無失点に抑えるなど、投球術も心得ています。

ともに、2学年上の兄も同じ高校に所属していたという共通点をもちます。岡林の兄は、現在、広島カープでプレーしている飛翔(つばさ)投手。ただ、兄・飛翔投手は剛腕タイプで、投手としてのタイプは兄弟で違います。前の兄・恵弥さんは、中学時代のケガにより高校で左投げに転向した努力人。弟・佑囲斗には中学時代、県外の強豪校から誘いもきていたようですが、兄の影響もあって津田学園に進学したそうです。


■公立校の剛腕&快腕

三重県は近年、菰野を中心に好投手が続々現れています。公立・私立を問わずの現象ですが、今年の公立校では岡林のほか、大西斗武(伊勢工)江南怜(津商)らも力量上位。さらに、下記の2選手も魅力たっぷりです。

▼西尾壮太(松阪)

西尾壮太(松阪)

中学時代は硬式クラブ「松阪シニア」に所属し、当時は主に内野手。3年時には東海エリアの選抜チームにも選ばれ、成沢巧馬(現・東邦)や内藤圭史(現・大垣日大)らとプレーしました。西尾も彼らのような猛者かと思いきや、本人は「自分は目立つ選手ではなく、二塁手の候補が少なかったから(自身が選ばれた)と思う。高校からの誘いも特になかった」。

ただ、その選抜チームでの経験が転機になったそう。「自分が一番下手に感じたし、体も小さかった。本塁打を打てる選手になりたいと思った」と、高校入学までに食事やトレーニングで10キロ以上体重を増やし、75キロで入学。今や高校通算本塁打は2ケタに達し、投手としても球速140キロに迫る力強い剛球を投げ込みます。

昨夏は3回戦で強豪・宇治山田商を相手に3失点で完投勝ちし、自ら本塁打も放ちました。ただ、翌日の準々決勝ではいなべ総合学園にコールド負け。「連戦で体力がなくなっていた」と振り返ります。今年の夏は、それ以上のパフォーマンスを見せてくれるでしょう。


▼後藤凌寿(四日市商)

後藤凌寿(四日市商)

四日市商は、男子生徒が全校で50人ほど。女子はバスケ部などが強豪ですが、男子野球部は規模としては小さめです。その四日市商のエース・後藤は将来性抜群の快速球右腕。胸がすくストレートは、球速も140キロを超えます。本人は「いつかは150キロを」という思いも胸にあり、楽しみな素材です。


- - - - - - - - - - - -

このほか、投手では松井健士(三重)降井隼斗(津田学園)らが目立ちます。打者では大音壱汰(津田学園)の俊足が光るほか、石川史門(同)土井拓海(三重)岡陽基(宇治山田商)村田怜音(相可)ら長打力のある打者が一振りで試合の流れを変えてくれそうです。


PR情報

記事一覧

三重大会注目選手 〜好投手が目白押し!岡林(菰野)&前(津田学園)は必見〜

高校野球地方大会は、三重大会が11日に開会式を終え、13日から津球場、松阪球場、ダイムスタジアム伊勢で試合に入ります(※四日市市営霞ヶ浦球場は改修工事のた…

2019/7/12

岐阜大会注目選手〔2〕 〜社会人野球の流れを引く有力球児たち〜

高校野球地方大会は13日(土)、岐阜大会と三重大会でプレーボールがかかります(三重大会は開会式のみ11日に挙行)。一足早くスタートしている愛知大会は、既…

2019/7/11

岐阜大会注目選手〔1〕〜“二人の藤田”にプロも注目!〜

7月になり、高校野球の地方大会が本格化してきました。6月29日に開幕した愛知大会では、各校が続々と初陣を迎えています。昨日(6日)あった1回戦では、春のセ…

2019/7/7

愛知大会注目選手〔2〕〜公立校の腕利きたちを大特集!筆頭は山田(西尾東)〜

夏の高校野球は、愛知大会の開幕があさっての29日(土)に迫ってきました。『中日新聞プラス』の高校野球特設サイト〔→こちら〕では、あす28日に、愛知大会出場…

2019/6/27

愛知大会注目選手〔1〕〜目玉・石川(東邦)と彼に挑むライバルたちを一挙紹介〜

高校野球の夏の地方大会は、いよいよ今週末の29日(土)に愛知大会が開幕予定です。『中日新聞プラス』では特設コーナー〔→こちら〕を設け、東海3県を中心に、…

2019/6/26

夏の高校野球シーズンが到来!2019年版観戦ガイドも始まります!

いよいよ夏の高校野球シーズンがやってきました。甲子園出場をかけて、高校球児たちが全力で戦います。 『中日新聞プラス』では例年同様に特設ページを設け、…

2019/6/21

西愛知大会は愛工大名電が5年ぶり優勝!決勝戦を写真とともにダイジェストで振り返ります!

高校野球の西愛知大会は28日、岡崎市民球場で決勝戦が行われ、愛工大名電が5年ぶりの優勝を成し遂げました! ★28日の試合結果 [西愛知大会]決勝愛工大名電9-…

2018/7/28

28日は西愛知大会決勝! 東邦×愛工大名電の見どころ/注目選手:秋山凌祐(名電)、梅田昂季(東邦)

高校野球地方大会は27日、東愛知大会で決勝戦があり、愛産大三河が22年ぶり2度目となる夏の甲子園出場を決めました。準優勝は公立の西尾東。攻守にしっかりとし…

2018/7/27

27日は東愛知大会決勝! 西尾東×愛産大三河の見どころ・注目選手

高校野球地方大会は各地で優勝校が決まり、岐阜県は大垣日大、三重県は白山が甲子園への切符を手にしました。白山は初出場。2007年から10年連続で初戦敗退だっ…

2018/7/26

25日は西愛知大会準決勝&岐阜・三重で決勝! 西脇大晴(愛工大名電)、藤江亮太(享栄)ほか見どころ

高校野球地方大会もいよいよ佳境。東海3県の24日の試合結果と、今後の試合予定は次の通りです。25日には岐阜・三重の両大会で決勝戦が行われるとともに、西愛知…

2018/7/24

プロフィール

42

達人に質問をする

野球ライター

1984年生まれ、岐阜県出身。東海地区のアマチュア野球(高校/大学/社会人)を取材し、野球雑誌などで記事を発表している。年間のアマチュア野球観戦試合数は120を超える。

数々の野球部を訪れ、ひたむきな球児や情熱的な指導者、工夫した練習法などを取材。ここ数年のうちで東海地区からプロ入りした選手はほぼアマチュア時代から追いかけており、中日ドラゴンズで活躍する濱田達郎投手(愛工大名電高出身)や、西武ライオンズの高橋朋己投手(西濃運輸出身)らもその一人。

無名の好選手を“発掘”するのも得意で、評判の選手がいると聞けば練習試合まで駆けつける。プロ球団スカウトとも交流が深い。

野球場に足を運ぶこと自体の楽しさにも魅了され、学生時代を含めれば10年以上、球場通いを続けてきた。高校野球の地方大会は特に多くのドラマを見てきた部分。今年の夏に思いを馳せる。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り
30 ℃/22 ℃
東京
曇り一時雨
28 ℃/21 ℃
大阪
曇り時々晴れ
31 ℃/24 ℃
  • 東名, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集