気功治療への道案内/十日目 2019/8/5

◆原穴を覚えよう!

梅雨が明け、猛暑の日々が続いていた。
おかげさまで我が愚庵は山辺にあり、障子や窓を開けているだけで木々の間を抜けてくる涼風が家の中を通り抜けていく。

「先生、前回、私の場合は脾の原穴の太白というツボを教えてもらいましたが、佳与さんの時は、私の肝が弱いということで、何処か足のツボを使っていたようなんですが、五行全体の肝、心、脾、肺、腎のそれぞれに用いる経穴を教えて頂けませんか?」
珍しく茉奈が先に口を開いた。

「いま、している練習は私たちが脈を診て、最も弱いと感じる脈に応じた経絡の原穴に気を入れる練習で、これは証を決めてする本当の治療ではありませんからね…」
すると、私の言葉に続いて佳与が口を開いた。
「ツボから気を入れると脈に変化が起こるのを確かめるという練習をしているということですね?」
「そうです。
だから、最も弱いと感じられる脈だけを用いているので、その基本になる原穴だけを用いて練習しているんですよね。」

「証を立ててする本格的な治療の場合には、用いるツボも違うということですか?」
と、茉奈が訊いた。
「そういうことになりますね。
でも、その段階に行く前に、いまの私たちは、脈を診て、弱い脈、つまり、虚の脈を見つける、そして、弱い脈に相当する経絡のツボから気を入れる、気を入れると脈が調われるという一連の作業を通して、脈を診る技術と、気を入れる技術を高めていくことに取り組んだ方が良いと思うんですよね。」
と、私は告げた。

佳与が手を挙げた。
「原穴は、練習に用いるだけですか?」
私は応えた。
「ちょっと難しいですが、経穴には、一般のツボと五行穴というツボ、5要穴という三種類のツボがありましてね、そうですねぇ、電車で言えば、特急しか止まらない駅、急行なら止まる駅、どれでも止まる駅みたいな感じで、かなり大事な経穴群、少し大事な経穴群、一般の経穴群という具合に、ツボにも色々な役割があって、いま私たちが勉強している原穴は、各経絡の中で、補にも瀉にも用いて良い基本になる優れもののツボなんですよ。」

私が言い終わると、佳与が、
「あのー、先生、まだ原穴、習ってません。」
と、笑いながら言った。
「そうでした、そうでした。」
そう言って私はホワイトボードを取り出し、次のように記した。

--------------------------------------------------------
肝 →太衝
心 →神門
脾 →太白
肺 →太淵
腎 →太谿
心包→大陵
--------------------------------------------------------

「では、この六つのツボの場所を覚えましょうか。」
そう言って、私は説明に入った。

説明についてはみなさんにわかりやすくするために、会話形式をやめて、まとめて書かせて頂きますね。

1、肝の原穴→太衝(たいしょう)
*足の甲側で、親指と第二指の骨の間を撫で上げてきて、二つの骨が合流するところにぶつかったところ。
*骨と骨の谷間。

2、心の原穴→神門(しんもん)
*掌側の手首の小指側で、手関節に出来る横紋の先端にあたるところ。
*手根部の小指側にある少し尖った骨の下際。

3、脾の原穴→太白(たいはく)
*足の親指側の内側で、親指の根っこにある丸くて太い骨の後ろ側の凹んだところ。
*親指の中足骨(足の甲にある細長い骨)の内側の下縁を指に向けて撫で下ろしていって、太い骨にぶつかったところの凹み。

4、肺の原穴→太淵(たいえん)
*掌側の手首にあり、脈を診る時に人差し指の当たるところ。
*寸の脈である肺と心を診るところ。

5、腎の原穴→太谿(たいけい)
*足首の内側にあり、内踝とアキレス腱との間にある凹み。

6、心包の原穴→大陵(だいりょう)
*掌側の手首にある横紋の真ん中。
*手首に縦に走る二本のスジ(腱)の間。

「では、今から、また二人で組んで、脈を診て、最も弱いところを見つけ、今日は、その経絡の原穴だけではなく、虚にあたる経絡の相生的に母にあたる経絡や相剋関係にあたる経絡の原穴などにも気を入れて、それぞれに脈の変化を診てみる練習もしてみましょうか。」
そう私は提案した。

「ということは…」
と、茉奈が目だけを上に向け、かんがえながら言った。
「例えば、脾が虚だと診た場合、脾だけでなく、脾の母に当たる心や脾の相剋にあたる肝の原穴にも気を入れて脈の変化を診てみるということですね? 」
すると、
「それ、私、まだよくわかんないから、茉奈さん、また教えてね。」
と佳与は言って、さっさと横になったのであった。

PR情報

記事一覧

禅に学ぶ気功の道・4/《ふぁんそん気功講話》14

色界と無色界の四禅について考えながら歩いていました。 その時、色と空と言えば般若心経の主命題だよなぁと思ったんです。 「色不異空/空不異色/色即是空…

2020/1/27

禅に学ぶ気功の道・3/《ふぁんそん気功講話》13

体内の感覚や気の感覚を体感しながらの「気の訓練」を進めていくうちに、僕たちはこれまで感じたことのないような得も言われぬ心地よさを体感することになって…

2020/1/20

禅に学ぶ気功の道・2/《ふぁんそん気功講話》12

煩わしい日常を離れ、気功が出来る時間と空間を持てることへの喜びの段階である「離生喜楽(りしょうきらく)」から進んで、私たちは次の段階である「定生喜楽…

2020/1/13

禅に学ぶ気功の道・1/《ふぁんそん気功講話》11

私は、気功は心と体と呼吸を統一的に調えていくことを前提にしていますので、その点で、気功は禅の一種だと考えてきました。 従って、気功を深めれば深めるほど…

2020/1/6

ふぁんそん気功の頂上に見えるもの/《ふぁんそん気功講話》10

気功というのは気の訓練のことです。 気の訓練を通して、身と心の安らぎを獲得していくのです。 その「気の訓練」には正しい手順があります。 「緩感貫採練…

2019/12/23

ふぁんそんの正体(2)/《ふぁんそん気功講話》9

(一) 「ふぁんそんは拮抗だ」と、ふぁんそんの状態を表現した仲間がいました。 その、ふぁんそんの状態について「ふぁんそんは空だ」と言った仲間もいたので…

2019/12/9

気功の心を伝えるということ/《ふぁんそん気功講話》8

(一) ある演歌歌手が昭和の歌謡界の女王、美空ひばりさんから大切なことを教わったという話をしている番組をユーチューブで観ました。 そこで語られていた内…

2019/12/2

ふぁんそんの正体(1)/《ふぁんそん気功講話》7

今回は、ふぁんそんしている時の状態、ゆるんでいる時の状態においての掌感覚や気のボールの感覚、或いは腕の動きの感覚について考えてみますね。 京都での気…

2019/11/25

よい味をだそう!/《ふぁんそん気功講話》6

●ブッダ最後の言葉 僕の好きな言葉に「釈尊最後の教え」を句(言葉)にしたものがあります。 釈尊が80歳の時に病で亡くなる前に弟子の阿南に伝えた言葉とされ…

2019/11/18

「天」を乗り越える「ふぁんそん気功」/《ふぁんそん気功講話》5

●天という言葉 みなさんは「天」という言葉を聴かれた場合、何を思い浮かべられるでしょうか? 「天高く馬肥ゆる秋」というような「天空」ですか? それとも「…

2019/11/11

プロフィール

16

達人に質問をする

鍼灸師・気功法講師。

和歌山県出身。日本福祉大卒。名古屋市内に鍼灸院「和気」を開院(2015年、閉院)。林茂美師に師事し気功を習得。愛知県名古屋盲学校専攻科非常勤講師(2016年退職)

現在は名鉄カルチャースクールにて講師活動のほか、名古屋市内にて各種の気功講座、気功教室を担当。

また、2013年より京都、妙心寺内大心院にて気功講習会を開始。現在に至る。

趣味は、陶芸、京都・奈良ウォークなど。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
12 ℃/6 ℃
東京
晴れ時々曇り
16 ℃/7 ℃
大阪
曇り時々晴れ
13 ℃/7 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集